山形県で解体工事をしたい!費用の相場・業者の選び方

解体と山形県

どんなに頑丈な建物でも、いつかは老朽化し取り壊さなければならない時が来ます。
また、家族構成の変化などに伴う、リフォームをする機会もあるでしょう。

しかし、解体工事に掛かる費用の相場は、同じ国内でも地域によって異なるのです。
中でも今回は、さくらんぼや米沢牛などで知られる、山形県での解体工事について詳しく解説したいと思います。

山形県の解体費用の相場は?

山形県で解体工事を行う際には、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
構造別の坪単価や、実際の費用例をご紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。

山形県の解体工事の費用の坪単価

山形県で解体工事を行った場合の費用の相場を、坪単価でまとめてみました。

構造 坪単価
木造 3.0~5.0万円
鉄骨造 3.0~5.0万円
RC造 3.5~6.0万円

解体費用の相場は、建物の構造によって異なるのです。
木造に比べ、鉄骨造やRC造(鉄筋コンクリート造)の建物は、頑丈に出来ています。

特殊な重機や多くの作業員、工期が必要となるため、その分費用が高くなる傾向にあると言えます。
また、上記の坪単価は工事の総額ではなく、解体のみに掛かる費用の相場です。

この他に、重機の燃料代や人件費、廃棄物の処分費など、様々な費用が掛かります。
ですから、正確には「坪単価×坪数+その他の費用」という計算方法です。

その他の費用に関しては、建物の立地条件などによって変動しますので、詳しくは見積りの際に業者に確認してみましょう。

山形県の解体工事の費用例

山形県内で過去に行われた解体工事の費用例を、いくつかご紹介しましょう。

所在地 構造 坪数 費用 工期
山形県米沢市 木造2階建 36坪 95.4万円 7日間
山形県村山市 木造平屋建 20坪 55.8万円 5日間
山形県村山市 木造2階建 117坪 250万円 20日間
山形県川西町 鉄骨造2階建 108.00坪 226.8万円 18日間
山梨県大月市 木造平屋建 40坪 152.6万円 14日間

上記はほんの一部の事例です。
解体工事に掛かる費用は、立地条件や工事を行う時期、依頼する業者によっても変動します。

ですから、おおよその参考程度に考えて頂ければ幸いです。

山形県で解体費用を抑えるための業者選びのポイン

山形県で解体費用を抑えるための業者選びのポイント

解体工事に掛かる費用は、数十万円や数百万円単位と、多額です。
なるべく安く抑えたいと思いますよね。

山形県で解体工事を行うにあたって、費用を抑えるための業者の選び方をご紹介しましょう。

山形県には解体工事で補助金制度がある

山形県には、解体工事の際に利用出来る補助金制度があります。
地域毎にどのような制度があるのかを、まとめてみました。

自治体 補助金制度
山形市 山形市住宅リフォーム総合支援事業・山形市老朽危険空き家除却補助事業
鶴岡市 鶴岡市移住推進空き家利活用支援事業補助金
酒田市 酒田市住宅リフォーム総合支援事業
新庄市 新庄市住宅リフォーム総合支援事業費補助金
寒河江市 寒河江市移住推進空き家利活用支援業補助金
上山市 上山市住宅リフォーム等支援事業補助金
村山市 村山市住宅リフォーム支援事業費補助金
長井市 長井市住宅リフォーム補助金
天童市 天童市住宅リフォーム総合支援事業費補助金交付事業
東根市 東根市住宅リフォーム支援事業
南陽市 南陽市持家住宅建設助成金
東村山郡山辺町 山辺町空き家改修補助制度
東村山郡中山町 中山町住宅リフォーム総合支援事業
西村山郡西川町 西川町勤労者向け住宅支援制度
西村山郡朝日町 朝日町空き家改修補助金・朝日町空き家利用促進奨励金・朝日町既存住宅リフォーム工事補助
西村山郡大江町 大江町空き家利用促進奨励金
最上郡金山町 金山町空き家解体事業・金山町空き家・住宅対策事業
最上郡戸沢村 戸沢村住宅のリフォーム工事補助金
東置賜郡高畠町 高畠町住宅リフォーム支援事業助成金
東置賜郡川西町 川西町空き家利活用支援事業補助金
西置賜郡小国町 小国町住宅リフォーム助成事業・小国町住宅リフォーム総合支援事業
西置賜郡白鷹町 白鷹町住宅リフォーム総合支援事業
東田川郡三川町 三川町住宅リフォーム支援事業
東田川郡庄内町 庄内町空き家利活用支援事業補助金
飽海郡遊佐町 遊佐町リフォーム資金特別貸付利子補給制度
山形(県) 山形県空き家改修補助制度

山形県は、リフォームや空き家に関する補助金制度が充実しているようですね。
これらの制度を受けられる基準や内容は、自治体によって異なります。

また、山形県には「県」全体で使用出来る制度も設けられているのが特徴と言えます。
ただし、これらの補助金制度を受けられるのは、自治体や県が定めた基準をクリアした建物だけです。

そして、解体工事が始まってからでは、補助金制度は受けられません。
ですから、事前の手続きや申請が必要なのです。

まずは、お住まいの地域にどのような補助金制度があるかを、確認しておきましょう。

解体業者と直接契約で解体費用を抑える

新築やリフォームを目的とした解体工事の場合、工務店やハウスメーカー等が解体業者を紹介してくれる事があります。
「業者からの紹介なら安心できる!」と思う人もいますよね。

実際に、解体工事業登録などをしていない悪徳業者も存在します。
しかし、このような場合の多くは、業者との間を仲介してもらったという事になり、中間マージンが発生するのです。

実際には、見積りの価格に上乗せされている事が多いため、気づかない人もいるでしょう。
しかし、中間マージンは解体費用の約10%とも言われていますから、大きな出費なのです。

そこで、自分で業者を選び直接契約する事で、中間マージン分の費用を節約できます。
解体費用を節約した分、新たな家の建設などに回せたら良いものですよね。

まずは、気になる業者に見積りを依頼してみると良いでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えるには、事前に複数の業者から見積りを取る事もポイントの一つと言えます。
業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があるのです。

しかし、複数の業者に足を運んで見積りを取るのは手間も時間も掛かります。
そこで、オススメなのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、最大3社までの見積りを取る事が出来ます。
自宅に居ながら簡単に出来ますから、是非利用してみて下さい。

また、このようなサイトでは、業者の登録の際に、厳しい審査基準を設けています。
ですから、いわゆる「悪徳業者」に当たるリスクが低いのもオススメのポイント。

当サイトがオススメする見積りサイトには、山形県の解体業者も多数登録しています。
是非、見積りを依頼してみて下さいね。

山形県と解体のまとめ

山形県と解体のまとめ

山形県で解体工事を行う際の費用の相場は、坪単価で3.0~6.0万円ほどです。
建物の構造や大きさ、立地条件などによって変動します。

また、この他に人件費や廃棄物の処分費、事務手数料など様々な費用が掛かります。
解体費用を抑えるためには、複数の業者から見積りを取り、業者同士を競わせる事がポイントです。

また、紹介ではなく自分で解体業者取り直接契約をする事で、中間マージン分の費用を節約出来ます。
そして、山形県は、解体工事で利用出来る補助金制度が充実しています。

お住まいの地域にそのような補助金制度がある場合には、是非活用しましょう!

【解体工事の適正価格を知りたい方へ】

当サイトでオススメしている解体業者の一括見積もりサービスです。
複数業者と比較をする事で、より安価に、適正価格で工事を行う事が出来ます。

  1. 解体工事ガイド

    解体工事のランキング

    厳格な審査を通過した解体業者のみが登録されているので安心です。
    無料で3社の見積もりを比較出来るため、適正価格を知る事が出来ます。
    売り込み・登録も一切不要で、解体業者への断り代行も行ってもらえるのも魅力と言えます。

ページの先頭へ