清瀬市の解体

東京都の多摩地区に位置する清瀬市。
スーパーや児童館などが多く、子育てするのに不自由がないと人気の街です。

緑が多いのに都心へのアクセスも良いため、住宅も多く立ち並んでいます。
そんな清瀬市で、建物の解体やリフォームをお考えの方もいる事でしょう。

今回は、東京都清瀬市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。
解体費用の相場は地域によって異なりますので、是非参考にしてみて下さいね。

清瀬市の解体費用の単価坪は?

清瀬市の解体費用の坪単価は、どれくらいなのでしょうか。
実際の費用例と合わせて、参考にしてください。

清瀬市の解体費用の坪単価

清瀬市の解体費用の坪単価は、以下の通りです。

構造 坪単価
木造 3.0万円
鉄骨造 3.9万円
RC造 5.5万円

建物の構造によって、解体に掛かる費用の相場は異なります。
それは、頑丈で複雑な造りの建物ほど、取り壊すのにも手間が掛かるからです。

特殊な重機を使用したり、種類ごとに分けて廃棄物を処分するため、多くの人員や工期を要します。
ですから、通常は木造よりも鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の解体費用の方が、高くなる傾向にあります。

また、上記は建物の解体のみの費用の相場であって、工事の総額ではありません。
この他にも、人件費や設備費、廃棄物の処分代など、様々な費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

清瀬市の解体工事の費用例

清瀬市でこれまでに実際に行われた、解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 16坪 7日間
木造2階建 34坪 178万円 7日間
軽量鉄骨造2階建 25坪 93.2万円 10日間
木造平屋 48坪 194万円 14日間
木造2階建 35坪 215万円 10日間

解体費用には坪単価などの相場がありますが、実際の工事ではその通りになるケースばかりではありません。
工事の内容や建物の立地条件、アスベストや地中埋設物の有無などは、物件によって様々だからです。

ですので、上記のような費用例は、おおよその参考程度にお役立てください。

清瀬市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

清瀬市で解体費用が高くなるのはどんなケース

様々な条件に左右される解体費用ですが、予算オーバーなどのトラブルは、避けたいものです。
清瀬市で解体費用が高くなるケースについて、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

清瀬市のような住宅の多い地域には、昔からそこに建つ建物も多く存在するでしょう。
古い建物の解体の際に費用が高くなるの要因の一つが、アスベストです。

アスベストは、1990年代ごろまで、建材に多く使用されていた天然鉱物の一種。
しかし、髪の毛の約5000分の一ほどの細かな繊維は、空気と一緒に吸い込む事で肺に刺さり、様々な病気を引き起こす事が分かったのです。

それ以来、規制が始まり、現在では完全に使用が禁止されています。
とは言え、それ以前に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。

アスベストの解体は危険を伴うため、専門業者が行います。
その分、解体費用高くなるのです。

古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

住宅密集地などに多いのが、狭い土地や入り組んだ場所に建つ建物です。
狭い場所での解体工事では、費用が割高になる傾向があります。

重機やトラックなどを横付けするスペースがなく、人力作業となる事が多いのです。
多くの人員や時間を必要とするため、人件費や現場の維持費がかさみます。

また、交通誘導員を設置する事も珍しくありません。
このように、狭小住宅の解体工事には多くの手間が掛かるため、費用が高くなるのです。

清瀬市には住宅街も多くありますから、狭い場所に建つ家屋も少なくないでしょう。
そのような条件下での解体工事をする方は、費用を多めに用意しておきましょう。

清瀬市で解体費用を抑えるためのポイント

清瀬市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は様々な条件に左右されますが、高くなるばかりではありません。
ここからは、清瀬市で解体費用を抑えるためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

清瀬市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

清瀬市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

特定緊急輸送道路沿道建築物耐震化促進事業助成制度

特定緊急輸送道路沿いの建物の、耐震改修、建替え又は除却に要した費用の一部を補助

清瀬市木造住宅耐震改修等助成制度

木造住宅の耐震改修工事や耐震シェルター等設置工事に要した費用の一部を助成

生け垣助成制度

生け垣等を新たに造成する市内の住宅又は事業所を対象として造成費の一部を補助

清瀬市は、耐震など市民の安全を守るための補助金制度が充実していると言えます。
このような市の制度を活用する事も、解体費用を安く抑えるポイントの一つです。

ただし、これらの制度は、無条件に誰でも受けられるというものではありません。
それぞれに基準が設けられており、それを満たす場合にのみ、利用が可能なのです。

ですから、事前に審査を受ける必要があります。
工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事では、単に建物を解体するだけではありません。
完了までには、様々な工程を踏みます。

全てを業者に任せる事はもちろん出来ますが、費用の削減にはなりません。
自分で出来る事も、意外に多くあるのです。

例えば、小さな倉庫やウッドデッキなどの簡単な物であれば、自分で取り壊す事が出来る人もいるでしょう。
また、建物内に残る家財などの不要品は、粗大ごみとして清瀬市に回収をしてもらえば費用はほとんど掛かりません。

業者に依頼をした場合、産業廃棄物として処分されるため、費用は高くなるのです。
そして、建物滅失登記などの届け出に関しても、自分で出来る簡単なものもあります。

このように、業者に依頼する項目を減らす事も、解体費用を削減する方法の一つなのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を削減したいのなら、業者選びは自分で行いましょう。
リフォームや建て替えの際には、他社から紹介を受けるケースも多いかと思いますが、多くの場合に中間マージンが発生するのです。

中間マージンは、解体費用の約10%にもなるため、極力削減したい項目と言えます。
また、その際には複数の業者から見積りを取って比較をしましょう。

業者同士を競わせる事によって、費用が安くなる可能性があります。
そこで、オススメしたいのが、一括見積りサイトです。

ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
このようなサイトでは、事前にしっかりと審査を行った上で業者を登録しています。

ですから、業者探しに慣れていない方にも、安心なのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、清瀬市周辺の解体業者も登録しています。

気になる方は、ぜひ一度、見積りを取ってみて下さいね。

清瀬市と解体のまとめ

清瀬市と解体のまとめ

清瀬市の解体費用の坪単価は、3.0~5.5万円ほどが相場です。
ただし、様々な要因によって変動しますので、おおよその参考程度にお考え下さい。

解体費用を抑えるには、自分で出来る事を探しましょう。
業者に依頼する項目を減らす事で、費用の削減になります。

業者選びは紹介ではなく、個人で直接契約をしましょう。
価格競争をさせるために、複数の業者から見積りを取り比較するのがポイントです。

見積りサイトなどを利用する事で、初めてでも簡単かつ安全に業者探しが出来るでしょう。