福島市と解体

建物の解体工事を考えた時に、気になるのが費用の事でしょう。
解体費用は安いものではありませんから、事前にしっかりと準備をしたいものです。

しかし、解体費用の相場は、実は地域によって異なります。
中でも今回は、福島県の県庁所在地である福島市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。

福島市近郊で解体工事をお考えの方は、ぜひ参考にして下さい。

福島市の解体費用の単価坪は?

福島市で解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
気になる坪単価や実際の費用例を見てみましょう。

福島市の解体費用の坪単価

解体費用の坪単価は、建物の構造によって異なります。
福島市の解体費用の相場は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.9万円
鉄骨造 4.1万円
RC造 5.2万円

造りが頑丈になればなるほど、解体費用は高くなる傾向にあります。
それは、それだけ解体するのにも手間が掛かるからです。

特殊な重機を使用したり、多くの人員を必要とする分、費用も掛かります。
ですから、鉄骨や鉄筋を使用した造りの建物の解体工事では、多めの予算を考えておきましょう。

また、解体工事では上記の他にも、人件費や重機の使用料、産業廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。
解体工事では、「坪単価×坪数」だけでなく、その他の費用が掛かるという事を、覚えておきましょう。

福島市の解体工事の費用例

福島市で実際に行われた、解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造平屋 24坪 65.7万円 6日間
木造2階建 31坪 96.8万円 7日間
鉄骨造3階建 72坪 289万円 25日間
木造2階建 41坪 208万円 10日間
軽量鉄骨造2階建 36.5坪 152万円 14日間

 

解体費用には相場はあるとは言え、実際にはそれぞれの物件が持つ特徴や条件によって変動します。
同じ構造で似通った造りであっても、解体費用に大きく差が出るというケースも珍しくないのです。

ですので、上記は数ある事例のほんの一部として、参考程度にお役立て下さい。

福島市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

福島市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な条件によって変動します。
福島市で、解体費用が相場より高くなってしまうのは、どのようなケースなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

アスベストを含んだ建物

解体工事で気をつけなければならないのが、「アスベスト」です。
近年、社会問題にもなっていますから、一度は耳にした事があるという人もいるでしょう。

アスベストとは、かつては「奇跡の鉱物」と呼ばれ、建材などに広く使用されていた天然の鉱物繊維です。
耐久性や柔軟性に優れ、使い勝手も良かったため、多くの建造物に使用されていました。

しかし、のちに発がん性などの健康被害を招く事が発覚。
現在は、使用が禁止になっています。

とは言え、使用が禁止される前に作られた古い建物には、いまだにアスベストが含まれている可能性があります。
アスベストは、ごく細い繊維から成っており、空気中に飛散しやすいのが特徴です。

解体工事中に飛散したアスベストを吸い込んでしまうと、肺に刺さり様々な病気の原因になります。
ですから、アスベストを含む建物の解体工事は専門の業者が行わなければならなず、その分費用は高くなるのです。

福島市にも、築年数の古い建物は多数くあるでしょう。
解体する建物が古いという場合には、アスベストの有無について、しっかりと事前調査を行う事が重要です。

狭小地での解体工事

解体費用を左右する要因は幾つかありますが、中でも立地条件は重要です。
特に、狭小地での解体工事は、費用が高くなる傾向にあります。

隣接する道路が狭く重機が入れないと、機械で行う作業を人の手で行う事になります。
そうなれば、多くの人員や工期を必要としますから、その分費用も掛かるでしょう。

状況によっては、交通誘導員を設置する場合もあります。
また、隣家との距離が近い場合には、騒音や粉塵を防ぐための設備を強化します。

その分、通常より費用が高くなるでしょう。
福島市にも、狭小地や入り組んだ土地に建つ建物はあります。

そのような建物の解体をお考えの方は、費用が高くなる可能性について、把握しておきましょう。

福島市で解体費用を抑えるためのポイント

福島市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、高くなるばかりではありせん。
少しの工夫次第で、相場より安く抑える事も出来るのです。

福島市で解体費用を抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

福島市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

福島市には、解体工事の際に利用できる、補助金や助成金制度があります。

制度 内容
福島県空き家再生・子育て支援事業補助金 空き家を改修等して自ら居住しようとする子育て世帯に対し、回収費用の一部を補助
福島県空き家・ふるさと復興支援事業 空き家を改修し自ら住まわれる方へ、改修費用の一部を補助。東日本大震災の復興を目的としている。

このような制度を利用する事によって、解体費用は安くなるでしょう。
ただし、これらの制度は、誰でも無条件に受けられるものではありません。

事前に申請・審査を受け、基準を満たすと判断された場合に利用が出来ます。
工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどです。

該当しそうな方は、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事に関する項目の中で、業者に依頼しなくても自分で出来る事は意外と多くあります。
例えば、建物の中の不要品の処分は、福島市のごみの日や粗大ごみの回収を利用すれば、数千円~数百円程度で出来ます。

業者に依頼する事も出来ますが、産業廃棄物として処分されるため、費用が割高になるのです。
また、解体業者選びも、出来れば自分で行いましょう。

建て替えやリフォームなどの際に多いのが、建設業者が解体業者を紹介してくれるというケースです。
同業者からの紹介なら安心ですが、それは仲介に当たりますから、中間マージンが発生する事がほとんどでしょう。

自分で業者を探して直接契約をすれば、費用は掛かりません。
そして、解体後の「建物滅失登記」も、自分で行う事が出来ます。

必要な書類を法務局に提出するだけの簡単な登記なのです。
専門家に依頼する事も出来ますが、当然、費用が掛かります。

自分で行う事で、登記に掛かる費用が節約できるでしょう。
このように、少しの手間を掛けるだけで、解体費用は安く抑える事が出来るのです。

複数の業者から見積りを取ろう

知り合いの伝でもない限り、解体業者を自分で探すのは簡単ではないでしょう。
始めから1社に決めてしまうよりも、複数の業者に見積りを依頼し、比較する事がポイントです。

業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があります。
また、見積り内容や業者の対応を比較すれば、より優良な業者が分かります。

とは言え、短期間で複数の業者の見積りを取るのは、簡単な事ではありませんよね。
そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、福島市周辺の複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
足を運ぶよりも時間の節約になり、効率的でしょう。

また、そのようなサイトの多くは、業者の登録の際に厳しく審査を行っています。
ですから、いわゆる「悪徳業者」を避ける事が出来るのも、オススメのポイントなのです。

福島市と解体のまとめ

福島市と解体のまとめ

福島県福島市の解体費用の相場は、坪単価3.9~5.2万円ほどです。
ただし、建物の構造や大きさ、立地など様々な条件により変動します。

また、解体工事ではこの他にも、様々な費用が掛かるのです。
ですから、単純に坪単価と坪数を掛けるだけではなく、その他の費用についても考えておきましょう。

解体費用を抑えるためには、業者選びは自分で行うのがポイントです。
見積りサイトなどを利用し、複数の業者から見積りを取って比較しましょう。

また、福島市には解体工事の際に利用できる補助金制度もあります。
そのような制度を利用する事で、解体費用を大きく削減出来るのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、福島市周辺の解体業者も数多く登録があります。
見積りだけでも出来ますから、気になる方は是非一度、試してみて下さい。