昭島市の解体

東京都の中でも、公園や動物園など、緑が多く交通の便も良い昭島市。
都心へのアクセスも良く、利便性と豊かな自然を兼ね備えている町です。

住みやすい地域ですから、住宅街も多い事でしょう。
そこで今回は、東京都昭島市の解体費用の相場についてお伝えしたいと思います。

解体費用の相場は地域によって異なりますから、ぜひ把握しておきましょう。

昭島市の解体費用の単価坪は?

東京都昭島市で解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例などを詳しく見ていきましょう。

昭島市の解体費用の坪単価

昭島市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.1万円
鉄骨造 3.9万円
RC造 5.4万円

解体費用の相場は、ご覧のように建物の構造によって異なります。
頑丈に出来ている建物ほど、取り壊すのに手間が掛かるからです。

特殊な重機を使用したり、多くの人手を必要とするため、費用が嵩みます。
ですので、一般的には鉄骨や鉄筋を使用した建物の解体費用は、高くなります。

また、上記は建物の解体のみの費用の相場です。
解体工事ではこの他に、足場を組んだり、塀や車庫などの外構工事など様々な項目があります。

坪単価だけでの試算ではなく、「その他の費用」についても覚えておきましょう。

昭島市の解体工事の費用例

昭島市で実際に行われた、解体工事の費用例をご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 24坪 77.5万円 8日間
木造2階建 44.5坪 123万円 14日間
RC造3階建 152坪 988万円 47日間
木造平屋 35坪 135万円 9日間
木造2階建 32坪 112.5万円 8日間

解体費用にはおおよその相場がありますが、実際にはそのとおりになるケースばかりではありません。
立地条件や工事の内容、追加費用などは、物件ごとに様々だからです。

ですので、上記は参考程度にお考えください。

昭島市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

昭島市で解体費用が高くなるのはどんなケース

お話したとおり、解体費用は様々な条件により変動します。
昭島市で、解体費用が高くなるのは、どのようなケースなのでしょうか。

事前に把握しておく事で、予算オーバーなどのトラブルを防ぎましょう。

アスベストを含んだ建物

昭島市のように、昔から住宅地の多い地域では、老朽化した建物も多い事でしょう。
古い建物には、アスベストが含まれている可能性があります。

アスベストの処理は専門業者に依頼しなくてはならないため、費用は高くなるのです。
アスベストは鉱物繊維の一種ですが、1990年代頃まで建材に多く使用されていました。

しかし、肉眼では捉えられないほど細かなその繊維は、吸い込む事で肺まで到達。
様々な病気を引き起こすという事が分かったのです。

それ以来、段階的な規制を経て、現在では完全に使用が禁止されています。
しかし、それ以前に建てられた建物には、未だに含まれている可能性があるのです。

古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用には、立地条件も大きく関わります。
中でも、現場の広さというのは、大きく関係してくるものです。

狭い場所では、重機や作業車が入れず人力作業となるケースが少なくありません。
そうなると、作業の効率が落ち、工期が長く掛かります。

交通状況によっては、交通誘導員を置く場合もあるでしょう。
その分、設備費や人件費が嵩む事になり、トータル的な解体費用は高くなるのです。

住みやすく人気の高い昭島市は、住宅密集地も多く存在します。
ですから、狭小地や変形地での解体工事をお考えの方は、多めに予算を組んでおくと安心です。

昭島市で解体費用を抑えるためのポイント

昭島市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用の変動についてお話しましたが、高くなるばかりではありません。
少しの手間や時間は掛かりますが、安く抑える事も出来るのです。

ここからは、昭島市で解体費用を安く抑える方法について、いくつかご紹介しましょう。

昭島市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

昭島市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

木造住宅耐震診断補助金

市内にある木造住宅の耐震診断に掛かる費用の一部を補助

木造住宅耐震補助制度

市内にある木造住宅の所有者が当該住宅の耐震改修工事を実施した場合に要する費用の一部を補助

高齢者自立支援住宅改修給付サービス

介護の軽減を図るため住宅を改修する必要のあるかたに改修費の一部を給付

このような制度の利用は、解体費用の削減に繋がります。
気になる方は、ぜひ利用してみましょう。

ただし、これらの制度は、誰でも簡単に受けられるものではありせん。
それぞれに定められた基準があり、それを満たす場合にのみ、利用が出来るのです。

それには、事前に申請をし、審査を受けなければなりません。
多くの制度では、工事の開始前に手続きを完了する必要があります。

解体工事を行う事が決まったら、なるべく早く、申請をしましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用を抑えたいのなら、自分で出来る事を探してみましょう。
解体工事の様々な項目の中には、業者に依頼せず、自分で出来るものも意外に多くあるのです。

  • ウッドデッキやカーポートなどの解体
  • 不要品の処分
  • 建物滅失登記

個人差はあるかと思いますが、これらの項目は自分で出来る事も多いでしょう。
特に、不要品の処分は業者に依頼をした場合、産業廃棄物と見なされますから、費用は割高です。

自分で粗大ごみシールなどを貼り、昭島市に回収してもらえば、費用はほとんど掛かりません。
また、建物滅失登記などの届出についても、自分で出来る簡単なものもあるのです。

自分に出来る事はないかな?と考えるだけでも、解体費用は削減する事が出来るでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

リフォームや立て替え等の際によくあるのが、ハウスメーカー等から解体業者を紹介されるというケース。
紹介なら手間も掛かりませんし、安心ですよね。

しかし、そのほとんどの場合に、中間マージンが発生しています。
中間マージンは、解体費用の約10%とも言われているのです。

自分で探して直接契約をすれば、それだけの費用の削減になります。
また、その際には複数の業者から見積りを取って比較しましょう。

価格競争に繋がり、費用が安くなる可能性があります。
そこで、オススメなのが一括見積りサイトです。

ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
また、そのようなサイトには、事前の審査をクリアした優良な業者のみが登録されています。

初めての解体工事で、不安や疑問を抱えている方にも、オススメなのです。
当サイトが推奨している見積りサイトには、昭島市周辺の解体業者も登録しています。

気になる方は、是非一度、見積りを取ってみて下さいね。

昭島市と解体のまとめ

昭島市と解体のまとめ

東京都昭島市の解体費用の相場は、坪単価3.1~5.4万円ほどです。
ただし、様々な条件によって変動しますので、参考程度にとどめておいて下さい。

昭島市で解体費用を抑えるためには、自分で出来る事を探しましょう。
業者に依頼する項目を減らせば、費用の削減になるのです。

解体業者とも直接契約をする事で、中間マージンの節約が出来ます。
見積りサイト等を利用すれば、初めてでも簡単かつ安全に、業者探しが出来るでしょう。