広島市の解体

瀬戸内海に面し、穏やかな気候と自然に恵まれた広島県。
県庁所在地である広島市は、人口約120万人の中国・四国地方では最大の都市です。

そんな広島市周辺で、建物の解体工事をお考えの方もいる事でしょう。
実は、解体費用の相場は、地域によって少しずつ異なります。

今回は、広島県広島市の解体費用の相場について、詳しく解説しましょう。

広島市の解体費用の単価坪は?

広島県広島市の解体費用の相場は、どれくらいなのでしょうか。
坪単価や実際の費用例をまとめてみました。

広島市の解体費用の坪単価

広島市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.2万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 5.0万円

解体費用の相場というのは、大きく分けて建物の構造によって異なります。
その差は、解体に掛かる「手間」や「時間」です。

鉄骨や鉄筋を用いて作られた建物は、大変頑丈に出来ています。
その分、取り壊すのにも大変な手間が掛かるのです。

特殊な重機や多くの人員を必要としますから、その分費用が高くなる傾向にあります。
ですから、木造よりも鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物の方が、解体費用の坪単価は高くなります。

ただし、鉄骨などの金属はリサイクル出来るため、業者が買い取りをしてくれるケースが多いのです。
広島市のように、鉄骨造の解体費用の相場が木造よりも安いような地域では、金属の買取り価格が高い事が予想されます。

また、解体工事ではこの他に、人件費や燃料費、設備費、産業廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。
「坪単価×坪数」にプラスその他の費用を忘れないようにしましょう。

広島市の解体工事の費用例

広島市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 60.2坪 173万円 8日間
RC造3階建 41坪 127.8万円 20日間
木造平屋 15.8坪 40.4万円 3日間
木造2階建 31坪 105万円 7日間
鉄骨造2階建 33坪 84.6万円 9日間

解体費用には相場こそありますが、実際にはご覧のように、物件によって異なります。
それは、建物の大きさや立地、工事の時期や依頼する業者など、様々な条件によって解体費用が変動するからです。

例えば、同じ構造や坪数の建物であっても、解体に掛かる費用までほとんど同じになるとは限りません。
ですから、上記は数ある事例のほんの一部として、参考程度にご活用ください。

広島市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

広島市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は様々な要因によって変動するというお話をしました。
相場よりも高くなるのは、なるべく避けたいものですよね。

広島市で解体工事を行う場合に、費用が高くなるのはどんなケースなのかを解説しましょう。

アスベストを含んだ建物

築年数を重ねた古い建物の解体において、気をつけたいのが「アスベスト」です。
社会問題にもなっていますから、メディア等で耳にした事があるという方は多いでしょう。

このアスベストを含む建物の解体工事は、費用が相場よりも高くなります。
アスベストは、かつては「奇跡の鉱物」とも呼ばれた天然の鉱物繊維の一種です。

建材に多く使用されていましたが、人体への影響がある事が発覚。
現在は使用禁止になっています。

しかし、アスベストが規制される前に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている事が珍しくないのです。
アスベストは細かい繊維から成っており、吸い込んでしまうと様々な健康被害を招きます。

ですから、アスベストを含有した建物の解体工事は、専門業者しか出来ないため費用が高くなるのです。
後程ご紹介しますが、広島市にはアスベストの除去等に関する補助金制度が設けられています。

含有調査に関しても補助がありますから、気になる方は是非ご活用ください。

狭小地での解体工事

広島市は、人口が全国第10位にもなった大都市です。
当然、住宅密集地も多い事でしょう。

そこで、気になるのが立地条件です。
狭小地に建つ建物の解体工事は、費用が高くなる傾向にあります。

重機が入れず手作業が増えたり、交通誘導員を置くなど、非常に手間が掛かるからです。
また、隣家との距離が近ければ、騒音や粉塵対策の設備を強化しなくてはなりません。

これらの理由により、工期も長くなるでしょう。
広島市で、住宅街や入り組んだ場所に立つ建物の解体をお考えの方は、費用を多めに用意しておくと安心です。

広島市で解体費用を抑えるためのポイント

広島市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は様々な条件によって変動します。
しかし、逆に安くなる事もあるのです。

広島市で、解体費用を安くするポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

広島市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

広島市には、解体工事の際に利用できる補助金制度があります。

制度 内容
広島市民間建築物吹付けアスベスト除去等補助制度 建築物に使用された吹付けアスベストの分析調査や除去工事等を行う場合に掛かる費用の一部を補助
広島市がけ地近接等危険住宅移転事業補助金 土砂災害特別警戒区域などに建てられている住宅の移転費用の一部を補助
広島市住宅耐震改修補助制度 耐震性が十分でない住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助

耐震に関しては、住宅の耐震診断費用・改修工事の図面等の作成に要する費用の一部も補助してくれます。
このような制度を利用する事で、解体費用は大きく削減できるでしょう。

しかし、これらの制度は誰でも簡単に受けられるものではありません。
自治体の定めた基準があり、それをクリアしなければ受けられないのです。

それには、事前の審査や申請が必要ですから、しっかりと手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事を進める中で、実は自分で出来る事というのは意外に多くあります。
例えば、不要品の処分は業者に依頼する事も出来ますが、産業廃棄物とされてしまうため費用が割高になります。

広島市のゴミの回収やリサイクル等を利用すれば、費用はほとんど掛かりません。
また、解体業者も出来れば自分で探し、直接契約をする事をオススメします。

リフォーム会社や建設会社などに紹介を依頼すると、中間マージンが発生するからです。
解体後に行う「建物滅失登記」も、実は自分で行う事も出来ます。

このように、手間を掛けてでも様々な項目を自分で行う事により、解体費用の節約になるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えられるかどうかは、業者選びから関係しています。
複数の業者から「相見積り」を取り、比較しましょう。

価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があります。
また、見積りの内容や業者の対応を比較する事も出来ます。

とは言え、相見積りを取るために複数の業者を回るのは、難しい事です。
そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」。

ネットで簡単に、相見積りを取る事が出来ます。
そのようなサイトでは、業者の登録の際に厳しい審査基準を設けています。

そのため、いわゆる「悪徳業者」にあたるリスクを軽減できるのも、オススメのポイントなのです。
近年、解体工事業界では、事故や不法行為などが目立ちますから、ふるいに掛けておいてくれるのは安心でしょう。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、広島市周辺の解体業者の登録もあります。
気になる方は、是非利用してみて下さい。

広島市と解体のまとめ

広島市と解体のまとめ

広島市の解体費用の相場は、坪単価2.8~5.0万円ほどです。
またこの他に、人件費や燃料代、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。

ですから、「坪単価×坪数+その他の費用」という計算をしましょう。
広島市には、解体工事の際に利用できる補助金制度があります。

事前の申請が必要ですが、活用する事で解体費用の大きな削減になるでしょう。
解体費用を抑えるには、業者選びは自分で行う事をオススメします。

複数の業者から見積りを取り、比較するのがポイントです。
見積りサイト等を利用すれば、初めての業者探しでも完全・且つ簡単に優良業者を見つける事が出来るでしょう。