解体工事と家具

家屋などの解体工事の際に問題となるのが、家具や家電の処分です。
特に、最近まで住んでいた家には多くの物が置いてある事でしょう。

これらは必要なもの以外は”ゴミ”となってしまいますから、捨てるのにも当然費用がかかります。
一体、この多くの家具や家電はどのように処分したらよいのでしょうか。

そこで今回は、解体工事の際に出る家具や家電の処分について、詳しくお話したいと思います。

解体工事の家具や家電の処分は業者に依頼出来る

ほとんどの場合、解体工事で出る家具や家電の処分は解体業者に依頼する事が出来ます。
しかし、コスト面から考えると業者に依頼した方が良い物と、自分で処分をした方が良い物があるのです。

詳しく見ていきましょう。

業者に依頼した方が良い解体工事の家具や家電

タンスやテーブル、食器棚などの木製の家具は、業者に処分してもらう事をオススメします。
また、カラーボックス等のプラスチック製品や、ハンガーなどのスチール製品も業者に依頼した方が費用を抑えられるでしょう。

建物の解体で出た木材や廃材は、業者が産業廃棄物として中間処分場に持って行きます。
その際に、これらの家具も一緒に解体し処分してもらう事で、費用が抑えられるのです。

費用は解体業者によって異なりますから、見積もりなどの際に確認しておくと良いでしょう。

解体工事の家具や家電を業者に依頼する時の費用は?

解体工事で出る家具や家電の処分費用は、業者によっても差があります。
しかし、だいたいの相場としては2トン車1台分でおよそ4万円~7万円程度でしょう。

解体業者は家具や家電の処分を本業にはしていないため、多くの場合は低コストで処分をしてくれるようです。

自分で処分した方が良い解体工事の家具や家電

食品や書物、衣類や布団などについては、自分で処分をした方が安上がりでしょう。
地域のゴミの日に出せば、ゴミ袋代だけで済みます。

布団は粗大ゴミとして出した場合、だいたい500円前後で処分が出来るでしょう。
ただし、粗大ゴミシールの価格は自治体によって異なりますから、事前に確認しておく事をオススメします。

解体工事の家具や家電のその他の処分方法

解体工事で出た不要な家具や家電は、様々な方法で処分する事が出来ます。
自治体の不要品リサイクルを利用するのもオススメです。

リサイクルショップに持ち込めば、処分費用どころかプラスになる可能性もあります。
また、綺麗な状態であれば友人や知人などに譲るのも喜ばれるでしょう。

何をどのように処分するのか、費用等も合わせて事前にしっかりと確認しておく事がポイントです。

解体工事の家具や家電の処分で気をつけたい事

解体工事の家具や家電の処分で気をつけたい事

解体工事で不要になる家具や家電の処分を、業者に依頼したからと言ってそれで全て安心という訳ではありません。
中には、後から高額な追加費用を請求されたり、コストを抑えるために不法投棄をする業者も存在します。

不法投棄に関しては、業者だけではなく依頼主も罰せられる事があるのです。
そのようなトラブルを防ぐためには、どうしたら良いのでしょうか。

リサイクル家電は正しく処分しよう

テレビやエアコン、洗濯機、冷蔵庫、パソコンなどは、リサイクル家電と呼ばれ地域で回収が出来ない不用品です。
解体業者によっては、これらのリサイクル家電の処分を請け負ってくれない場合もあります。

そういった場合は、お住まいの自治体や家電リサイクルセンターに確認をしてみましょう。
また、購入した家電量販店に処分を依頼するという方法もあります。

リサイクル家電の処分方法は地域によっても異なりますから、分からない事がある場合はお住まいの自治体に問い合わせてみましょう。

解体工事の家具の処分でトラブルにならないために

先ほどもお話したように、解体工事の際の家具などの処分においては、様々なトラブルが起こる可能性があります。
それらを防ぐためには、信頼出来る解体業者に依頼する事が一番でしょう。

しかし、解体工事を行う機会は人生のうちで、そう頻繁に訪れるものではありません。
業者選びにも慣れていない人がほとんどでしょう。

そこで、オススメなのが一括見積りサイト。
独自の基準を設け、登録時に業者をしっかりとふるいにかけているサイトは多く、悪徳業者に出会う確率が低いのです。

また、一括見積りでは複数の業者から相見積りを取ります。
業者同士が競い合う事で、費用も抑えられる可能性が高いでしょう。

解体工事の家具のまとめ

解体工事の家具のまとめ

解体工事で出る家具や家電の処分は、多くの場合解体業者に依頼する事が出来ます。
ただし、業者に依頼した方が良いものと自分で処分した方が良いものがありますから、しっかりと検討しましょう。

誤って悪徳業者などに依頼をしてしまうと、様々なトラブルを引き起こす可能性があります。
そうならないためには、事前に複数の見積りを取り、信頼出来る解体業者を選びましょう。