金沢市と解体

所有する住宅や店舗の解体を考えた時、気になるのが費用です。
解体工事には多額の費用が掛かりますから、事前にしっかりと資金計画を立てましょう。

とは言え、解体費用の相場とは、どれくらいなのでしょうか。
実は、それは地域ごとに少しずつ異なります。

中でも今回は、石川県の県庁所在地である金沢市の解体費用について、詳しくお伝えしましょう。
金沢市で解体工事をお考えの方は、是非参考にしてみて下さい。

金沢市の解体費用の単価坪は?

金沢市で建物の解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例をご紹介しましょう。

金沢市の解体費用の坪単価

金沢市の解体費用の坪単価を、構造別でまとめてみました。

構造 坪単価
木造 2.6万円
鉄骨造 2.1万円
RC造 5.4万円

頑丈な作りの建物は、解体するのにも手間が掛かります。
ですから、一般的には木造よりも、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物の方が、費用は高くなる傾向にあります。

金沢市で鉄骨造の解体費用が木造よりも安いのは、鉄骨など金属の買取り金額の相場が高い事が理由でしょう。
ですから、石川県で鉄骨造の解体工事をお考えの方は、金沢市周辺の解体業者に依頼するのがオススメです。

解体工事では上記の他に、人件費や燃料代、産業廃棄物の処分代など、様々な費用が掛かります。
予算は相場よりも多めに用意しておきましょう。

金沢市の解体工事の費用例

金沢市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 29坪 87.8万円 10日間
鉄骨造2階建 79坪 166万円 19日間
RC造2階建 132坪 404.5万円 38日間
木造2階建 43坪 129万円 10日間
木造平屋 4.8坪 18万円 3日間

解体費用には相場こそありますが、実際にはそれぞれの条件によって変動します。
ですから、例え同じような広さや条件であっても、解体費用まで同じになるとは限りません。

上記は、数多くある事例のほんの一部です。
予算を出す上での、おおよその参考程度にお役立て下さい。

金沢市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

金沢市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

様々な要因によって変動する解体費用。
金沢市の解体工事で、費用が高くなるのはどんなケースなのでしょうか。

詳しく見て行きましょう。

アスベストを含んだ建物

「アスベスト」という言葉を、一度は耳にした事がある方もいる事でしょう。
耐久性や柔軟性に優れ、1990年代には「奇跡の鉱物」として重宝された天然の鉱物繊維の一種です。

しかし、その繊維を吸い込む事による健康被害が発覚し、現在では使用が完全に禁止されています。
とは言え、禁止になる前に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。

解体によって飛散したアスベストは、人体に悪影響を及ぼす恐れがあるため、専門業者による処分が義務づけられています。
そのため、解体費用は相場よりも高くなるでしょう。

金沢市にも、古い建物は多くあります。
解体予定の建物の築年数が古いという場合には、事前にしっかりとアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を大きく左右するのが、「立地条件」です。
中でも、狭い土地や入りくんだ場所に建っている場合には、解体費用は高くなる可能性があります。

隣接する道路の幅や交通状況によっては、重機が入れず手作業となり、その分手間が掛かるのです。
また、交通誘導員を置かなくてはならないケースも少なくありません。

隣家との距離が近い場合にも、養生などの設備の強化により、追加費用が掛かるでしょう。
このように、狭小地での解体工事は、通常よりも手間や時間が掛かるため、費用が高くなるのです。

金沢市にも、狭小地に建つ建物は多く存在するでしょう。
狭い土地に建つ建物の解体をお考えの方は、相場よりも多めに予算を用意しておくと安心です。

金沢市で解体費用を抑えるためのポイント

金沢市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、様々な条件によって変動しますが、高くなるばかりではありません。
金沢市の解体工事で、費用を安く抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

金沢市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

金沢市には、解体工事の際に利用できる補助金制度があります。
このような制度を上手に活用する事で、解体費用を安く抑える事が出来ます。

制度 内容
金沢市危険空き家等除却費補助金 所有者が自ら行う空き家の解体(除却)工事に係る費用の一部を補助
金沢市まちなか空き家活用促進費補助金 まちなかにおいて空家活用事業を行う者に対する補助金の交付
金沢市における危険ブロック塀の除去に関する補助金 倒壊の危険性があるブロック塀の除去工事の際の費用の一部を補助

金沢市には、空き家に関する補助金制度が特に充実しているようです。
老朽化した危険な空き家に関しては、近年社会問題にもなっています。

解体するのにも費用が掛かりまから、このように補助が受けられるというのは助かりますよね。
ただし、これらの制度は、誰でも利用できるという訳ではありません。

自治体の定める基準があり、それを満たす建物の解体時にのみ、利用できるのです。
それには、事前の申請や審査が必要ですから、該当しそうな方は前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事では、事前の準備から完了後の申請まで、しなくてはならない項目が山ほどあります。
その中でも、自分で出来る事が以外と多いものです。

そういった事を業者に依頼せず自分で行うだけでも、解体費用の削減になります。

  • 解体業者選び
  • 不要品の処分
  • 建物滅失登記

まず、業者選びは紹介ではなく自分で行いましょう。
他社を挟む事で発生する「中間マージン」を削減するためです。

また、住宅内に残る不要品の処分は、解体業者に依頼する事も出来ます。
しかし、産業廃棄物としての処分になるため、費用が割高になるのです。

金沢市のごみの日や、粗大ごみの回収などを利用すれば、数百円~数千円程度で処分する事が出来るでしょう。
解体完了後の建物滅失登記は、専門家に依頼をすると当然費用が掛かります。

登記と言っても、必要書類を提出するだけの簡単ものですから、自分でも出来るでしょう。
このように、自分で出来る事を自分でやるというだけでも、解体費用は節約できるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたいのなら、複数の業者から見積りを取って比較しましょう。
価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があるからです。

また、見積り内容を比べる事によって、より自分の求める優良業者を見極めやすくなります。
とは言っても、多くの業者を回って見積りを取るのは、非常に手間が掛かりますよね。

そのような時間がないという方もいる事でしょう。
そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。

インターネットがあれば簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
条件を入力すると、それに見合う業者をピックアップしてくれますから、慣れていない方でも簡単です。

また、このようなサイトでは、登録の時点で業者を厳しく審査しています。
いわゆる「悪徳業者」を避ける事が出来ますから、自分で業者を選ぶのが不安だという方にもオススメ出来るのです。

金沢市と解体のまとめ

金沢市と解体のまとめ

金沢市の解体費用の相場は、坪単価2.1~5.4万円ほどです。
しかし、相場と言っても、建物の構造や立地条件などによって変動するという事を覚えておきましょう。

解体費用を抑えるポイントは、「なるべく自分でやる」という事や、「複数の業者の見積りを取って見極める」という事です。
見積りサイトなどを利用する事で、初めてでも安心して業者選びが出来るでしょう。

また、金沢市には、解体工事の際に利用できる補助金制度が充実しています。
工事が始まってからでは受けられない物も多いため、事前にしっかりと申請を行いましょう。