解体工事と雨

建設工事といえば、”悪天候の日は行わない”というイメージが強いかもしれません。
実際に、家を建てる工事では雨の日は出来る作業が限られているようです。

では、解体工事に関してはどうなのでしょうか。
工事が休みになると工期が延びて、追加料金が発生するなどの心配もありますよね。

そこで今回は、雨など悪天候の日の解体工事について詳しく解説しましょう。

雨だからと言って解体工事を中止するわけではない

家を建てる工事とは違い、仕上がりに繊細さを求められないのが解体工事。
ですから、よっぽどのどしゃ降りで無い限りは、雨だからと言って工事を中止する事はありません。

それどころか、むしろ雨の日の解体工事はやりやすく好都合な事もあるようです。

雨の日の解体工事はメリットもある?

解体工事は、粉塵対策のために水を撒く「散水」を行いながら進めていきます。
しかし、雨の日はその必要がなく手間が省けるのです。

また、雨の日はご近所で外に洗濯物を干している家も少ないもの。
解体工事のほこりや粉塵などで迷惑をかける心配も少なく、あまり気を使わなくて良いのもメリットでしょう。

雨の日の解体工事のデメリット

雨の日の解体工事は好都合と言うお話をしましたが、あまりにも強い雨や横殴りの雨はやはり危険です。
作業員が足を滑らせる恐れがあります。

解体工事は、高い所に登って行わなければならない作業も少なくありません。
雨で湿った足場を踏み外し転落などという事にでもなれば、大問題です。

ですから、雨の日でも場合によっては業者側の判断によって作業を中断する事もあるでしょう。
解体工事のスケジュールは、余裕を持って組んである場合がほとんどです。

ですから、1日や2日の中断では工期は延びないでしょう。
しかし、何日もどしゃ降りの雨が続くとなると話は別です。

解体工事を行うのなら、出来る限り梅雨などの雨が続くであろう時期は避ける事をオススメします。

雨以外の悪天候では解体工事はどうなる?

雨以外の悪天候では解体工事はどうなるか

悪天候と言えば、雨だけではありません。
台風などの強風や、雪の場合にはどうなのでしょうか。

雨だけでなく台風の解体工事の場合

台風の場合には、解体工事は中断する可能性が非常に高いでしょう。
解体した廃材が強風により近隣へ飛ばされるなど、危険性が高いからです。

また、高い所で作業を行う作業員にとっても非常に危険を伴います。
そもそも台風が接近していると分かった時点で、飛ばされそうな廃材が無いか確認をしたり、養生シートや足場を固定したりと業者は準備をするようです。

解体工事を行うなら、台風シーズンは避けた方が良いでしょう。

雨ではなく雪の日の解体工事は?

東北や北陸、北海道などの寒い地域で問題となるのが雪です。
パラパラと降る程度なら問題は無いのですが、積もってしまった場合には作業が中断してしまう事も考えられます。

高く積もってしまうと作業用の重機が入れず、手作業となる事もあるでしょう。
また、解体工事の前に除雪作業を行わなくてはならない場合もあります。

それにより、工期が延びてしまう事も考えられるのです。

雨以外の悪天候で解体工事が延びたら費用は?

雪によって解体工事の工期が延びてしまった場合は、追加費用がかかる事も考えられます。
解体工事を行うなら、雪の積もる季節は避けた方が良いでしょう。

とは言え、雪国では雪が降る期間が長いため、タイミング的に避ける事が難しい場合もありますよね。
その場合には、事前に解体業者としっかりと打ち合わせをし、どれくらいの追加費用がかかるのかを聞いておくと良いでしょう。

雨などによる解体工事のトラブルを防ぐために

雨などによる解体工事のトラブルを防ぐために

解体工事で、雨などの悪天候による様々なトラブルを防ぐためには、事前に業者としっかりと打ち合わせを行う事です。
信頼出来る業者を選ぶには、何社かの見積もりを取る事がポイント。

一度に数社の見積もりが取れる見積もりサイトなどを利用するのもオススメです。
良質な見積もりサイトでは、登録の時点で独自の基準により業者をふるいにかけています。

ですから、悪徳業者と呼ばれるような業者は登録していない可能性が高いのです。

解体工事と雨のまとめ

解体工事と雨のまとめ

雨が降っているというだけで、解体工事が中断される事はほとんどありません。
粉塵対策の散水を行う手間が省けるため、むしろ雨の日の作業はやりやすいようです。

しかし、大雨や台風、大雪の場合には様々な危険を伴うため、工事が中断される可能性が高いでしょう。
何日も中断となった場合には工期が延び、追加費用が発生する事もありますから、事前にしっかりと確認する事が重要です。

見積もりの段階で丁寧に相談に応じてくれる、信頼出来る業者を選びましょう。