足立区の解体

東京23区の中でも家賃相場か安く、交通の利便性が良いのが「足立区」。
昔ながらの下町という事もあり、人口も23区中で第5位を誇っています。

また、北千住周辺の再開発によって、移り住む人も増え、活気づいている町だと言えます。
そんな足立区で、住宅など建物の解体をお考えの方もいる事でしょう。

しかし、解体費用の相場と言うのは、実は地域によって異なるのです。
そこで今回は、東京都足立区の解体費用について、詳しく解説したいと思います。

足立区の解体費用の単価坪は?

東京都足立区で、建物の解体工事を行うには、どれくらいの費用が相場なのでしょうか。
平均の坪単価や実際の費用例を見ていきましょう。

足立区の解体費用の坪単価

足立区の解体費用の坪単価は、この通りです。

構造 坪単価
木造 3.6万円
鉄骨造 6.7万円
RC造 7.3万円

解体費用は、木造・鉄骨造など、その構造によって相場が異なります。
「RC造」とは、鉄筋コンクリート造の事を指します。

鉄筋で組んだ枠をコンクリートで補強するという、非常に頑丈な造りですので、解体するのにも手間が掛かります。
ですからその分、費用も多く掛かるのです。

一般的には、木造よりも鉄骨や鉄筋を使用した建物の方が、解体費用は高くなります。
ただし、上記は建物の解体自体に掛かる費用の相場です。

工事に掛かる全体の費用ではありません。
解体工事にはこの他に、人件費や重機の使用料、設備費や産業廃棄物の処分代など、様々な費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

足立区の解体工事の費用例

足立区でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例の一部をご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 33.6坪 97万円 7日間
軽量鉄骨造2階建 33坪 132万円 9日間
RC造3階建 63.1坪 408万円 29日間
木造2階建 40坪 92万円 8日間
木造2階建 95坪 445万円 16日間

解体費用には先ほどのような相場はありますが、実際には相場どおりにはならないケースも多いもの。
それは、解体する範囲や建物の立地条件、アスベストや地中埋設物の有無など、解体費用を左右する要因が非常に多いからです。

ですので、上記はおおよその参考程度にお役立て下さい。

足立区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

足立区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は様々な事柄によって変動します。
それもまた、地域の特徴によって異なるのです。

足立区で解体費用が高くなるのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

足立区は、昔ながらの下町が多い地域です。
家族で代々、その土地に住んでいるという人も多いでしょう。

建物は年々老朽化しますから、築年数の古い建物も多いかと思います。
そこで、注意したいのが「アスベスト」の含有です。

アスベストとは、天然の鉱物繊維の一種。
耐久性や耐熱性に優れ、加工もしやすい事から「奇跡の鉱物」として建材などに多く使用されていました。

しかし、その細かな繊維は吸入する事で肺まで到達し、様々な健康被害を招く事が分かったのです。
それ以来、段階的な規制を経て、現在は使用が完全に禁止されています。

しかし、規制が行われる以前に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。
アスベストを含む建物の解体は危険を伴うため、費用が高くなります。

全盛期とも言える1970~1980年代ごろに建てられた建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用が高くなる要因には、立地条件も大きく関係しています。
中でも、狭小地や変形地での解体工事には、相場よりも多くの費用が掛かると考えて良いでしょう。

重機が入れず人力解体となる場合や、廃材を運ぶ車両が横付け出来ず運搬コストが掛かるなど、非常に手間を要するのです。
また、交通誘導員を設置するケースも少なくありません。

足立区は下町が多く人口密度も高い地域ですから、住宅街も数ある事でしょう。
解体予定の建物が狭小住宅である場合には、費用を多めに用意しておきましょう。

足立区で解体費用を抑えるためのポイント

足立区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は変動しますから、安くなる事も当然あります。
ここからは、足立区で解体費用を抑えるためのポイントについてご紹介します。

事前に把握する事で、費用の削減に役立てて下さい。

足立区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

足立区には、解体費用の削減に繋がる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
耐震対策による助成制度 昭和56年5月より前に建てられた建築物に対し、耐震診断・改修工事等に掛かる費用の一部を助成
不燃化特区助成金 「木密地域不燃化10年プロジェクト」の不燃化特区に指定されている地域において、老朽建築物の解体費、新築に建て替える際の設計・監理費の一部を助成
足立区吹付アスベスト対策費助成事業 区内に所在する建築物の吹付アスベスト含有調査や除去工事に掛かる費用の一部を助成
足立区住宅改良助成制度 自己所有で自己居住の住宅(分譲マンション専有部分を含む)に行う段差解消工事などに対する費用の一部を助成

このような制度を利用する事で、解体費用の削減が出来るでしょう。

足立区の一部の地域は、東京都の取り組む「木密地域不燃化10年プロジェクト」の不燃化特区に指定されています。
対象の地域では、更に多くの補助金や解体助成金を受ける事が出来るでしょう。

ただし、これらの制度を利用できるのは、一定の基準を満たす建物の解体時のみです。
それには、事前に申請をし、審査を受ける必要があります。

制度によっては、年度ごとに予算が決まっているものや、工事が始まってからでは申請できないもの多いので、前もって手続き行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事は、業者探しから契約、建物を取り壊して更地になるまでに、多くの工程を踏みます。
この中で、自分で出来る事も意外に多くあるのです。

DIYが得意な人の中には、ウッドデッキや倉庫など、簡単な解体はセルフで行うという人も少なくありません。
また、不要品の処分も、工事が始まる前に自分で行うと良いでしょう。

大きな家財なども、粗大ごみとして足立区に引き取ってもらえば、業者に依頼するよりも遥かに安く処分が出来ます。
登記などの各種届出に関しても、専門家を頼らず自分で出来る簡単なものもあるのです。

このように、業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用を安く抑える事に繋がるでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安くしたいのなら、業者探しも自分で行う事をオススメします。
なぜなら、リフォーム会社や工務店などからの紹介では、中間マージンが発生する事がほとんどだからです。

自分で探し直接契約をすれば、費用は掛かりません。
その際に、更に費用を抑えるポイントとして、複数の業者から見積りを取って比較する「相見積り」というものが挙げられます。

業者同士を競わせる事によって、費用が安くなる可能性があるのです。
しかし、解体工事はそう頻繁に行うものではありませんから、業者探しに慣れている人は多くはないでしょう。

そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。
ネットで簡単に、相見積りを取る事が出来ます。

このようなサイトには、厳しい審査をクリアした優良な業者しか登録できません。
ですから「悪徳業者に当たらないか不安」という方にも、オススメなのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、足立区周辺の解体業者の登録もあります。
見積りだけでも良いので、気になる方は是非一度、利用してみて下さいね。

足立区と解体のまとめ

足立区と解体のまとめ

東京都足立区の解体費用の相場は、坪単価3.6~7.3万円ほどです。
様々な条件によって変動しますので、参考程度にお考え下さい。

足立区で解体費用を抑えるには、区の設ける補助金や解体助成金を活用しましょう。
無条件に受け取れるものではありませんが、条件に該当しそうな方は、ぜひ申請してみて下さい。

費用を安くする解体業者の選び方は、「相見積り」です。
事前に複数の業者を比較する事で、価格競争に繋がる他、より優良な業者を見極める事にも繋がります。

見積りサイトなどを利用する事で、簡単かつ安全に業者を探す事が出来るでしょう。