解体工事の時間

解体工事は大きな建物を壊す訳ですから、当然騒音や振動を伴います。
仕方がない部分もありますが、ご近所にとっては正直迷惑な部分も多い事でしょう。

一時的な事として、理解をしてくれているかと思います。
しかし、もしも早朝や夜中に解体工事をしていたとしたらどうでしょう。

日中はともかく、夜中の作業は大変な迷惑です。
ご近所トラブルにも発展しかねません。

そこで今回は、解体工事の作業時間について、詳しくお話しましょう。

解体工事は騒音を伴うため時間が決められている

解体工事を行っても良い時間帯は、法律で定められています。
解体工事は業者が行うものですが、近隣に迷惑がかからないように配慮するのも、施主としての責任です。

ですから、知識として持っておくと良いでしょう。

早い時間や遅い時間の解体工事は近隣に迷惑

建物の解体工事は、騒音や振動はもちろん、ほこりや通行の妨げなど近隣の住民に様々な迷惑をかける事になります。
そんな中でも、朝早くや夜中の騒音・振動は近隣住民の睡眠などを妨げるだけでなく、それに伴い日中の活動にも影響を及ぼすでしょう。

最低限の常識時間帯には工事を行わないというのが、当然の配慮と言えます。

解体工事の時間は騒音規制法に則って行う

解体工事の作業時間については「騒音規制法」という法律によって様々な取り決めがされています。
また住宅地や商業地などの「1号区域」と、工業地域の「2号区域」に分かれており、作業時間や時間帯、騒音の大きさなども決められているのです。

解体予定の場所が、どちらの区域に当てはまるのかについても事前に確認しておくと良いでしょう。

騒音規制法の内容

騒音規制法で定められている解体工事の時間は以下のとおりです。

区域 作業時間帯 1日の作業時間 騒音
第1号区域 午前7時~午後7時 10時間以内 85db(デシベル)以下
第2号区域 午前6時~午後10時 14時間以内 85db以下

また、自治体によっても条例などで様々な取り決めがされています。
一度確認しておくと良いでしょう。

時間を守らない解体工事は近隣トラブルのもと

時間を守らない解体工事は近隣トラブルのもと

騒音規制法により解体工事に関する時間は色々と決められています。
しかし「キリの良い所まで作業をしたい」「工期の遅れを取り戻したい」などの理由から、時間を守らない業者もいるようです。

時間を守らず工事を行う事が続けば、近隣からの苦情は避けられませんし、場合によっては近隣トラブルにも発展しかねません。
施主は法律で定められた作業時間を把握し、ご近所に迷惑をかける前に注意を促す事も必要でしょう。

時間を守って解体工事を行う業者を選ぶ事

解体業者を選ぶ基準は、費用や口コミなど様々でしょう。
当たり前の事ではありますが、作業時間をしっかりと守って工事をしてくれるかどうかも、重要なポイントです。

解体工事中は、施主がずっと工事を見守っている訳ではありません。
ですから、知らず知らずのうちにご近所に迷惑をかけないよう、見積もりの段階でしっかりと話をしておきましょう。

解体工事は時間を守る事と近隣への配慮も忘れずに

解体工事は、騒音規制法に則った時間で行う事が重要です。
しかし、法律さえ守っていれば良いという訳ではありません。

作業時間というのは、重機が動き出す時間を指します。
その前に準備をしたり、手作業で行える解体工事を行う事もあるのです。

また、人によっては「赤ちゃんがいる」「夜勤で朝早くから眠りにつく」など、様々な事情があるでしょう。
法律を守っていても、近隣に迷惑をかける事もあるという事を忘れてはいけません。

ご近所のストレスを少しでも軽減するためにも、近隣トラブルを防ぐためにも、工事の前の挨拶は重要です。
その際に、時間帯についての説明をしておくと良いでしょう。

解体工事の時間やマナーを守る業者を選ぶには?

解体工事の時間やマナーを守る業者を選ぶには

解体工事の時間やマナーをしっかりと守って作業をしてくれる業者を選ぶには、複数の業者から見積もりを取るのがオススメです。
特に、ネットでの一括見積もりなどは、信頼性の高い業者を既にふるいにかけている所が多いもの。

つまり、マナーの悪い業者に当たるリスクを低減出来ます。
また、気になる費用に関しても、相見積もりをする事によって抑えられる可能性が高いでしょう。

解体工事と時間のまとめ

解体工事と時間のまとめ

解体工事の時間帯や作業時間などは「騒音規制法」という法律によって細かく定められています。
また、自治体ごとの条例もあるのです。

しかし、時間を守らない業者も確かに存在します。
早朝や夜中の作業、度を越えた騒音などはご近所に迷惑をかけ、近隣トラブルにも発展しかねません。

事前に複数の見積もりを取り、時間をしっかりと守って作業を行ってくれる業者を選びましょう。