解体工事とエアコン

解体工事の際には、建物の中にある不用品を処分しなくてはなりません。
意外と忘れてしまいがちなのが「エアコン」です。

壁の高い場所に付いていますから、ひと通り片付け終わった頃に気づくというキースも多いのかもしれません。
エアコンは、どのように処分したら良いのでしょうか。

解体工事前に取り外す必要があるのか、その方法についても詳しく解説しましょう。

解体工事の前にエアコンは取り外す必要がある?

結論から申し上げますと、エアコンは解体工事前に取り外す必要があります。
もしも解体工事当日にエアコンが残っていた場合、作業の遅れや追加費用がかかる可能性もあるのです。

ですから、エアコンは解体工事前にしっかりと取り外しておく事をオススメします。

解体工事のエアコンの取り外しを業者に依頼する場合

解体工事前のエアコンの取り外しは、解体業者に依頼する事も出来ます。
しかしこの場合、別途料金が発生するでしょう。

また、エアコンの取り外しは解体業者が別の専門業者に依頼する事がほとんどです。
そのため、割高となる可能性があるでしょう。

ですので、出来るだけエアコンの取り外しは、自分で行う事をオススメします。

エアコンはリサイクル法に基づいて処分してから解体工事を

エアコンを含む、テレビや洗濯機、冷蔵庫、パソコンなどは「リサイクル家電」と言い、粗大ゴミとして地域で回収出来ない電化製品です。
これらは、「リサイクル法」という法律に則って処分しなければなりません。

自分でエアコンを処分する場合、事前にお住いの自治体や家電リサイクルセンターに確認を取っておくと良いでしょう。
また、エアコンを購入した家電量販店や、新しく購入する家電量販店に処分を依頼する事も可能です。

解体工事前のエアコンの取り外しは信頼出来る業者に

解体工事前のエアコンの取り外しは信頼出来る業者に

エアコンの取り外しを解体業者の依頼する場合、気をつけなければならない事もあります。
相場以上の高額な費用を請求してきたり、コストを抑えるために不法投棄を行う悪徳業者も存在するのです。

不法投棄に関しては、業者だけではなく依頼主側も罰せられる可能性があります。
様々なトラブルを避けるためにも、信頼出来る解体業者に依頼をしましょう。

解体工事とエアコンのまとめ

解体工事とエアコンのまとめ

解体工事の前に、エアコンは取り外しておく必要があります。
エアコンの取り外しは解体業者に依頼する事も出来ますし、自分で行っても問題ありません。

しかし、解体業者に依頼する場合には別途料金がかかる上に、専門業者に依頼するため割高となるでしょう。
ですから、なるべく自分で処分す事をオススメします。

どうしても業者に依頼する場合は、高額な請求や不法投棄などのトラブルを防ぐためにも、信頼出来る解体業者を選ぶ事が重要です。
一括見積サイトなどを利用するのもオススメ。

独自の基準を設け、登録の段階で業者をふるいにかけている見積りサイトなら、短時間で優良な業者を選ぶ事が出来るでしょう。