家の解体費用

持ち家のある方は、建て替えやリフォームなど、解体工事を行う機会があるでしょう。
また、実家を相続しても実際にそこに住むのが難しく、更地にするという人も少なくありません。

そこで、把握しておきたいのが家を取り壊すための費用です。
今回は、家の解体費用の相場について、詳しく解説しましょう。

安く抑えるポイントや、業者の選び方についてもご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

家の解体費用の相場は?

家を解体するのに掛かる費用とは、一体どれくらいが相場なのでしょうか。
解体費用と一口に言っても、実は建物の構造や工事を行う地域によって異なるのです。

詳しく見ていきましょう。

家の解体費用の相場が構造や地域によって異なる理由

家の解体費用の相場は、構造によって異なります。
建物の構造には主に「木造」「鉄骨造」「RC(鉄筋コンクリート)造」などがあります。

鉄骨やコンクリート等を使用した頑丈な建物は、木造に比べて解体するのに手間が掛かります。
特殊な重機や多くの人員が必要となるため、解体費用は高くなるのです。

また、工事を行う地域によっても相場は異なります。
これには、物価や気候、解体業者の数など様々な要因が関わっています。

特に、住宅密集地が多い地域では、解体費用は高くなる傾向にあります。
狭小地に建つ家の解体では、重機や作業車が中まで入れず、手作業となる事が多いからです。

ですから、いわゆる「都会」と呼ばれるような地域では、解体費用は高くなる傾向にあるでしょう。

家の構造別の解体費用相場

家の解体費用の相場を、構造別の坪単価でまとめてみました。

坪数 木造 鉄骨造 RC(鉄筋コンクリート)造 長屋等
10坪台 6.1万円 2.9万円 6.3万円 9.6万円
20坪台 3.7万円 3.0万円 4.0万円 3.7万円
30坪台 3.1万円 3.6万円 5.9万円 3.0万円
40坪台 3.0万円 3.2万円 4.0万円 3.5万円
50坪台 3.0万円 3.8万円 4.8万円 3.8万円
60坪台 3.0万円 3.1万円 5.6万円 3.3万円
70坪台 2.8万円 4.2万円 4.5万円 3.4万円

解体費用は、例え同じ構造であっても、建物の大きさによっても変動します。
また、上記は建物の解体に掛かる費用の相場です。

解体工事ではこの他に、人件費や設備費、事務手数料など様々な費用が掛かります。
ですから、解体費用は相場よりも多めに用意しておきましょう。

都道府県別の家の解体費用相場

地域によって異なる家の解体費用。
お住まいの地域の相場が気になりますよね。

そこで、都道府県別の解体費用の相場を、坪単価でまとめてみました。

都道府県 木造 鉄骨造 RC(鉄筋コンクリート)造
北海道 1.8~3.5万円 2.0~3.0万円 2.0~3.0万円
青森 3.0~5.0万円 4.5~5.5万円 5.0~6.0万円
秋田 2.0~3.5万円 2.8~3.5万円 4.0~5.0万円
岩手 2.5~5.0万円 3.5~4.5万円 4.5~5.5万円
山形 3.0~5.0万円 3.0~5.0万円 3.5~6.0万円
宮城 2.0~4.0万円 2.0~5.0万円 3.0~5.0万円
福島 2.0~4.0万円 3.5~5.0万円 3.0~5.5万円
栃木 3.0~4.5万円 2.0~6.0万円 3.0~6.5万円
群馬 2.5~3.5万円 3.5~5.0万円 4.5~5.0万円
茨城 3.0~4.5万円 3.5~5.5万円 4.0~6.5万円
埼玉 3.0~4.2万円 3.8~5.5万円 4.5~6.0万円
千葉 2.7~4.0万円 3.5~5.5万円 3.5~6.0万円
東京 3.5~6.0万円 4.8~7.2万円 6.6~10万円
神奈川 2.9~4.4万円 3.5~5.5万円 3.5~6.0万円
山梨 2.5~3.5万円 2.5~4.0万円 3.0~5.5万円
長野 3.0~4.8万円 3.0~5.0万円 3.5~6.0万円
新潟 2.5~4.5万円 3.0~4.5万円 3.5~5.5万円
富山 2.8~3.5万円 3.0~4.5万円 3.8~5.5万円
石川 2.6〜3.9万円 3.7〜5.6万円 3.9〜5.8万円
福井 2~2.9万円 2.2~3.3万円 2.6~4.5万円
静岡 2.8~3.8万円 2.5~4.5万円 3.5~6.0万円
愛知 3.5~5.0万円 3.5~5.5万円 4.0~6.5万円
岐阜 2〜3万円 2.8〜4.2万円 6.2〜9.3万円
三重 2.5〜3.8万円 2.2〜3.2万円 2.8〜4.1万円
滋賀 2.5~3.7万円 2.3~3.5万円 3.8~5.5万円
京都 2.8~4.0万円 3.5~4.5万円 3.8~5.5万円
大阪 2.5〜3.8万円 3.8〜5.7万円 4.5〜6.0万円
兵庫 2.8~4.5万円 3.0~5.5万円 3.5~6.0万円
奈良 3.0~4.5万円 2.8~5.0万円 3.5~6.0万円
和歌山 2.8~3.5万円 2.8~5.0万円 3.0~5.0万円
島根 2.8~3.5万円 3.5~5.0万円 3.5~5.0万円
鳥取 2.8~3.5万円 3.5~5.0万円 3.5~6.0万円
岡山 2.8~4.5万円 3.0~4.8万円 3.8~5.0万円
広島 2.8~3.8万円 3.1~4.9万円 4.2~5.5万円
山口 2.6〜4.0万円 3.0~4.5万円 3.8~5.0万円
香川 3.0~4.5万円 3.0~4.5万円 4.0~5.5万円
徳島 3.0~4.5万円 3.5~5.5万円 5.0~6.0万円
高知 3.0~4.5万円 3.5~5.5万円 4.5~6.0万円
愛媛 2.8~4.0万円 3.0~4.5万円 4.0~5.5万円
福岡 2.1〜3.2万円 1.7〜2.5万円 4.4〜6.6万円
佐賀 1.8~3.2万円 1.8~3.5万円 3.0~5.5万円
長崎 2.0~4.5万円 2.5~5.5万円 4.5~6.0万円
大分 2.3~3.4万円 2.0~4.5万円 2.1~5.5万円
熊本 2.0~3.0万円 2.0~3.5万円 3.6~5.5万円
宮崎 1.8~3.5万円 2.8~4.5万円 3.0~5.0万円
鹿児島 2.0~4.0万円 1.8~3.5万円 2.5~5.0万円
沖縄 2.6万円 3.1万円

     

このように、解体費用の坪単価は地域によって様々です。
また、解体費用は、立地条件や業者の技術、整地の完成度などによっても変動します。

詳しくは、業者の立ち会いのもとに行われる「現場見積り」の際に確認してみるのが確実でしょう。

実際の家の解体工事の費用例

実際にこれまでに行われた、家屋の解体工事の費用例について、少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用
木造2階建 33坪 132.6万円
軽量鉄骨造2階建 32坪 153万円
木造2階建 49.7坪 139万円
木造平屋 25坪 70万円
RC造2階建 28坪 142.2万円
アパート・長屋 42坪 190万円

上記は、数ある事例のほんの一部です。
同じ構造や大きさであっても、費用まで同じになるとは限りません。

ですから、資金計画の為のおおよその参考材料として、ご活用下さい。

家の解体以外に掛かる費用

家の解体以外に掛かる費用

先述したように、家屋の解体工事では建物の解体費の他にも、様々費用が掛かります。

  • 人件費
  • 設備費
  • 燃料費
  • 産業廃棄物の処分代
  • 交通誘導員(立地条件によって)
  • 事務手数料

具体的には、上記のような費用が掛かるのです。
また、その他にも解体工事に際して費用が掛かる事がありますので、ご紹介しましょう。

お祓い

新築工事などの際に行うお祓いと言えば「地鎮祭」です。
しかし、実は解体工事でも「解体清祓い」と呼ばれるお祓いを行います。

この解体清祓いに関しては、必ずしも行わなければならないと言うものではありません。
信仰する宗教や、依頼主を含む家族の気持ちなどによって判断されます。

解体工事の際のお祓いに関する費用は、3万円程度が一般的な相場です。
ただし、お願いする神社や流派、神主さんの出張費などによっても変動します。

「解体清祓い」は、これまでの感謝の気持ちや解体工事の安全を祈るものですから、気になるという方は是非行っておくと良いでしょう。

家具などの不要品の処分

解体工事の際に出るのが、不要品です。
特に、古家や空き家などの場合には、家具や家電など多くの不要品が出る事があります。

これらの処分は、解体業者に依頼する事が出来ます。
費用が掛かりますが、解体工事でも多く出る木材やプラスチック、金属に関しては、産業廃棄物とまとめて安く処分してくれる業者もあるようです。

家の解体費用を安くする方法

家の解体費用を安くする方法

家を取り壊すのに、費用は出来る限り安く抑えたいものですよね。
解体費用を安く抑えるポイントについて、ご紹介します。

古い家屋の解体で利用したい補助金制度

多くの地域に設けられているのが、補助金や助成金制度です。
特に、危険空き家の修繕や除却に関する制度は、全国的に見ても非常に多いと言えます。

ですから、古い家屋の解体をお考えの方は、お住まいの地域の補助金制度について確認してみましょう。
また、その他にもリフォームやアスベストの除去、ブロック塀の撤去など、解体工事の際に利用できる補助金制度は数多くあります。

このような制度を活用する事で、解体費用の削減になるでしょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

家の解体費用を抑えるには、自分で出来る事はなるべく業者に依頼しないという事がポイントです。
例えば、先ほどのお話した不要品の処分に関しては、業者に頼めば費用が高くなります。

しかし、地域のごみの日や粗大ごみ等を利用する事で、数百円~数千円で処分をする事が出来ます。
また、業者探しにおいても、紹介などの場合には中間マージンが発生するケースがほとんどです。

そこで、自分で業者を探して直接契約をすれば、中間マージンの削減になり費用を抑える事に繋がります。
このように、自分で出来る事は業者を頼らず自分で行う事で、解体費用を抑えられるのです。

解体費用を安くする業者の選び方

家屋の解体費用を安くするには、業者の選び方も重要なポイントです。
始めから1社に決めるのではなく、複数の業者から見積りを取って比較しましょう。

価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があります。
また、内容を比較出来るので、より自分に合った優良な業者を選ぶ事にも繋がります。

いくつのも業者とアポを取るのが難しいという人には、ネットでの見積りがオススメ。
「見積り一括サイト」などを利用すれば、自宅に居ながら簡単に複数の業者から見積りを取る事が出来ます。

このようなサイトでは、登録の際に厳しい基準で業者を審査しています。
ですから、いわゆる「悪徳業者」を避ける事が出来るのも、オススメのポイントなのです。

家の解体費用のまとめ

家の解体費用のまとめ

家の解体費用は、建物の構造や大きさ、工事を行う地域によっても異なります。
また、立地条件や依頼する業者、工事の時期などによっても変動します。

解体費用を安く抑えるには、補助金制度を利用しましょう。
また、自分で出来る事はなるべく業者に依頼しないという事も、重要なポイントです。

複数の業者から見積りを取って価格競争をさせるのも効果的でしょう。
解体工事では、建物の解体費の他に、様々な費用が掛かります。

ですから「坪単価×坪数」の他に、その他の費用の用意を計算に入れておく事を忘れないようにしましょう。