解体工事と事故

解体工事では、大きな建物を取り壊すため、様々な危険を伴います。
中でもあってはならないのが「事故」です。

しかし、実際に解体工事での事故の事例は多く存在します。
解体工事を行う際には誰もが、事故など起こらず無事に完了して欲しいと思うものですよね。

そこで今回は、解体工事での事故の種類や事例、安全対策について詳しくお話したいと思います。

解体工事での事故の種類とは?

多くの危険を伴う解体工事では、様々な種類の事故が起こる可能性があります。
実際にどんなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

重機の衝突

解体工事中に起こる事故の種類一つに、重機の衝突や横転が挙げられます。
大きな重機の操縦はもちろんプロが行いますが、作業に集中するがあまり通行人や一般車両を見落とす事もあるのです。

多くの場合、監視する作業員をつけますが、それを怠った場合には重機による事故のリスクは上がるでしょう。

隣家を破損

重機で近隣の建物の外壁やフェンスを破損してしまうという事故があります。
これは作業員の不注意によるものや、本来必要な監視員を置かなかった事により発生します。

隣家が近い場合には、特に注意を払わなくてはなりませんが、作業に集中しているとうっかり操作を誤ってしまう事があるようです。
解体工事中に近隣の建物を破損してしまった場合、もちろん修繕しなくてはなりません。

費用は業者が保険などで負担をしますが、施主としても知らぬ顔は出来ないでしょう。
挨拶やお詫びに伺わなければなりませんから、出来ればこのような事故は避けたいものです。

外壁の倒壊

解体工事では、先に建物の内側を解体してから、外壁を壊します。
正しく工事を進めなければ、空っぽになった建物の外壁が倒壊する恐れがあるのです。

実際に、通行人が倒壊した外壁の下敷きになってしまったという事故がありました。
不安定な外壁をワイヤーで固定していなかったという、適切な処理を怠ったのが原因で引き起こされた事故です。

このようなずさんな工事は、何の関係もない人の命を奪うかもしれません。
業者には、くれぐれも正しい手順を守って安全に工事を行ってほしいものです。

足場からの転落

解体工事での事故の種類の中に、作業員が足場から転落するというものがあります。
解体工事は高所作業が多いため、常に危険を伴います。

これはご近所に迷惑をかける事故ではないでしょう。
しかし、解体工事の作業をしてくれていた作業員が怪我をしたり命を落とすのは気持ちの良い事ではありません。

作業員にはしっかりと小まめな休息や水分補給をしてもらい、万全の体調で望んで欲しいものです。

足場の倒壊

解体工事では高所作業が多くなりますから、建物のの周りに足場を組みます。
この足場が何らかの原因によって倒壊してしまうという事故があるのです。

足場の倒壊は、通行人に怪我をさせてしまったり、般車両を直撃する可能性もあります。
足場を組む際には、しっかりと固定する事が重要でしょう。

実際にあった解体工事での事故事例

実際にあった解体工事での事故事例

解体工事ではこれまでに、実際に多くの事故事例があります。

外壁が倒壊し高校生が下敷きに

ニュースや新聞でも大きく取り上げられ、まだ記憶に新しいのが岐阜県岐阜市で起こった痛ましい事故です。
解体工事中の建物も外壁が倒壊し、自転車で通りかかった女子高校生が下敷きになり死亡しました。

本来この外壁をワイヤーなどで固定しなければならなかった所を怠った事などが原因とされています。
先ほどの事故の種類でも申し上げましたが、しなければならない安全対策を業者が怠った事で、何の罪もない人の命が奪われてしまう事故は、本来決して起きてはならない事です。

重機の横転によって作業員が死亡

解体工事では、作業員が怪我や命を落としてしまう事故事例もあります。
2014年に東京・墨田区で起きた事故は、労働基準監督署庁舎の解体工事中に発生しました。

現場で作業をしていた重機が横転し、中に当時50代の作業員が閉じこめられてしまったのです。
その後、救急隊による救助活動が行われ病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。

重機の横転による事故は珍しいものではありません。
原因は作業員の不注意の他に指導不足、会社が安全教育を怠った事などが考えられます。

このような痛ましい事故が、この先もう起こらない事を心から願います。

解体工事での事故を防止するための対策

解体工事での事故を防止するための対策

解体工事での事故は、未然に防止するための対策を行う事が重要です。

  • 会社ぐるみで事故防止の安全対策に取り組む事
  • 業者や作業員一人一人の安全に対する意識が高い事

費用を抑えるために、必要な処置や監視員を省いて工事を行うような業者も存在します。
このようなずさんな工事によって、事故が起きるリスクは高まるでしょう。

ですから、まず重要なのは業者の意識です。
プロとして、安全に工事を行うという当たり前の責任感が必要と言えます。

また、施主側の対策としては、信頼出来る優良な解体業者に依頼をするという事が、重要なポイントです。

事故防止の安全対策を怠らない解体工事業者を選ぼう

事故防止の安全対策を怠らない解体工事業者を選ぼう

解体工事での事故を防止するためには、安全対策を怠らない優良な業者を選ぶ事が大切です。
しかし、解体工事とは人生でそう何度も行う機会がある物ではありません。

どこの業社が良いのかなど、知識がない人も多い事でしょう。
信頼出来る解体業者を選ぶには、始めから1社に決めるのではなく、事前に複数の業者から見積りを取る事がポイントです。

いくつかの見積りを見比べる事で、より自分に合った優良な業者を見つける事が出来ます。
ネットの見積りサイトなどを利用すれば、忙しい人でも短時間で簡単に複数の業者から見積りが取れます。

また、そのようなサイトでは、登録の際に業者を審査してふるいにかけています。
ですから、いわゆる「悪徳業者」にあたるリスクが少ないのも、オススメのポイントなのです。

解体工事と事故のまとめ

解体工事と事故のまとめ

解体工事ではこれまで、重機の衝突や足場の倒壊・転落、外壁の倒壊など、様々な種類の事故が発生しています。
作業員を始め、関係のない一般市民を巻き込む痛ましい事故も多いのです。

解体工事での事故は、業者の手抜きとも言える安全対策のずさんさが招く事も多くあります。
会社全体での安全対策・教育を行っていく事が重要でしょう。

また、工事を依頼する側の対策としては、安全対策を怠らない信頼出来る解体業者を選ぶ事がポイントです。
事前に複数の業者から見積りを取り、より優良な解体業者を見極めましょう。