解体と福岡市

所有する住宅や店舗などの解体を考えた時に、気になるのが費用ですよね。
しかし、解体費用の相場は、地域によって少しずつ異なります。

中でも今回は、福岡県の県庁所在地である福岡市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。
事前におおよその費用を把握し、しっかりと資金計画を立てましょう。

福岡市の解体費用の単価坪は?

福岡市で解体工事を行った場合の、費用の相場をまとめてみました。
坪単価や費用例をご覧下さい。

福岡市の解体費用の坪単価

福岡市の解体費用の坪単価は、以下の通りです。

構造 坪単価
木造 2.6万円
鉄骨造 2.1万円
RC造 5.8万円

上記は、建物の解体に掛かる費用のみの相場です。
工事の項目としてはこの他に、ブロック塀やカーポートの撤去、庭の木の処分など、様々な付帯工事があるでしょう。

また、人件費や設備費、重機の燃料代などの「その他の費用」も忘れてはなりません。
解体費用が建物の構造別に異なるのは、それぞれ解体に掛かる手間が違うからです。

特に複雑な構造のRC(鉄筋コンクリート)造の建物の解体には、多くの費用が掛かります。
反対に、木造の建物の解体は、比較的安く済む事が多いでしょう。

福岡市の解体工事の費用例

福岡市で、これまで実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造平屋 30坪 132.5万円 7日間
RC造2階建 46.8坪 198万円 16日間
木造2階建 45坪 160.8万円 8日間
鉄骨造3階建ビル 135坪 1370万円 60日間
木造2階建 34坪 115.8万円 7日間

  

解体工事は、立地や工事を行う際の気候、依頼する業者など様々な条件によって変動します。
ですから、例え同じ構造や大きさであっても、費用まで同じになるとは限らないのです。

ですから、上記は数ある事例の一部として、おおよその参考程度に活用して頂けたらと思います。

福岡市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

福岡市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

住宅などの解体に掛かる費用は、様々な条件によって相場を上回ったり下回ったりします。
福岡市での解体工事において、費用が高くなるのはどんなケースが考えられるのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

解体費用が高くなる要因の一つが「アスベスト」を含有しているケースです。
近年、社会問題にもなっていますから、耳にした事がある人も多いのではないかと思います。

アスベストとは、天然の鉱物繊維の一つ。
熱にも、酸やアルカリにも強い事から、かつては「奇跡の鉱物」と呼ばれ、多くの建材に使用されていました。

しかし、健康被害を招く事が発覚したため、現在では使用が禁止となっています。
建物の解体によって飛散したアスベストを吸い込んでしまうと、肺がん等の病気の原因となります。

ですから、アスベストの処理に関しては、専門業者しか行う事が認められていません。
その分、解体費用が高くなるのです。

古い建物には、未だにアスベストが含まれている可能性があります。
福岡市で、築年数の経った建物の解体をお考えの方は、事前にアスベスト含有の有無を調査しましょう。

狭小地での解体工事

福岡市は、日本6大都市の一つとされ、いわゆる「都会」と呼ばれる地域です。
家屋や店舗などの建物が密集した場所も多い事でしょう。

そのような密集地の場合、1軒あたりの敷地面積や、隣接する道路が狭い物件もあります。
重機や作業車が入れない場合は、手作業が多くなり工期が掛かります。

また、隣との距離が近く養生などの設備を強化しなくてはならないケースでは、設備費が高くなるでしょう。
このように、狭小地での解体工事も、費用が高くなる要因の一つなのです。

福岡市で解体費用を抑えるためのポイント

福岡市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用が高くなるケースについてお話しましたが、逆に安く抑えるポイントもあります。
詳しく見ていきましょう。

福岡市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

福岡市には、解体工事の際に利用できる補助金制度や助成金制度が設けられています。

制度 内容
危険なブロック塀等除去工事補助金交付事業 道路に面している危険なブロック塀等の除却費用の一部を助成
木造戸建住宅の耐震建替費補助事業 耐震診断の結果「倒壊する可能性が高い」と判定された木造戸建住宅の建替工事を行う際の、費用の一部を助成
福岡市民間建築物吹付けアスベスト除去等対策事業 民間建築物の所有者等が行うアスベストの分析調査及び除去等工事にかかる費用の一部を補助

このような制度を利用する事で、解体費用は安く抑えられるでしょう。
ただし、事前の申請・審査が必要な制度や、その年の予算が終わり次第終了というものもあります。

該当している方は、工事が始まる前に、しっかりと手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用を抑えるには、なるべく業者に依頼する項目を減らす事です。
例えば、不要品の処分や、業者選びなど、自分で出来る事は自分で行いましょう。

解体の際に出る不要品の処分は、解体業者に依頼する事も出来ます。
しかしその場合、家庭から出たごみであっても、産業廃棄物としての処分になるため、費用が高くなるのです。

福岡市のごみの日や粗大ごみの回収などを利用すれば、数百円~数千円で処分する事が出来ます。
また、建て替えやリフォームなどの場合、建設業者経由で解体業者を紹介してもらえる事があります。

ただし、そのような場合には中間マージンが発生するケースも多いのです。
ですから、自分で業者を探し、直接契約をしましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、業者選びも重要なポイントです。
事前に複数の業者から見積りを取り、比較する事が大切でしょう。

業者同士に価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があります。
また、見積りの内容も数社を比較した方が、より優良な業者を選ぶ事が出来るでしょう。

自分で業者を選ぶのが不安だという方には、「一括見積りサイト」がオススメです。
ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。

当サイトがオススメする見積りサイトでは、業者の登録の際に厳しい基準で審査をしています。
そのため、自分で業者を探しても、いわゆる「悪徳業者」にあたるリスクを軽減できるのです。

福岡市近郊にある解体業者も多数登録がありますので、気になる方はぜひ一度、見積りを取ってみて下さい。

福岡市と解体のまとめ

福岡市と解体のまとめ

福岡市で解体工事に掛かる費用は、2.6~5.8万円ほどが相場です。
建物の構造や立地、アスベストの含有など、様々な条件によって変動します。

解体費用を安く抑えるには、福岡市の設ける補助金制度を利用しましょう。
また、複数の業者から見積りを取って比較する事も、価格競争に繋がり効果的です。

見積りサイトなどを活用し、より信頼の出来る解体業者を選びましょう。