解体工事と電気

解体工事を行う前には、様々な準備が必要です。
中でも、電気やガスなどのライフラインの停止は重要でしょう。

「停止するのが遅れても、料金を余分に払えばいいだけ」
そんな風に思っている人もいるかもしれません。

しかし、実は電気は解体工事の前に止めなければ危険なのです。
そこで今回は、解体工事前の電気の停止手続きについて、詳しく説明したいと思います。

解体工事の前に電気の停止をしよう

解体工事の日程が分かったら、始まる前に電気の停止手続きを行いましょう。
また、電気だけでなくガスや電話、インターネットなどのライフラインの停止もしなければなりません。

解体工事前の電気の停止方法は?

解体工事前に電気の停止をするには、お住まいの地域を管轄している電力会社に連絡をして行います。
関東なら東京電力、中部地方なら中部電力がそれにあたるでしょう。

その際に、明細(電気ご使用量のお知らせ)を手元に用意しておくとスムーズです。
記載されているお客様番号や名前、住所等を伝え「○月○日までに停止をしたい」と言えば対応してくれるでしょう。

電気以外のライフラインの停止も解体工事前に行う?

解体工事が始まる前には、電気だけでなくガスや電話等を止める手続きも必要です。
都市ガスを使用している場合は、お住まいの地域を管轄しているガス会社に連絡を入れましょう。

連絡先は、明細等に記載してあるかと思います。
分からない場合は、役所に問い合わせると教えてくれるでしょう。

また、プロパンガスの場合はガスボンベや明細書に書いてあるガス会社の連絡先へ連絡します。
いずれも、すぐに対応できない事があるので、解体工事の日程が決まったらなるべく早く停止の手続きを行いましょう。

電話の停止に関しては、NTTに問い合わせをします。
インターネット等とセットで契約している場合は、そちらも一緒に止めてもらいましょう。

水道は解体工事前に止めてはいけない

電気などのライフラインの停止は、解体工事の前に行う必要があります。
しかし、水道に関しては止めてはいけません

解体工事では、壊した建物の破片や砂埃などが飛散してしまいます。
近隣への粉塵対策として、「散水」といって水を撒きながら工事を行うのです。

この散水の際に、多くの水を必要とします。
ですから、水道だけは工事の前に止めてしまわないようにして下さい。

万が一、工事前に水道を止めてしまった場合には、仮設のタンクなどを利用しなければなりません。
その分、解体の費用が高くなってしまいますから、気をつけましょう。

解体工事の前には電気の配線も撤去しないと危険

解体工事の前には電気の配線も撤去しないと危険

解体工事が始まる前に、電気を止める連絡をしたとしても、単なる停止の場合には配線はそのままになっています。
そのまま工事が始まってしまうと、様々な危険を伴う事があるのです。

ですから、必ず単なる停止ではなく、解体工事での停止である事を伝えて下さい。

電気線による解体工事の事故例

実際に、過去に解体工事での感電事故例はいくつか挙げられます。
ショベルカーなどの重機での解体中に、上部の電気線を引っ掛けてしまうという事故もあります。

また、解体中に作業員が、接続されている電気線を誤って切断し、感電死してしまうという悲しい事故もあったのです。
ただしこのケースは業者側の対策不足も原因であると考えられます。

作業計画を作成せず社長の口頭による指示で作業が進められており、日頃から安全衛生教育も十分にされていませんでした。
解体工事ではその他、重機の横転や足場からの転倒など、様々な事故事例があります。

只でさえ危険を伴うものですから、電気のような未然に防げる事故は、防いで行きたいものです。

解体工事のスケジュールを確認して電気を停止しよう

解体工事のスケジュールを確認して電気を停止しよう

電気などのライフラインの停止手続きは、いずれも時間がかかる事があります。
ギリギリになって連絡をしていると、間に合わない場合もあるでしょう。

ですから、解体工事のスケジュールが分かり次第、なるべく早めに手続きを行いましょう。

解体工事は業者選びも重要なポイント

「もしも自分が依頼した解体工事で事故が起きたら・・・」と考えると、怖いものですよね。
電気等のライフラインの停止をしっかりと行う事は勿論ですが、安全管理を怠らない業者選びも重要なポイントです。

信頼出来る解体工事業者を選ぶには、複数の会社から見積りを取る事が大切。
内容を比較する事で、より優良な業者を選ぶ事が出来るのです。

「でも、複数の業者に足を運ぶのは大変!」という人には、ネットの一括見積りサイトがオススメ。
お家に居ながら簡単に、最大3社までの見積りを取る事が出来ます。

また、このようなサイトでは、登録の際に独自の審査基準によって業者をふるいにかけています。
ですから、「悪徳業者」に」当たるリスクが低いのも、オススメのポイントです。

解体工事と電気のまとめ

解体工事と電気のまとめ

解体工事が始まる前には、電気などのライフラインの停止の手続きを行いましょう。
水道に関しては工事で使用するため、止めてはいけません。

また、電気線をそのままにしていると、工事が始まった後に事故などの原因になり危険なのです。
ですから、電気の停止の連絡の際には「解体工事での停止」である事を伝え、電気線の撤去までしてもらう事が大切。

解体工事の電気の事故を防ぐためにも、業者選びは重要なポイントです。
事前に複数の業者から見積りを取り、より安全に工事を行ってくれる優良な業者を選びましょう。