鳥取県で解体工事をしたい!費用の相場・業者の選び方

解体と鳥取県

どんなに頑丈な建物も、いつかは老朽化し解体しなければならない時が訪れます。
また、家族のライフスタイルに合わせたリフォームや建て替えもあるでしょう。

解体工事に掛かる費用は、実は都道府県によって異なります。
中でも今回は、鳥取砂丘や二十世紀梨などで知られる鳥取県の解体費用について、ご紹介しましょう。

鳥取県の解体費用の相場は?

鳥取県内で建物を解体する場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
構造別の坪単価と、実際の費用例をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

鳥取県の解体工事の費用の坪単価

鳥取県で建物の解体工事を行った場合の費用の相場を、坪単価で見てみましょう。

構造 坪単価
木造 2.8~3.5万円
鉄骨造 3.5~5.0万円
RC造 3.5~6.0万円

ご覧の通り、解体費用の単価は構造によって異なります。
比較的簡単に取り壊す事が出来る木造建築に比べ、鉄骨造やRC造の建物は頑丈です。

その分、解体にも手間が掛かるため、費用も高くなる傾向にあります。
上記は解体に掛かる費用であって、トータルの坪単価ではありません。

この他に、設備費や燃料代、人件費や産業廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。
トータル的な解体費用を算出するには、「坪単価×坪数+その他の費用」という方法で計算して下さい。

具体的なその他の費用に関しては、物件によって異なります。
業者の立ち合いで行われる「現場見積り」の際に確認するのが確実でしょう。

鳥取県の解体工事の費用例

これまで鳥取県で実際に行われた解体工事の費用例について、まとめてみましたので覧下さい。

所在地 構造 坪数 解体費用 工期
鳥取県米子市 木造2階建 24坪 54.5万円 10日間
鳥取県鳥取市 木造2階建 62.7坪 168.7万円 12日間
鳥取県鳥取市 木造平屋 23.6坪 78.3万円 6日間
鳥取県倉吉市 鉄骨造3階建 66坪 266万円 20日間
鳥取県八頭郡 鉄骨工場 85坪 295.1万円 20日間

上記は数ある事例の一部ですが、予算を立てるのに役立てて頂ければと思います。
解体工事に掛かる費用は、建物の大きさや立地条件、工事を行う時期など様々な要因によって変動します。

ですから、同じ構造や広さであっても、解体に掛かる費用まで同じという訳ではないのです。
それを踏まえた上で、見積りの際に上記とあまりにも差がある場合は、業者にしっかりと確認をしてみましょう。

鳥取県で解体費用を抑えるための業者選びのポイント

鳥取県で解体費用を抑えるための業者選びのポイント

多額の費用が掛かってしまう解体工事。
少しでも安く抑えたいと思うのは当然の事と言えます。

鳥取県で解体工事を行うにあたり、費用を抑えるための業者の選び方や制度についてお話しましょう。

鳥取県には解体工事で補助金制度がある

鳥取県では、鳥取市や倉吉市など一部の地域で、解体工事の際に利用出来る補助金制度を設けています。

自治体 補助金制度
鳥取市 鳥取市街なか空き家改修支援事業・鳥取市市空き家等除却事業費補助金
倉吉市 倉吉市空き家取得支援事業助成金
岩美郡岩美町 岩美町空き家家財道具等整理補助金・岩美町UIJターン者住宅改修支援補助金
八頭郡若桜町 若桜町空き家活用奨励金・若桜町移住者住宅新築等事業補助金
八頭郡智頭町 智頭町移住定住支援制度
東伯郡湯梨浜町 湯梨浜町空き家改修事業補助金
東伯郡琴浦町 琴浦町住宅リフォーム資金助成
東伯郡北栄町 北栄町住宅リフォーム資金助成金・北栄町IJUターン空き家改修支援事業・北栄町移住奨励金
西伯郡大山町 大山町若者定住空き家購入支援事業補助金
日野郡日南町 日南町老朽危険家屋等解体撤去補助金・日南町空き家家財道具等処分補助金

鳥取県では、空き家や移住者に対する補助金制度が充実していると言えます。
ただし、これらの制度を受けられるのは、自治体の定めた基準を満たした建物だけです。

事前の申請と審査が必要になるため、前もって手続きを行いましょう。
また、補助金制度は全ての自治体にある訳ではありません。

まずは、お住まいの地域にこのような補助金制度があるのかどうかを、確認してみましょう。

業者と直接契約で解体費用を抑える

解体費用を安く抑えるには、業者と直接契約をする事がポイントです。
建て替えやリフォームに伴う解体というケースも多い事でしょう。

そのような場合では、建設業者が解体業者を紹介してくれる事があります。
また、そもそも始めから解体も含めたトータルプランでの契約というケースもありますよね。

しかし、このような場合は業者に仲介をしてもらったという事になります。
ですから、中間マージンが発生するケースがほとんどなのです。

そこで、自分で解体業者を探し、直接契約する事で、中間マージン分の費用を節約出来ます。
中間マージンは、解体費用の約10%とも言われていますから、その節約は大きいと言えます。

鳥取県には、実績のある解体業者が数多くあります。
まずは印象が良いと感じた業者に、見積りを依頼してみましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

鳥取県での解体工事に限った事ではありませんが、業者選びも重要なポイントです。
解体費用を抑えるには、始めから1社に決めるのではなく、事前に複数の業者から見積りを取りましょう。

業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があるのです。
とは言え、忙しい日々の中で幾つもの業者に見積りを依頼するのは大変でしょう。

そこでオススメしたいのが、「一括見積りサイト」です。
自宅に居ながら、ネットで簡単に複数の業者から見積りを取る事が出来ます。

また、そのようなサイトでは、業者の登録にあたり厳しい審査基準を設けています。
ですから、いわゆる「悪徳業者」に当たるリスクが低いのも、オススメ出来るポイントなのです。

鳥取県と解体のまとめ

鳥取県と解体のまとめ

鳥取県で建物の解体工事を行った場合の費用の相場は、坪単価2.8~6.0万円ほどです。
建物の構造や広さによって変動します。

また、この他に設備費や産業廃棄物の処分代、事務手数料など様々な費用が掛かります。
ですから、予算は多めに用意しておきましょう。

解体費用を抑えるポイントは、業者との直接契約と相見積りです。
鳥取県には、解体工事の際に利用出来る補助金制度もありますから、お住まいの地域を管轄する役所等で確認をしてみましょう。

【解体工事の適正価格を知りたい方へ】

当サイトでオススメしている解体業者の一括見積もりサービスです。
複数業者と比較をする事で、より安価に、適正価格で工事を行う事が出来ます。

  1. 解体工事ガイド

    解体工事のランキング

    厳格な審査を通過した解体業者のみが登録されているので安心です。
    無料で3社の見積もりを比較出来るため、適正価格を知る事が出来ます。
    売り込み・登録も一切不要で、解体業者への断り代行も行ってもらえるのも魅力と言えます。

ページの先頭へ