新潟県で解体工事をしたい!費用の相場・業者の選び方

解体と新潟県

家や店舗など、所有する建物がある場合に、いつかしなければならないのが取り壊しです。
家の場合には、リフォームや建て替え等もあるでしょう。

そこで気になるのが、どれくらいの費用が掛かるのかという事ではないかと思います。
しかし、解体費用の相場は、同じ国内でも地域によって差があるのです。

中でも今回は、魚沼産コシヒカリや佐渡島などで知られる、新潟県の解体費用について解説しましょう。

新潟県の解体費用の相場は?

新潟県で解体工事を行う際には、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
構造別の坪単価や、実際の費用例をご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

新潟県の解体工事の費用の坪単価

新潟県で解体工事を行った場合の費用の相場を、坪単価でまとめてみました。

構造 坪単価
木造 2.5~4.5万円
鉄骨造 3.0~4.5万円
RC造 3.5~5.5万円

新潟県に限らず、解体工事に掛かる費用の相場は建物の構造によって異なります。
RC(鉄筋コンクリート)造や鉄骨造などの頑丈な建物は、木造に比べて解体するのにも手間が掛かります。

いくつもの重機を用いたり、工期が長くなったりと、様々な理由により費用が高くなる傾向にあるのです。
また、上記は解体に掛かる費用であり、工事の総額の坪単価ではありません。

この他に、設備費や人件費、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かるのです。

新潟県の解体工事の費用例

新潟県内で過去に行われた解体工事の費用例を、いくつかご紹介しましょう。

所在地 構造 坪数 費用 工期
新潟県長岡市 木造2階建 33坪 77.8万円 6日間
新潟県糸魚川市 木造平屋建 18坪 74万円 9日間
新潟県妙高市 木造2階建 45坪 182万円 14日間
新潟県長岡市 鉄骨造1階建 39.50坪 115万円 11日間
新潟県十日町市 RC造2階建 22.00坪 50.6万円 13日間

上記はほんの一部の事例です。
解体工事に掛かる費用は、立地条件や工事を行う時期、依頼する業者によっても変動します。

ですから、おおよその参考程度に考えて頂ければ幸いです。

新潟県で解体費用を抑えるための業者選びのポイン

新潟県で解体費用を抑えるための業者選びのポイント

解体工事に掛かる費用は、数十万円や数百万円単位と、多額です。
なるべく安く抑えたいと思いますよね。

新潟県で解体工事を行うにあたって、費用を抑えるための業者の選び方をご紹介しましょう。

新潟県には解体工事で補助金制度がある

新潟県には、解体工事の際に利用出来る補助金制度があります。
地域毎にどのような制度があるのかを、まとめてみました。

自治体 補助金制度
新潟市 新潟市空き家活用リフォーム推進モデル事業
長岡市 長岡市活用補助金
新発田市 新発田市活用補助金・新発田市空き家バンク制度祝金/住宅取得補助金
小千谷市 小千谷市住宅取得補助金
見附市 見附市住宅等リフォーム事業補助金
燕市 燕市空き家改修費助成・燕市空き家解体撤去費助成
糸魚川市 糸魚川市UJIターン空き家改修補助
妙高市 妙高市住まいのリフォーム促進事業
五泉市 五泉市住宅リフォーム事業補助金
上越市 上越市空き家の撤去費用の一部助成
阿賀野市 阿賀野市住宅リフォーム支援事業
佐渡市 佐渡市新・住宅リフォーム支援事業・佐渡市老朽危険廃屋対策支援制度
魚沼市 魚沼市住宅リフォーム支援事業
南魚沼市 南魚沼市住宅リフォーム事業補助金
胎内市 胎内市活用補助金
西蒲原郡弥彦村 弥彦村住宅リフォーム助成事業
南蒲原郡田上町 田上町住宅リフォーム事業補助金
東蒲原郡阿賀町 阿賀町住宅整備補助金
三島郡出雲崎町 出雲崎町空き家再利活用支援事業補助金
刈羽郡刈羽村 刈羽村住宅リフォーム事業補助金
岩船郡関川村 関川村住宅リフォーム補助金交付事業

新潟県では、リフォームや空き家に関する補助金制度が多いようです。
これらの制度の内容については、自治体によって異なります。

また、補助金を受けられるのは、自治体が定めた基準を満たしている建物だけです。
そのため、事前の審査とそれに伴う申請をしなければなりません。

工事が始まってからでは補助金は受けられないため、前もって手続きをする必要があるのです。
また、このような補助金制度は新潟県の全ての地域にある訳ではありません。

まずは、お住まいの地域に補助金制度があるのかどうかを確認してみましょう。

解体業者と直接契約で解体費用を抑える

建て替えやリフォームを目的とした解体工事の場合、工務店などから解体業者を紹介されるケースがあるでしょう。
解体工事業者の中には、許可や登録を怠る悪徳と言われる者もいますから、紹介なら安心だと思うかもしれません。

しかし、その場合のほとんどが、中間マージンという手数料が発生してしまうのです。
そこで、紹介ではなく自分で業者を探して直接契約をする事で、中間マージン分の費用の節約になります。

中間マージンは、解体費用の総額の10%とも言われています。
ですから、場合によってはとても大きな節約になるのです。

新潟県には、実績のある解体業者が幾つもあります。
まずは気になる業者に、見積りを依頼してみましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えるには、事前に複数の業者から見積りを取る事もポイントの一つと言えます。
業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があるのです。

しかし、複数の業者に足を運んで見積りを取るのは手間も時間も掛かります。
そこで、オススメなのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、最大3社までの見積りを取る事が出来ます。
自宅に居ながら簡単に出来ますから、是非利用してみて下さい。

また、このようなサイトでは、業者の登録の際に、厳しい審査基準を設けています。
ですから、いわゆる「悪徳業者」に当たるリスクが低いのもオススメのポイント。

当サイトがオススメする見積りサイトには、新潟県の解体業者も多数登録しています。
是非、見積りを依頼してみて下さいね。

新潟県と解体のまとめ

新潟県と解体のまとめ

新潟県で解体工事を行った場合の費用の相場は、坪単価2.5~5.5万円ほどです。
木造や鉄骨造など、建物の構造によって変動します。

また、この他に重機の使用料や運搬費、人件費や事務手数料など様々な費用が掛かります。
新潟県の一部の自治体では、解体工事の際に利用出来る補助金制度を設けています。

お住まいの地域にそのような制度がある場合には、是非活用しましょう。
解体費用を押さえるポイントは、業者との直接契約や複数の見積りを取る事です。

事前にしっかりと準備をして、より抑えた金額で尚且つ安全に解体工事を行いましょう。

【解体工事の適正価格を知りたい方へ】

当サイトでオススメしている解体業者の一括見積もりサービスです。
複数業者と比較をする事で、より安価に、適正価格で工事を行う事が出来ます。

  1. 解体工事ガイド

    解体工事のランキング

    厳格な審査を通過した解体業者のみが登録されているので安心です。
    無料で3社の見積もりを比較出来るため、適正価格を知る事が出来ます。
    売り込み・登録も一切不要で、解体業者への断り代行も行ってもらえるのも魅力と言えます。

ページの先頭へ