府中市の解体

東京都の西側に位置する多摩エリア。
中でも府中市は、市内に駅が13もあり、都心へのアクセスも良い便利な街です。

住宅の多い地域と商業地域が分かれており、公園も多く非常に住みやすいのが特徴。
多くの人が生活をする府中市ですから、解体工事をお考えの方もいる事でしょう。

そこで今回は、府中市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。
解体費用の相場は地域によって異なりますから、是非参考にしてみて下さい。

府中市の解体費用の単価坪は?

府中市で解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
実際の費用例や、坪単価を見てみましょう。

府中市の解体費用の坪単価

府中市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。
このように、建物の構造によって、坪単価は異なります。

構造 坪単価
木造 3.3万円
鉄骨造 4.0万円
RC造 5.4万円

木造に比べ、鉄骨や鉄筋を使用した建物は、頑丈に出来ています。
しかしその分、取り壊すのにも手間が掛かるのです。

特殊な重機を使用したり、解体する工程が複雑であるなど、多くの工期や人手を要します。
その分、人件費や現場の維持費がかさみ、費用が高くなるのです。

また、上記は建物の解体に必要な費用の相場あって、工事のトータル的な金額ではありません。
解体工事にはこの他に、重機の費用料や産業廃棄物の処分代、設備費など、様々な費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

府中市の解体工事の費用例

府中市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少しご覧ください。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 33坪 79.6万円 7日間
内装解体 8坪 53万円 2日間
木造2階建 18.5坪 83万円 5日間
木造平屋 22.5坪 57.9万円 4日間
軽量鉄骨造1階建 22.5坪 81.5万円 12日間

上記は、あくまで参考程度にお役立て下さい。
解体工事には相場こそありますが、ご覧のようにその通りになるケースばかりではありません。

なぜなら、工事の内容や範囲、立地条件などは、物件によって違うからです。
また依頼する業者の経験等によっても異なります。

解体費用は、様々な要因によって変動するという事を、覚えておきましょう。

府中市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

府中市で解体費用が高くなるのはどんなケース

いくら費用が変動すると分かっていても、予想を大きくオーバーしてしまうのは、避けたいものです。
府中市で解体費用が高くなるケースについて、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

府中市は、非常に住みやすいと人気のある町。
古くからそこに住んでいるという人も多い事でしょう。

建物の老朽化に伴う解体工事を行うケースも多いかと思います。
築年数の古い建物の解体工事では、アスベストの含有について注意をはらいましょう。

アスベストは、髪の毛の5000分の1ほどの細かな繊維から成る天然鉱物の一種。
吸い込む事で肺に刺さり、様々な病気を引き起こすのです。

ですから、アスベストを含む建物の解体は危険を伴うため、費用が高くなる傾向にあります。
アスベストの危険性は今でこそ問題となっていますが、発覚する以前は「奇跡の鉱物」と呼ばれ、重宝されていました。

現在は使用が禁止されていますが、1990年代頃までは建材に多く使用されていたのです。
古い建物には未だにアスベストが含まれている可能性がありますので、事前に含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を左右する大きな要因の一つが、立地条件です。
府中市のような住宅地の多い地域では、狭い場所に建てられた建物も多い事でしょう。

狭小地での解体工事には、相場よりも多くの費用が掛かる傾向があります。
重機や作業車が入れず手作業となれば、工期が長く掛かります。

そうなると、人件費や現場の維持費などが嵩むのです。
また、狭い場所ではどうしても作業効率も落ちるでしょう。

このように、作業がしにくく手間が掛かる事から、狭小地での解体工事には多くの費用が掛かるのです。
狭小住宅や、変形地での解体工事をお考えの方は、多めに費用を用意しておきましょう。

府中市で解体費用を抑えるためのポイント

府中市で解体費用を抑えるためのポイント

様々な要因によって変動する解体費用ですが、高くなるばかりではありません。
少しの手間や工夫次第では、安く抑える事も出来るのです。

ここからは、府中市で解体費用を安く抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

府中市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

府中市では、解体工事の削減に繋がる様々な補助金制度を設けています。
このような自治体の制度を利用する事も、費用を抑える方法の一つです。

木造住宅耐震診断・耐震改修等助成事業

市内の旧耐震基準で建築された木造住宅の耐震診断調査と、この調査に基づく耐震改修・耐震除却・耐震シェルター等の設置に要する費用の一部を助成

特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震助成制度

特定緊急輸送道路沿いの建築物の耐震診断や改修工事に関する費用の一部を補助

空き家改修費補助事業

空き家に対して所有者が行うバリアフリーまたは子育てに配慮した改修工事の費用の一部を補助

府中市の補助金や助成金制度は、多岐に渡り充実しています。
この他にも様々な制度がありますので、気になる方は役所などに問い合わせてみましょう。

ただし、これらの制度は、申請すれば誰でも受けられるというものではありません。
制度ごとに設けられた基準があり、それを満たす建物が対象なのです。

工事が始まってからでは受けられない制度がほとんどですので、余裕を持って申請をしましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事には、建物の取り壊しの他にも様々な工程があります。
全てを業者に依頼すれば簡単ですが、当然費用が高くなるでしょう。

解体費用を抑えたいのなら、自分で出来る事は自分で行いましょう。
解体工事の項目の中には、自分で出来る事も意外に多くあるのです。

倉庫やデッキ、カーポート等の小さな物であれば、DIYが得意な人は自分で解体できる場合もあるでしょう。
また、家屋に残る家財などの不要品の処分は、時間を掛ければ難しい事ではありません。

業者に依頼をする事も出来ますが、産業廃棄物として見なされるため、費用が割高になるのです。
粗大ゴミとして府中市に回収してもらえば、ほとんど費用は掛かりません。

このように、業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用の削減が出来るのです。
費用を安く抑えたいとお考えの方は、「自分で出来る事」を、一度探してみましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

リフォームや建て替えの場合、建設業者から解体業者を紹介されるケースがあります。
紹介なら安心かと思いますが、ほとんどの場合に、中間マージンが発生しているのです。

そのため、解体業者は自分で探して個人で契約をしましょう。
その際に、いくつかの会社から見積りを取り、比較をするのがポイントです。

業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があります。
しかし、いくつもの業者に見積りを取りに回るのは、手間も時間も掛かります。

そこで、オススメしたいのが一括見積りサイトです。
ネットに条件を入力するだけで、簡単に相見積りを取る事が出来ます。

そのようなサイトでは、悪徳業者を避けるために、登録前に様々な審査を行っています。
安全性が高いという点でも、オススメなのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、府中市周辺の解体業者も登録されています。
気になる方は、ぜひ見積りだけでも取ってみて下さいね。

府中市と解体のまとめ

府中市と解体のまとめ

府中市の解体費用の相場は、坪単価3.3~5.4万円ほどです。
ただし、構造や立地、アスベストの有無など、様々な条件によって変動します。

解体費用を安く抑えるには、業者に依頼する項目を減らしましょう。
自分で出来る事を探すだけでも、費用は削減できるのです。

解体業者を選ぶ際には、相見積りを取り比較しましょう。
見積りサイト等を利用すれば、素人の方でも安全に業者選びが出来るのです。