鹿児島市の解体

九州の最も南に位置する鹿児島県。
屋久島、桜島などの大自然や、南国特有の文化を持っています。

鹿児島県の県庁所在地である「鹿児島市」は、人口59万人以上を誇る都市です。
そんな鹿児島市で、空き家の解体やリフォームなどをお考えの方もいる事でしょう。

実は、解体費用の相場は、地域によって異なります。
今回は、鹿児島県鹿児島市の解体費用について、詳しく解説しましょう。

鹿児島市の解体費用の単価坪は?

鹿児島県鹿児島市で家屋などの解体工事を行う場合、どれくらいの予算を見ておけば良いのでしょうか。
坪単価や実際の費用例を参考に、試算してみて下さい。

鹿児島市の解体費用の坪単価

鹿児島市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 2.3万円
鉄骨造 2.0万円
RC造 4.0万円

解体費用の相場は、上記のように建物の構造ごとに異なります。
どんな建て方か、どんな材料を使用しているか等によって、解体に掛かる手間が違うためです。

基本的には、鉄骨や鉄筋を使用した建物は頑丈なため、木造よりも解体費用は高くなる傾向にあります。
また、解体工事ではこの他に、燃料費や人件費、産業廃棄物の処分代など、様々な費用が掛かります。

坪単価だけで試算していると、費用が足りなくなる恐れがありますから注意をしましょう。

鹿児島市の解体工事の費用例

鹿児島市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例について、いくつかご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 48坪 125万円 9日間
木造2階建 40.3坪 123万円 6日間
木造平屋 30.5坪 43.9万円 9日間
RC造2階建 40坪 320万円 24日間
木造平屋 29.5坪 62.8万円 6日間

解体費用にはおおよその相場はありますが、様々な要因によって変動します。
また、建物の解体に掛かる費用の他に、樹木のやカーポート、地中埋設物の撤去など物件によって掛かる項目が異なるのです。

ですから、例え建物の構造や大きさが同じであっても、解体工事の総額に差が出る事は珍しくありません。
上記は、数ある事例のほんの一部です。

おおよその参考として、お役立てください。

鹿児島市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

鹿児島市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

様々な条件によって変動する解体費用。
予定よりも高くなるのは出来れば避けたいものです。

鹿児島市で解体費用が高くなるのは、どんなケースなのでしょうか。
事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

解体費用を高くしてしまう要因の一つが、「アスベスト」です。
1990年代ごろまで、建材として多く使用されていた天然の鉱物繊維であるアスベスト。

空気中に飛散しやすい細かな繊維は、吸い込んだ場合に様々な病気の原因になるのです。
その事実が発覚して依頼、アスベストは規制され、現在では使用が禁止されています。

しかし、規制前に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。
アスベストを含有している建物の解体は危険を伴うため、専門業者による適切な処分が義務付けられています。

ですから、解体費用は相場より高くなるのです。
鹿児島市にも、アスベストが規制される以前に建築された建物はあるでしょう。

築年数の古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用の変動に大きく関わるのが、立地条件です。
中でも、狭小地での解体工事には、多くの費用が掛かるでしょう。

道路が狭く重機が入れないケースや、足場が組みにくいなど、非常に手間が掛かるからです。
そのような場合、多くの人員や工期が必要になります。

場合によっては、交通誘導員を設置する事もあります。
鹿児島市は国内でも人口の多い都市ですから、住宅地も多い事でしょう。

狭小地での解体工事をお考えの方は、多めに費用を用意しておくと安心です。

鹿児島市で解体費用を抑えるためのポイント

鹿児島市で解体費用を抑えるためのポイント

費用が高くなるケースについてお話してきましたが、工夫次第では相場より安く抑えられる事もあります。
鹿児島市で解体費用を抑えるためのポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

鹿児島市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

解体費用を抑えるには、補助金制度を利用しましょう。
鹿児島市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度があります。

制度 内容
鹿児島市空き家活用リフォーム 地域経済の活性化、空き家の有効利用を目的とし、市民が市内の施工業者を利用して、個人住宅のリフォームを行う場合に、その費用の一部を補助
鹿児島市危険空き家解体工事補助事業 市民の安全や良好な生活環境の確保を図るため、危険空家の解体費の一部を補助
鹿児島市民間建築物アスベスト対策事業 アスベストの分析及び除去等の経費に対し一部を補助

上記を活用する事で、解体工事の削減になるでしょう。
ただし、補助金を受けるには、自治体の定める基準を満たさなければなりません。

それには、事前の申請や審査が必要です。
工事が始まってからでは申し込みが出来ない制度も沢山あります。

ですから、解体工事を行う事が決まったら、事前にお住まいの地域を管轄する役所などに問い合わせてみましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

当然の事ですが、業者に依頼する事が多ければ多いほど、解体費用は高くなります。
そこで、自分で出来る事は無いのでしょうか。

実は、解体工事の項目の中で、自分でも出来る事と言うのは、意外に多くあります。

  • 不要品の処分
  • 解体業者探し
  • 建物滅失登記

解体費用の中で多くを占めるのが「産業廃棄物の処分費用」です。
家屋内に不要品が残っている場合、解体時に出る木材などと一緒に業者が処分をしてくれるケースは多いでしょう。

しかし、そこには費用が掛かっており、むしろ割高な事も多いのです。
鹿児島市の粗大ごみの回収などを利用すれば、手間は掛かりますが費用はほとんど掛かりません。

また、建て替えやリフォームなどでは、解体から建設までを一括で依頼する事は多いものですよね。
ですが、多くの場合「中間マージン」が発生しているのです。

中間マージンは工事全体の約10パーセントとも言われています。
解体業者は自分で選んで直接契約をする事で、費用の大きな削減になるでしょう。

さらに、建物滅失登記などの各種届出も、自分出来る簡単なものもあります。
このように、業者に頼する項目を減らす事が、費用を抑えるポイントなのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるために、自分で業者を選ぶ事をオススメしています。
その際には、複数の業者から見積りを取って、比較しましょう。

価格競争に繋がり、費用が安くなる可能性があるからです。
また、見積り内容を比較する事で、費用の相場や業者の質などが分かってくる人もいます。

とは言え、解体業者探しに慣れている人は少ないでしょうから、それ自体に不安を感じる事もあるでしょう。
そんな方にオススメしたいのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
また、そのようなサイトに登録している業者は、サイト側の設けた厳しい基準をクリアした優良業者ばかりです。

慣れない解体業者選びでも、見積りサイトなら安心して出来るでしょう。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、鹿児島市周辺の業者の登録もあります。

気になる方は、一度、見積りだけでも取ってみると良いでしょう。

鹿児島市と解体のまとめ

鹿児島市と解体のまとめ

鹿児島市の解体費用の相場は、坪単価2.0~4.0万円ほどです。
建物の構造や立地条件など、様々な要因によって変動します。

また、庭の植物やカーポート、塀の撤去など、解体工事は建物の解体の他にも多くの費用が掛かります。
ですから、坪単価だけに捉われず、余裕を持った資金計画を立てましょう。

解体費用を抑えるには、業者選びは自分で行う事がポイントです。
見積りサイトなどを利用する事で、初めてでも簡単かつ安全に解体業者を選ぶ事が出来るでしょう。