平塚市の解体

解体工事に掛かる費用の相場は、実は地域によって異なります。
中でも、神奈川県のほぼ中央に位置する「平塚市」。

湘南に面している事や、日本三大七夕祭りの一つなど、多くの観光客が集まる町です。
そんな平塚市で、家屋の解体をお考えの方もいる事でしょう。

そこで今回は、神奈川県平塚市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。

平塚市の解体費用の単価坪は?

平塚市の解体費用の坪単価について、詳しく見ていきましょう。
実際の費用例についても記載しますので、是非参考にしてみて下さい。

平塚市の解体費用の坪単価

平塚市の解体費用の相場を、坪単価でまとめてみました。

構造 坪単価
木造 3.0万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 5.0万円

解体費用の相場は、建物の構造によって異なります。
基本的には、頑丈な造りの建物ほど解体するのにも手間が掛かるため、費用も高くなる傾向にあります。

ただし、平塚市のように木造よりも鉄骨造の解体費用の方が相場が安い地域もあるのです。
これは、鉄骨の買い取り金額が高い地域だという事が関係しているのでしょう。

また、上記は建物の解体に掛かる費用の相場です。
工事のトータル的な金額の坪単価ではありません。

解体工事ではこの他にも、人件費や設備費、燃料代などの様々な費用が掛かるのです。

平塚市の解体工事の費用例

これまで平塚市で実際に行われた、解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 35坪 95.4万円 8日間
木造平屋 12坪 68万円 3日間
鉄骨造平屋 29坪 83万円 10日間
木造2階建 40.5坪 132万円 9日間
RC造2階建 47.8坪 248万円 20日間

上記は、数ある費用例のほんの一部です。
予算を組む際のおおよその参考として、ご活用下さい。

解体工事の費用というのは、立地や依頼する時期・業者など、様々な条件によって変動します。
ですから、簡単に「何坪だからいくら」とはならないのです。

実際の細かい費用を知りたい方は、業者に現場を見てもらった上で見積りを出してもらいましょう。

平塚市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

平塚市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な要因によって相場よりも高くなる事があります。
平塚市での解体工事において、費用が高くなるのは、どんなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

解体費用を通常よりも高くする大きな要因の一つが「アスベスト」です。
一時期は「奇跡の鉱物」と呼ばれていた天然の鉱物繊維。

しかし、解体の際に飛散しやすく、吸い込んでしまった場合には、肺がんなど様々な病気の原因となるのです。
ですから、アスベストを含む建物の解体工事は、専門業者が行わなければなりません。

それにより、当然費用も高くなります。
現在は完全に使用が禁止となっているアスベストですが、築年数の古い建物には未だに含まれている可能性があります。

平塚市で、古い建物の解体工事をお考えの方は、アスベストの含有の有無を事前にしっかりと調査しましょう。

狭小地での解体工事

各物件ごとの立地条件は、解体費用を大きく左右します。
中でも、狭小地に建つ家屋の解体工事では、費用が高くなる傾向にあります。

隣接する道路が狭く、重機や作業車が入れない場合、地道に手作業で行う事になるでしょう。
人員や工期が多く必要になるため、その分費用が掛かるのです。

また、隣家との距離が近い場合には、防音や粉塵対策のために、養生などの設備を強化しなくてはなりません。
そうなれば、当然費用も高くなるでしょう。

平塚市には住宅街も多く、狭小地に建つ建物も少なくありません。
解体予定の家屋が狭小地に建っている場合には、見積りの際に費用に関してしっかりと業者から説明を受けましょう。

平塚市で解体費用を抑えるためのポイント

平塚市で解体費用を抑えるためのポイント

様々な要因により、相場よりも高くも安くもなるのが解体費用です。
ここからは、平塚市での解体工事において、費用を安く抑えるポイントをご紹介します。

平塚市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

平塚市には、解体工事の際に利用できる補助金制度がいくつか設けられています。

制度 内容
平塚市ブロック塀等倒壊予防策補助金制度 危険なブロック塀の除却を行う際の費用の一部を補助
木造住宅耐震補強工事の補助金 既存の木造住宅の耐震補強工事に掛かる費用の一部を補助

このような制度を利用する事で、解体費用は大幅に削減できるでしょう。
ただし、補助金は誰でも受けられるというものではありません。

事前の手続きや審査が必要な場合がほとんどなのです。
解体工事が始まる前に、地域を管轄する役所などに確認をし、しっかりと申請を行いましょう。

また、耐震補強工事に関しては、その前の耐震診断の際にも補助金が利用できる事があります。
該当する方は、事前に自治体に相談をしてみましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用を抑えるためには、業者に依頼する項目を減らすのがポイントです。
自分で出来る事は自分で行い、費用の削減をしましょう。

例えば、家屋内に残る不要品の処分は、工事の際に業者に依頼する事も出来ます。
しかしその場合、産業廃棄物として処理されるため、費用が割高になるのです。

また、リフォームや建て替えなどの場合に多いのが、建設業者が解体業者を紹介してくれるというケース。
一見お得に感じますが、この場合には中間マージンが発生する事がほとんどなのです。

そこで、平塚市のゴミの日を利用して不要品を処分したり、紹介ではなく自分で業者を探すなど、出来る事は意外に多くあります。
少しの手間を掛ける事で、解体費用は安く抑えられるでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、複数の業者から見積りを取り、価格競争をさせましょう。
見積りの内容を比較する事で、より優良な業者を選ぶ事にも繋がります。

とは言え、複数の業者を回り見積りを取るのは難しいものですよね。
そこでオススメなのが、一括見積りサイトです。

ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
また、このようなサイトには厳しい審査基準があり、業者の登録時にしっかりとふるいにかけています。

ですので、いわゆる「悪徳業者」に当たるリスクを軽減出来るのも、オススメ出来るポイントなのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、平塚市近郊の解体業者も多数登録しています。

気になる方は、是非一度、見積りだけでも取ってみると良いでしょう。

平塚市と解体のまとめ

平塚市と解体のまとめ

神奈川県平塚市の解体費用の相場は、坪単価2.8万円~5.0万円ほどです。
ただし、様々な条件によって変動しますから、あくまでもおおよその相場として参考にして下さい。

解体費用を安く抑えるには、平塚市の補助金制度を利用しましょう。
また、解体業者は自分で探し、複数の会社から見積りを取る事がポイントです。

見積りサイト等を利用する事で、自分でも簡単に優良な業者を見つける事が出来るでしょう。