アスベストと年代

様々な理由により、建物を解体しなければならない機会があります。
中でも、老朽化した建物の解体で気になるのが「アスベスト」です。

アスベストとは、1990年代始め頃まで建材として使用されていた天然鉱物。
しかし、その後発ガン性がある事が分かり、今では使用も輸入も禁止になっています。

アスベスト含有の有無は、見た目には分かりません。
しかし、建てた年代で分かるという説もあるようです。

そこで今回は、アスベストを含む建物は建てた年代で分かるのかどうかについて、詳しく解説したいたいと思います。

アスベストの有無の可能性は建てた年代で分かる

実際にアスベストが建物に使用されているかどうかは、建てた年代だけでは分かりません。
しかし、アスベストが含まれている「可能性」に関しては、年代で分かるでしょう。

それは、アスベストに発ガン性などの可能性があると発覚してから、段階的に規制がされたからです。

年代別で見るアスベスト規制の歴史

耐久性や耐熱性に優れ、「奇跡の鉱物」とも呼ばれていたアスベスト。
アスベストの規制がどのように行われていったのか、年代別に見ていきましょう。

1970年代のアスベスト規制

1970年代、それまで重宝されていたアスベストに、発ガン性など人体への影響があることが分かってきました。
1975年(昭和50年)に、「特定化学物質等障害予防規則」が改正。

アスベストの含有率が5%を超える建材の使用が禁止になったのです。

1980年代のアスベスト規制

1986年(昭和61年)には、ILO石綿条約「石綿の使用における安全に関する条約」が採択されました。
アスベストによる健康被害を防ぐ事や、労働者の保護を目的とした条約です。

また、1980年代には、吹き付けロックウール等のアスベスト含有量を減らす事が進められました。

1990年代のアスベスト規制

1995年(平成7年)には、「労働安全衛生法施行令」と「特定化学物質等障害予防規則」が改正されました。
この年代では、更なるアスベストへの規制が進められたと言えます。

吹き付け材のアスベスト含有量も、重量の1%を超える物は使用が禁止されたのです。

2000年代のアスベスト規制

2000年代に入ると、2004年(平成16年)に「労働安全衛生法施行令」、2006年(平成18年)には「労働安全衛生法施行令」が改正されました。
ここで、アスベスト含有量が重量の0.1%を超えるものにおいて、使用はもちろん輸入や製造も禁止となったのです。

つまり、事実上アスベストの使用が完全に禁止となったと言えます。

アスベストが使用された年代の住宅を解体をする際の注意点

アスベストが使用された年代の住宅を解体をする際の注意点

1975年から段々と規制されていったアスベストの使用。
しかし、完全に禁止されたと言えるのは2006年です。

つまり、規制があったとは言え2006年以前に建てられた建物には、多少なりともアスベストが含まれている可能性があります。
ですから、まだアスベストが使用されていた年代に建てた建物の解体では、注意が必要と言えます。

アスベストの有無をしっかりと確認しよう

建てられた年代だけでは、アスベストが使用されているかどうかは分かりません。
ですから、業者にしっかりと確認してもらう事が重要です。

アスベストを含んだ建物を通常どおりの方法で解体してしまった場合、近隣住民や作業員など多くの人の健康に被害を与える事になります。
ご近所に迷惑をかけず、安全に解体工事を行うよう心がける事は、施主としての責任と一つと言えます。

アスベストはどこに使用されているの?

1970年代~1990年代まで使用されていたアスベスト。
では、一体どこに使用されているのでしょうか。

  • 屋根
  • 外壁
  • 内装材
  • 配管保温材
  • 内壁の吹き付け材

アスベストは、上記の箇所に使用されている可能性があります。
耐久性や保温性、耐火性に優れているため、屋根や外壁、保温材として使われているようです。

アスベストが使用された建物の解体は業者選びが重要

アスベストの処理は、専門業者が行わなければならないと法律で定められています。
しかし、数ある解体業者の中には、アスベストが含まれていると分かっていながら通常どおりの工事を行うような悪徳業者も存在します。

過去には実際に、アスベストを含む学校の解体工事において、適切な処理が行われていない事が発覚し、大きな問題となりました。
そのようなトラブルを起こさないためにも、建てられた年代に関わらず業者選びはとても重要なのです。

信頼できる解体業者を選ぶには、事前に複数の業者から見積りを取るのがポイント。
見積りや内容を比較し、納得できる業者を選びましょう。

自宅に居ながら簡単に相見積りが取れるのが「一括見積りサイト」です。
このようなサイトでは、業者を登録の時点で審査しています。

ですから、いわゆる悪徳業者にあたるリスクが少ないのも、オススメのポイントなのです。

アスベストと年代のまとめ

アスベストと年代のまとめ

アスベストは、1970年代~1990年代前半まで、建材に多く使用されてきました。
実際にアスベストを含んでいるかどうかは、建てられた年代だけでは分かりません。

ただし、アスベストを含む「可能性」があるかどうかは分かります。
アスベストの使用が完全に禁止されたのは、2006年です。

この年以前に建設された建物の場合、アスベストが使用されている可能性があります。
しっかりと調べ、適切な処理を行ってくれる優良な解体業者に依頼をしましょう。