日野市の解体

東京都の中でも、公園やスーパーなど生活に便利な町の一つである「日野市」。
交通機関も整っており、都心へのアクセスも良いので、非常に住みやすいと人気が高まっています。

人口増加に伴い、住宅やマンションも増えているようです。
そこで、住宅のリフォームや解体工事をお考えの方もいる事でしょう。

しかし、解体費用の相場は、地域によって異なるのです。
今回は、東京都日野市の解体費用の相場について、お伝えしましょう。

日野市の解体費用の単価坪は?

東京都日野市で解体工事を行った場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例などを見ていきましょう。

日野市の解体費用の坪単価

日野市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.0万円
鉄骨造 3.9万円
RC造 5.5万円

ご覧のように、解体費用の相場は、建物の構造によって異なります。
頑丈な造りの建物は、解体するのに特殊な重機や多くの人員を必要とします。

手間や工期が掛かる分、解体費用は高くなるのです。
また、上記は建物の解体に掛かる費用の相場であって、工事の総額ではありません。

解体工事にはこの他に、人件費や設備費、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

日野市の解体工事の費用例

日野市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 50坪 108万円 9日間
木造平屋 28坪 93.5万円 7日間
木造2階建 28坪 112.5万円 8日間
軽量鉄骨造2階建 32坪 85.8万円 10日間
木造2階建 26坪 101万円 11日間

解体費用の相場について解説させて頂きましたが、実際には上記のように、そのとおりになるケースばかりではありません。
解体費用は、様々な要因によって変動するからです。

立地条件や状況、工事の内容などは、その物件によって様々でしょう。
例え、同じ構造や広さの建物であっても、解体費用に差が出る事も珍しくありません。

ですので、事例などはおおよその参考程度にお役立て下さい。

日野市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

日野市で解体費用が高くなるのはどんなケース

解体費用は、様々な状況や条件により変動します。
とは言え、予算オーバーを避けるために、出来るだけ正確に試算したいものです。

そこで、日野市で解体費用が高くなるケースについて、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

建物の老朽化を理由に、解体工事やリフォームを行うケースは多いでしょう。
古い建物を解体する際には、アスベストを含有していないかという点に気をつける必要があります。

アスベストとは、1990年代頃まで建材に多く使用されていた天然鉱物の一種。
その細かな繊維は、空気と一緒に吸い込む事で肺まで到達し、様々な病気を引き起こすのです。

アスベストを含む建物の解体は危険を伴うため、専門業者が行います。
そのため、費用は高くなるのです。

健康被害を引き起こす事が発覚して依頼、アスベスト規制が始まり、現在では使用が禁止されています。
しかし、それ以前に建てられた建物には、未だに含まれている可能性があるのです。

日野市のような住宅地の多い地域には、古い建物も数多く存在するでしょう。
そのような建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を左右する要因の一つが、立地条件です。
土地の広さや形などによって、費用が高くなるケースもあります。

隣の建物との距離や、隣接する道路の幅が狭い場所では、重機が入れないため手作業となります。
交通誘導員を設置するケースもあるでしょう。

このように、狭小地や変形地での解体工事は、多くの期間や人員を必要とするため、人件費や現場の維持費が嵩むのです。
日野市は、住宅街が多い地域ですから、狭小住宅も少なくはないでしょう。

狭い場所や変形地に建つ建物の解体をお考えの方は、多めの予算を組んでおくと安心です。

日野市で解体費用を抑えるためのポイント

日野市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は変動するとは言え、高くなるばかりではありません。
少しの工夫で、安く抑える事も出来るのです。

日野市で、解体費用を削減するためのポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

日野市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

日野市には、解体費用の削減に繋がる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

空き住宅等地域貢献活用事業補助金

空き家を活用する事業者に対しリフォームなどに要する経費の一部を補助

住宅耐震化及びバリアフリー化補助金

市内にある木造住宅の耐震診断、耐震改修工事、バリアフリー化改修工事に掛かる費用の一部を補助

このような自治体の制度を活用する事で、解体費用は大きく削減できるでしょう。
ただし、これらの制度を利用するには、事前に審査を受ける必要があります。

制度ごとに設けられた基準があり、それを満たす場合にのみ、利用できるのです。
審査の結果が出るには、ある程度の期間が必要でしょう。

工事を行うと決まったら、余裕を持って申請をする事が重要です。

自分で出来る事は業者に依頼しない

建物を解体して、全てを完了するまでには、様々な工程を踏みます。
その中には、自分で出来る事も、意外と多くあるのです。

もちろん、業者に依頼する事も出来ますが、自分で行えばその分の費用は削減できます。
例えば、建物の中に残る家財などの不要品は、業者に処分を依頼すると産業廃棄物と見なされるため、費用は割高になります。

しかし、粗大ゴミとして日野市に回収をしてもらえば、費用はほとんど掛かりません。
また、ウッドデッキや倉庫などの簡単な解体であれば、DIYが得意な方なら出来る事もあります。

登記や申請などの届出に関しても、自分で出来る簡単なものもあるのです。
このように、業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用は削減できるでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えたいのなら、業者は自分で探し、直接契約をしましょう。
他社から紹介を受ける機会もあるかと思いますが、そこには中間マージンが発生するケースがほとんどです。

中間マージンは、解体費用の約10%とも言われていますから、ぜひ削減したい部分だと言えます。
また、その際には、複数の業者から見積りを取って比較をしましょう。

業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があります。
そこで、オススメしたいのが一括見積りサイトです。

ネットに条件を入力するだけで、それに見合う業者をいくつかピックアップしてくれます。
そのようなサイトでは、登録の前に業者を厳しく審査していますから、安全性も高いのです。

これなら、解体工事に詳しくない方でも、安心して業者選びが出来るでしょう。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、日野市周辺の解体業者も登録しています。

気になる方は、ぜひ一度、利用してみて下さいね。

日野市と解体のまとめ

日野市と解体のまとめ

日野市の解体費用の相場は、坪単価3.0~5.5万円ほどです。
ただし、相場どおりにならないケースも少なくないので、おおよその参考程度にお考え下さい。

解体費用を安く抑えるには、市の補助金制度などを利用しましょう。
業者に依頼する項目を減らす事も、費用の削減に繋がります。

業者とは、直接契約をして中間マージンを削減しましょう。
見積りサイトを利用すれば、安全かつ簡単に業者探しが出来るのです。

東京都日野市の解体費用の坪単価に関する記事です。補助金制度や優良な業者の選び方についても解説していますので、参考にしてください。