葛飾区の解体

足立区・江戸川区と並び、「東京下町三区」とも呼ばれる葛飾区。
「男はつらいよ」の舞台としても有名ですね。

そんな葛飾区で、建物の解体工事をお考えの方もいる事でしょう。
しかし、解体費用の相場は、地域によって少しずつ異なるのです。

今回は、東京都葛飾区の解体費用の相場や、安く抑えるポイントなどについて、詳しく解説したいと思います。

葛飾区の解体費用の単価坪は?

東京都葛飾区の解体費用の相場を見ていきましょう。
実際の費用例や、坪単価についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

葛飾区の解体費用の坪単価

こちらは、葛飾区の解体費用の平均坪単価です。

構造 坪単価
木造 4.0万円
鉄骨造 4.8万円
RC造 6.9万円

ご覧の通り、解体費用は建物の建築工法によって大きな差があります。
それには、解体工事に掛かる手間が大きく関係しています。

鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物は、非常に頑丈に出来ている分、取り壊すのも簡単ではありません。
特殊な重機や多くの人手、それに伴って工期も必要でから、その分費用が嵩むのです。

ですから、通常は木造住宅の解体費用が比較的安く済む傾向にあります。
また、上記は建物の解体のみに掛かる費用の相場です。

解体工事にはこの他にも、外構や倉庫の解体、樹木や塀の撤去など、様々な付帯工事が行われます。
解体費用の試算は、そのような「その他の費用」を入れて計算しましょう。

葛飾区の解体工事の費用例

下記は、葛飾区で実際に行われた、解体工事の費用例です。
おおよその参考としてお役立てください。

構造 坪数 費用 工期
木造平屋 10.5坪 29.3万円 10日間
鉄骨造3階建 30坪 188万円 20日間
木造平屋 9坪 65.6万円 3日間
軽量鉄骨造2階建 25坪 92万円 10日間
木造2階建 37坪 133.8万円 8日間

解体費用には相場があるとは言え、実際にはその建物の条件に大きく左右されます。
ですから、相場とはかけ離れた事例も少なくありません。

建物の大きさや隣接する道路の幅、隣家との距離など様々な条件によって解体費用は変動します。
実際の細かな予算を知りたい方は、現場を業者に確認してもらった上で見積りを出してもらいましょう。

葛飾区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

葛飾区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

多くの要因によって変動する解体費用ですが、予定よりも高くなってしまうのは避けたいものです。
葛飾区で解体費用が高くなるケースについて、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

古くから下町として賑わってきた葛飾区には、老朽化した建物が多く存在します。
そのような古い建物には、「アスベスト」が含まれている可能性があります。

アスベストとは、かつては「奇跡の鉱物」と呼ばれ、建物の吹付け材になどに多く使用されていた天然鉱物の一種です。
1970~1990年代ごろまで、家づくりを支えていました。

しかし、髪の毛の5000分の1とも言われるアスベスト繊維は、吸い込む事で肺にまで到達。
肺がんなどの様々な病気を引き起こすのです。

その事実が発覚して以降、段階的な規制を経て、現在では使用が禁止されています。
しかし、規制が行われる以前に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。

アスベストを含む建物の解体工事は、非常に危険を伴います。
専門業者に依頼をするため、費用は高くなるのです。

古い建物の解体工事をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用が変動する要因の一つが、立地条件です。
狭小地や変形地などの、作業効率に影響を及ぼすような立地は、解体費用を割高にしてしまうでしょう。

作業車や重機が必要な場所まで入れないというだけでも、作業の効率は下がります。
本来なら機械で行う作業を人力で行う事で、多くの人員や工期を要するからです。

また、隣の建物との距離が近い場合には、騒音や粉塵対策の設備を強化します。
養生などに掛かる設備費も、多く掛かるでしょう。

葛飾区には、狭小住宅や変形地に建つ建物も多く存在するかと思います。
そのような条件での解体工事をお考えの方は、相場よりも多くの費用が掛かるという事を、覚えておきましょう。

葛飾区で解体費用を抑えるためのポイント

葛飾区で解体費用を抑えるためのポイント

ここからは、葛飾区で解体費用を抑えるためのポイントについて、解説したいと思います。
節約のコツを事前に把握する事で、素人の方でも解体費用を削減できるでしょう。

葛飾区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

葛飾区には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度があります。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
葛飾区木造住宅の耐震助成制度 昭和56年5月以前に建てられた木造住宅を対象に耐震診断・改修設計・改修工事・建て替え・除却(解体)に係る費用の一部を助成
住宅設備改修費助成 在宅で生活をしている介護保険の認定が要支援以上の方に対し、住宅設備の改修費を助成
民間建築物アスベスト調査・対策助成 アスベストを含有している恐れのある住宅・兼用住宅・共同住宅に対して、アスベスト含有調査費、アスベスト対策費の一部を助成

上記のような解体助成金を利用すれば、費用の一部を区が負担してくれるのです。
該当する方は、是非活用して解体費用を削減しましょう。

ただし、これらの制度には定められた基準があります。
事前に審査を受け、その基準を満たす場合にのみ、制度が受けられるのです。

工事が始まってからでは申請できない制度も多いので、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事と言えば、専門業者に依頼するのが一般的。
しかし、工事が完了するまでには、様々な工程を踏みます。

その中で、自分でも出来る簡単なものもあるのです。
少しの手間をかけ、業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用は大きく削減できるでしょう。

まず、不要品の処分は、自分で行う事をオススメします。
業者にお願いする事も出来ますが、産業廃棄物として扱われるため、費用が割高になるのです。

地域のごみの日に出したり、大きな物は粗大ごみとして葛飾区に回収してもらいましょう。
それによって、処分費用は大幅に削減できるかと思います。

また、解体後に行う「建物滅失登記」などの届出に関しても、自分で出来る簡単な物もあります。
専門家に依頼する分の費用を削減したい方は、是非チャレンジしてみましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えたいのなら、業者選びも自分で行いましょう。
建設業者などから紹介を受ける機会もあるかと思いますが、そこには中間マージンが発生する事が多いからです。

自分で業者と直接契約をすれば、費用は掛かりません。
中間マージンは、解体費用の約10%とも言われていますので、大きな節約になるでしょう。

業者選びのポイントは、「相見積り」です。
複数の業者を比較する事で価格競争が起き、費用が安くなる可能性があります。

業者探しに困ったら、「一括見積りサイト」がオススメです。
ネットで簡単に相見積りを取る事が出来ます。

また、そのようなサイトでは、事前の厳しい審査をクリアした業者しか登録されていません。
ですから、安全性が高いという点でも、オススメ出来るのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、葛飾区周辺の業者も登録しています。
ぜひ一度、見積りを取ってみて下さいね。

葛飾区と解体のまとめ

葛飾区と解体のまとめ

東京都葛飾区の解体費用の相場は、4.0~6.9万円程です。
ただし、立地や工事の範囲、建物の構造など様々な条件によって変動します。

葛飾区には、解体費用の削減に繋がる補助金や助成金制度が設けられています。
また、自分で出来る事は業者に依頼しないという事も、解体費用を安く抑えるポイントでしょう。

解体業者は、紹介ではなく直接契約をする事をオススメします。
見積りサイト等を利用する事で、中間マージンの削減はもちろん、より優良な業者を見つける事が出来るでしょう。