解体工事のクレーム

家屋の解体工事では、どうしても騒音や振動、粉塵などが発生してしまいます。
法律に触れていなくとも、ご近所の住民にしてみれば迷惑なもの。

解体工事は近隣の理解無しでは出来ません。
しかし、中にはクレームやご近所トラブルにまで発展してしまうケースもあるのです。

そこで今回は、解体工事のクレーム対策や対処法について詳しく解説しましょう。

解体工事でよくあるクレーム事例

解体工事でのクレームには、どのような物があるのでしょうか。
よくある事例についてまとめてみました。

・外に洗濯物を干すとほこりがつくので干せない
・夜勤なのに騒音で眠れない
・ほこりや粉じんで停めていた車に傷や汚れがついた
・騒音で赤ちゃんが眠れない
・振動で外壁にヒビが入った
・騒音で受験勉強中の子供が勉強に集中出来ない
・解体業者のマナーが悪い
・解体業者の車が邪魔

主に騒音に関する事や、ほこり・粉塵(ふんじん)、解体業者のマナーに関する事が多いと言えます。
改善出来るものもあれば、どうしてもある程度は仕方がないものもあるでしょう。

しかし、これらのクレームがご近所トラブルにまで発展すれば、工事終了後の生活にも支障が出てきます。
近隣住民が理解を示してくれるように、解体業者も依頼主も、誠実な対応をする事が重要でしょう。

解体工事でクレームを受けた時の対処法

画解体工事でクレームを受けた時の対処法

例えどんなに法律を厳守し気をつけて作業にあたっていたとしても、クレームが発生してしまう事もあります。
もしも解体工事に関するクレームを受けた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

解体工事のクレーム処理は誰が行うの?

解体工事のクレーム処理は、多くの場合業者が行ってくれるでしょう。
もしも実際に損害が発生した場合には特に、解体業者はすぐに対応しなくてはなりません。

しかし、現実に風当たりが強いのは依頼主である事が多いようです。
「あなたが依頼した工事によって迷惑を被っているんだ」と言いたくなる気持ちもあるでしょう。

また、知っている人だからこそ言いやすいという場合も考えられます。

解体工事のクレームを受けた時は真摯な対応を

解体工事によるクレームを受けた時には、迅速な対応を心がけましょう。
まずはお詫びに伺い、しっかりと相手の主張に耳を傾ける事が重要です。

「思いを吐き出したらもうそれで気が済んだ」という場合もあります。
そして、相手が迷惑だと感じている事を改善する方法があれば、すぐに対応しましょう。

専門的な事は解体業者に対応してもらう事で、納得してもらえるケースもあります。
クレームを受けた時点で、業者に相談すると良いでしょう。

“誰に責任があるか”という事は正直、近隣住民にとってはどうでも良い事です。
迷惑をかけているのは事実ですから、ご近所の理解があってこそという気持ちを忘れず、真摯に対応する事が重要でしょう。

解体工事でクレームを避けるための対策は?

解体工事でクレームを避けるための対策

解体工事でのクレームは、出来る限り未然に防ぐ事がポイントです。
どのような事に気をつけたら良いのでしょうか。

解体工事のクレームを避けるには事前の説明と挨拶を

解体工事でのクレームを避けるには、必ず事前の挨拶と説明をしっかりと行いましょう。
騒音やほこり、振動などが起こってしまう事も伝えておく必要があります。

解体業者と共に伺い、専門的な説明もしてもらうと分かりやすいものです。
また、”何かあったら気軽に相談して下さい”という旨も伝えておく事で、大きなクレームへと発展する前に話してくれる可能性もあるでしょう。

解体工事のクレームを避けるには業者選びは重要

解体工事でのクレームを避けるには、業者選びも重要なポイントです。
なぜなら、騒音や振動などの”仕方がないクレーム”の他に、解体業者の怠慢な行動によるクレームもあるからです。

  • 作業時間を守らない
  • 粉塵対策の散水を怠る
  • 養生シートがボロボロで機能していない
  • 作業員のマナーや素行が悪い

例えば、解体工事などの騒音が発生する工事の作業時間帯は決められています。
しかし、中には作業の遅れを取り戻すため夜遅くや早朝に作業を行う業者もあるのです。

また、粉塵対策の散水を怠っていたり、養生シートがボロボロで機能を果たしていない場合もあります。
作業員がタバコのポイ捨てなど、素行が悪い場合は問題外です。

これらのクレームは、明らかに解体業者の心がけが悪い事から起こっています。
ですから、しっかりと規則やマナーを守って作業を行ってくれる業者を選ぶ事が重要なのです。

それには、事前に複数の業者から見積もりを取り検討する事がポイントでしょう。

解体工事のクレームのまとめ

解体工事のクレームのまとめ

解体工事でクレームが発生しないためには、事前の挨拶と説明は欠かせません。
専門的な事については、業者に説明をお願いしましょう。

もしもクレームが発生してしまった際には、迅速かつ誠意のある対応が重要です。
解体業者の怠慢によるクレームが起こらないためには、信頼出来る業者選びがポイント。

事前に複数の業者から見積りを取り、しっかりと検討しましょう。