家を壊す際の手続き

建て替えや老朽化など、様々な理由により家を解体しなければならない機会がありますよね。
しかし、自分が所有する建物だからと言って、いつでも自由に解体して良いというものではありません。

法律上、事前に様々な手続きや申請が必要なのです。
そこで今回は、家を取り壊す際に必要な手続きについて、詳しく解説したいと思います。

家を取り壊す際に必要な手続き

家を取り壊す際には、様々な手続きや申請が必要です。
法律的に義務化されているものもあれば、しないと自分自身が困ってしまうものもあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

家を取り壊す際は建設リサイクル法の事前申請の手続きを

まず、家を取り壊す前に忘れてはならない手続きが、「建設リサイクル法の事前申請」です。
建設リサイクル法とは、正式名称を「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律」と言います。

延床面積が80㎡以上の建物の解体工事を行う場合、工事着工の7日前までに届け出る事が義務付けられています。
工事の内容、発生する廃棄物の量や処理方法などを、都道府県知事に届け出なけらばならないのです。

この申請を怠ると、厳重注意の後、最大20万円の罰金が課せられる事があります。
建設リサイクル法の事前申請は、ほとんどの場合には解体業者が行ってくれます。

ただし、法律上の申請義務は施主にありますから、しっかりと業者に確認をする事が必要です。
また、業者に依頼する場合には「委任状」を出す必要があるため、業者から何の話も無い場合には、こちらから聞いてみましょう。

家を取り壊す前に道路使用許可申請の手続きをしよう

解体工事を行う敷地内に、重機や作業車両を停められるスペースがある場合は、特に問題はありません。
しかし、住宅が密集しているような場所では、公道に車両を停めなければならないのです。

その場合、家を取り壊す工事が始まる前に、「道路使用許可申請」という手続きをしなければなりません。
手続き方法としては、お住まいの地域を管轄している警察署へ届け出ます。

道路使用許可申請については、解体業者が届出を行う場合が殆どですが、怠った場合には様々なトラブルに発展し兼ねません。
事前にしっかりと、業者に確認をしておきましょう。

家を取り壊す前にライフラインの停止手続きを

家を取り壊す前に忘れては困るのが、電気やガス、電話やインターネット等の、ライフラインの停止手続きです。
電気は、お住まいの地域を管轄している電力会社に連絡をして停止をしましょう。

ガスはプロパンガスならボンベや明細書に記載してある連絡先に、都市ガスならお住まいの地域を管轄しているガス会社に連絡をすると手続きが出来ます。
電話やインターネットの停止は忘れてしまいがちですので、気をつけましょう。

また注意点として、水道は工事前には止めてはいけません。
解体工事では、ご近所への粉塵対策として水を撒きながら作業を行います。

これを「散水」言いますが、その際に水道の水が必要なのです。
もしも水道の水が使用できない場合には、別に散水用のタンクなどを設置します。

思わぬ費用が掛かりますから、水道は工事が終わるまで使えるようにしておきましょう。

家を取り壊すのが済んだら建物滅失登記の手続きを

家などの建物を取り壊すのが済んだら、解体後1ヶ月以内に「建物滅失登記申請」を行わなければなりません。
建物が無くなった事を、届け出るのです。

「登記」と言っても、必要書類を揃えて法務局に提出するだけですから、簡単な手続きと言えます。

建物滅失登記は自分で行う事で費用を節約

建物滅失登記は、自分で行う事も専門家に依頼する事も出来ます。
専門家(土地家屋調査士)に依頼する場合、およそ4万円~5万円程度の費用が掛かります。

しかし、自分で行えばその分の費用が節約できるでしょう。
自分で行うのに必要な書類は、以下の通りです。

  • 滅失登記申請書
  • 建物滅失証明書
  • 解体業者の印鑑証明書
  • 会社の資格証明書
  • 印鑑証明書

建物滅失登記は、書類さえ揃えば自分でも簡単に出来る手続きです。
必要な書類や申請方法などは、法務局のホームページで確認・ダウンロードする事が出来ます。

家を取り壊す前に確認しておくと良いでしょう。

建物滅失登記をしなかったらどうなる?

家を取り壊す工事が完了しても建物滅失登記をしなかった場合、罰則として10万円以下の過料が課せられます。
刑罰ではありませんが、手続きをせず放っておいた場合、売却や相続の際のトラブルにも発展し兼ねません。

難しい手続きではありませんから、解体が済んだら速やかに行ってしまいましょう。

家を取り壊すのに必要な手続きは信頼出来る業者に頼もう

家を取り壊すのに必要な手続きは信頼出来る業者に頼もう

解体工事は、信頼できる業者に依頼する事が重要です。
家を取り壊す際には様々な手続きが必要ですが、前述したように業者が行ってくれるものもあります。

そのような手続きに関する知識は、素人にはない事が多いでしょう。
ですから、解体工事に関わる手続きや申請をしっかりと行ってくれる業者に依頼する事がポイントなのです。

信頼できる解体業者を選ぶには、事前に数社からの見積りを取る事をオススメします。
幾つかの見積りを比較する事で、より信頼できる優良な業者を見極める事が出来るのです。

しかし、複数の業者に足を運んで見積りを取るのは大変な事でしょう。
そこで、オススメなのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
また、この様なサイトでは、業者の登録の際に様々な審査を行っています。

ですから、いわゆる「悪徳業者」に当たるリスクを軽減できる点も、オススメのポイントなのです。

家を取り壊すのに必要な手続きのまとめ

家を取り壊すのに必要な手続きのまとめ

家を取り壊す際には、建設リサイクル法の事前申請や建物滅失登記など、様々な手続きが必要です。
解体業者が行ってくれるものもありますが、施主としてしっかりと確認をしましょう。

また、手続きや申請が滞りなくされるためには、信頼できる業者に依頼する事も重要なポイントです。
事前に複数の業者から見積りを取り、比較する事で優良な解体業者を選びましょう。