東大和市の解体

東京都の多摩地域に位置する東大和市は、都心のベッドタウンとして栄えてきました。
豊かな自然と利便性を兼ね備えた、住みやすい町です。

そんな東大和市で、建物のリフォームや建て替えなどをお考えの方もいる事でしょう。
今回は、東京都東大和市の解体費用の相場について、詳しく解説したいと思います。

地域によって異なる解体費用の相場ですから、事前にしっかりと把握し、資金計画に役立てましょう。

東大和市の解体費用の単価坪は?

東大和市で建物の解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例を見て行きましょう。

東大和市の解体費用の坪単価

こちらが、東大和市の解体費用の坪単価です。

構造 坪単価
木造 3.2万円
鉄骨造 3.9万円
RC造 5.4万円

解体費用の坪単価は、建物の構造によって異なります。
それは、造りによって解体するのに掛かる手間が違うからです。

鉄骨や鉄筋を使用した建物は、木造などに比べて頑丈に出来ています。
その分、解体する際の工程も複雑であり、廃棄物の分別などにも手間が掛かるのです。

特殊な重機を使用したり、それに伴い多くの人員を必要とします。
ですので、一般的には木造よりも、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物の方が、解体費用は高くなる傾向にあります。

また、解体工事には上記意外に、人件費や設備費、産業廃棄物の処分代など様々なその他の費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

東大和市の解体工事の費用例

これまでに東大和市で行われた、解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 48坪 211万円 12日間
木造平屋 33坪 72.3万円 6日間
RC造2階建 23坪 244万円 16日間
木造平屋 21坪 52万円 6日間
木造2階建 28坪 144万円 10日間

解体費用には坪単価などの相場こそありますが、実際にはそのとおりになるものばかりではないのです。
例え同じ構造や坪数であっても、解体費用に大きく差が出るケースも珍しくありません。

それは、解体費用には建物の大きさや立地、依頼する業者の経験値などの様々な条件が関係するからです。
ですので、上記のような費用例は、おおよその参考程度に押さえておきましょう。

東大和市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

東大和市で解体費用が高くなるのはどんなケース

様々な条件によって変動する解体費用。
分かってはいても、予算を大幅にオーバーするような事は避けたいものです。

東大和市で、解体費用が高くなるケースについて、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

建物の老朽化を理由に、建て替えやリフォームを行う方は多い事でしょう。
都心のベッドタウンとして人気の東大和市にも、昔からある建物は少なくないかと思います。

古い建物を解体する時に気をつけたいのが「アスベスト」です。
アスベストを含む建物の解体には危険を伴うため、費用は高くなります。

天然鉱物の一種であるアスベストは、極細い繊維から成っています。
近年社会問題ともなっていますが、その繊維を吸い込む事で肺に蓄積され、様々な病気の原因となるのです。

現在では使用は禁止されていますが、それが発覚する前には「奇跡の鉱物」と呼ばれ重宝されていました。
ですから、規制前に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。

古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用には、建物が建っている「立地」も大きく関わってきます。
中でも、狭い場所や変形地での解体工事では、費用が割高になるでしょう。

重機や作業車が入れず手作業となれば、通常よりも長い工期が掛かります。
その分、人件費や設備費、現場の維持費がかさむため、費用が高くなるのです。

また、道路の状況によっては交通誘導員を設置する場合も少なくありません。
このように、狭小地での解体作業には、非常に手間が掛かるのです。

東大和市には、住宅街も多く存在していますから、狭い場所に建つ建物も少なくないでしょう。
狭小住宅の解体をお考えの方は、多めに費用を用意しておくと安心です。

東大和市で解体費用を抑えるためのポイント

東大和市で解体費用を抑えるためのポイント

様々な条件に左右される解体費用ですが、高くなるばかりではありません。
工夫次第では、削減する事も可能なのです。

ここからは、東大和市で解体費用を抑えるためのポイントをいくつか、ご紹介しましょう。

東大和市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

東大和市には、解体費用の削減に繋がる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

木造住宅の耐震診断及び耐震改修に対する助成制度

昭和56年5月31日以前に着工された市内にある木造2階建て以下の戸建て住宅の耐震診断及び耐震改修に要する費用の一部を助成

住宅・店舗リフォーム資金補助金

市内の建設事業者により、住宅または店舗のリフォーム工事を行う場合、その経費の一部を予算の範囲内において補助

東大和市には、この他にも様々な補助金制度があります。
気になる方は、市役所などに問い合わせてみましょう。

このような市の制度を活用する事で、解体費用の削減に繋がります。
ただし、これらの制度は誰でも簡単に利用できるものではありません。

それぞれに設けられた基準があり、それを満たすと判断された場合にのみ、受ける事が出来るのです。
それには、事前に審査を受けなければなりません。

工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事と一口に言っても、単に建物を壊す作業だけに費用が掛かる訳ではありません。
事務手数料や産業廃棄物の処分代など、様々な項目があるのです。

その中には、自分で出来る事も意外に多くあります。
例えば、建物内に残る家財などの不要品は、業者に処分してもらう事も出来ますが、産業廃棄物と見なされるため費用は割高になります。

粗大ごみとして東大和市に回収を依頼すれば、費用はほとんど掛かりません。
また、小さな倉庫やウッドデッキ程度の解体なら、自分で出来る人もいる事でしょう。

登記などの届け出の中にも、書類を提出するだけの簡単なものもあります。
このように、業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用の削減になるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたい方は、業者選びも自分でしましょう。
リフォームや建て替え等の場合、建設業者経由で解体業者を紹介される事がありますが、中間マージンが発生するケースがほとんどだからです。

中間マージンは解体費用の約10%とも言われています。
自分で選んで直接契約をすれば、それだけの費用の削減になるのです。

また、簡単に優良業者を選ぶポイントは、複数の業者から見積もりを取って比較する事。
価格競争になる他、内容を比べる事でより良い業者が分かります。

そこで、オススメしたいのが一括見積サイトです。
ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。

そのようなサイトでは、業者を登録する前にしっかりと審査を設けています。
ですから、素人の方でもいわゆる悪徳業者にあたるリスクを軽減できるのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、東大和市周辺の業者も多数登録しています。
気になる方は、ぜひ一度、見積りを取ってみて下さいね。

東大和市と解体のまとめ

東大和市と解体のまとめ

東京都東大和市の解体費用の相場は、坪単価3.2~5.4万円ほどです。
ただし、建物の構造や大きさ、立地条件など様々な要因によって変動しますので、参考程度にご活用下さい。

解体費用を安く抑えるには、業者に依頼する項目を減らす事がポイントです。
自分で出来る事を探して行うだけで、結果的に費用の大きな削減になるでしょう。

解体業者と直接契約をする事で、中間マージンの節約になります。
解体工事に詳しくない方でも、見積りサイトなどを利用すれば、簡単かつ安全に業者選びが出来るでしょう。