小牧市の解体

愛知県の北部に位置し、小牧空港(旧名古屋区空港)がある事でも有名な「小牧市」。
古くから住宅街の多い、住みやすい土地です。

そんな小牧市で、家のリフォームや建物の解体をお考えの方もいる事でしょう。
そこで、気になるのが費用です。

実は、解体費用は地域によって相場が異なります。
今回は、愛知県小牧市の解体費用の相場について、詳しくお伝えしましょう。

小牧市の解体費用の単価坪は?

小牧市で解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

小牧市の解体費用の坪単価

こちらが、小牧市の解体費用の坪単価です。

構造 坪単価
木造 2.5万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 3.5万円

ご覧の通り、解体費用の坪単価は、建物の構造によって異なります。
どのような造りかによって、解体するのに掛かる手間が違うからです。

頑丈な建物は、特殊な重機を使用したり、様々な工程を踏みながら解体しなくてはなりません。
その分、多くの人員や設備を要するため、高い費用が掛かるのです。

ですから、一般的には木造よりも、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の解体費用の方が高額になる傾向にあります。
また、上記の坪単価は、建物の解体のみの相場です。

解体工事にはこの他に、人件費や設備費など様々な費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

小牧市の解体工事の費用例

小牧市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 37.5坪 86.5万円 7日間
木造平屋 32坪 72.5万円 6日間
鉄骨造2階建 44坪 103万円 10日間
木造2階建 31.8坪 118万円 7日間
木造2階建 49坪 87.6万円 7日間

解体費用には、先ほどお話したように相場はありますが、実際にはその通りになるケースばかりではありません。
解体費用は、建物の大きさや立地、依頼する業者など様々な条件によって変動するからです。

例え同じ構造や坪数の建物であったとしても、解体費用まで似通うとは限りません。
ですから、上記の様な費用例に関しては、おおよその参考程度にお考え下さい。

小牧市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

小牧市で解体費用が高くなるのはどんなケース

解体費用は変動するとはいえ、予算大きく上回るような事は避けたいものです。
そこで、小牧市で解体費用が高くなるのはどんなケースなのかを、事前に把握しておく事をオススメします。

アスベストを含んだ建物

小牧市周辺は、古くから住宅地の多い地域です。
築年数を重ねた建物も、数多く存在する事でしょう。

そんな、古い建物には、「アスベスト」が含まれている可能性があります。
アスベストとは、かつて「奇跡の鉱物」として建材に多く使用されていた天然鉱物の一種です。

1970~1990年代頃まで、盛んに使用されていました。
しかし、肉眼では捉えられないほど細かなその繊維は、空気と一緒に吸い込む事で肺に蓄積され、様々な病気を引き起こす事が分かったのです。

その事実が発覚して以来、アスベストは規制され、現在では完全に使用が禁止されています。
しかし、それ以前に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。

アスベストの処理は危険を伴うため、解体費用は高額になります。
古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を左右する要因の一つに、立地条件が挙げられます。
中でも、狭い場所での解体作業には手間が掛かるため、費用は割高になるでしょう。

隣の建物との間に十分なスペースがなく重機や作業車が入れない場合、人力で行われます。
当然長い工期を要しますから、その分の人件費や設備費、現場の維持費がかさむのです。

また、別途費用を支払って交通誘導員を設置する場合も少なくありません。
小牧市には、住宅密集地も多く存在します。

狭小住宅の解体をお考えの方は、多めに費用を用意しておくと安心です。

小牧市で解体費用を抑えるためのポイント

小牧市で解体費用を抑えるためのポイント

様々な条件によって変動する解体費用ですが、高くなる一方という訳ではありません。
工夫次第では、安く抑える事も可能なのです。

ここからは、小牧市で解体費用を抑えるためのポイントをいくつかご紹介しましょう。

小牧市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

小牧市には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご覧ください。

木造住宅への除却工事費補助制度

市が行う無料耐震診断を実施し、「倒壊する可能性が高い」と判断された木造住宅の除却工事に掛かる費用の一部を補助

木造住宅への耐震改修補助金制度

市が行う無料耐震診断を実施し、「倒壊する可能性が高い」と判断された木造住宅の耐震改修工事に掛かる費用の一部を補助

民間建築物ブロック塀等撤去費補助制度

地震等によりブロック塀等の倒壊による人的被害の防止及び避難経路の確保を図ることを目的に、ブロック塀等の撤去に要する費用の一部を補助

小牧市は、耐震に関する制度が充実しているようです。
市民の安全を守るための配慮が感じられます。

この他にも、小牧市には様々な制度がありますので、気になる方は市役所などにお問い合わせください。
ただし、これらの制度は誰でも無条件に受けられるというものではありません。

事前に審査を受け、各制度に設けられた基準を満たすと判断された場合にのみ利用できるのです。
工事が始まってからでは申請できない制度も多くあります。

解体工事を行うと決まったら、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事の完了までには、建物の解体以外にも様々な工程を踏みます。
その一つ一つに、費用が掛かっているのです。

ですから、業者に依頼する項目を減らす事が、解体費用を削減するポイントと言えます。
業者を頼らなくとも、自分で出来る事というのは意外に多くあるのです。

例えば、小さな小屋やウッドデッキなどの簡単な解体であれば、自分で出来る方もいる事でしょう。
また、家屋内に残る家財などの不用品の処分は、業者に依頼をすると産業廃棄物と見なされるため費用が割高になります。

小牧市のごみの日や、粗大ごみの回収などを利用する事で、費用は大きく削減できます。
登記などの各種届出に関しても、書類を提出するだけの簡単なものあるのです。

自分で出来る事を探して、解体費用を削減しましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えたいのなら、業者選びから自分で行いましょう。
ハウスメーカーなど他社からの紹介の場合、そのほとんどに中間マージンが発生します。

自分で選んで直接契約をすれば、費用は掛かりません。
中間マージンは解体費用の約10%とも言われていますから、大きな削減になるでしょう。

その際には、始めから1社に決めるのではなく、複数の業者から見積りを取って比較をしましょう。
価格競争に繋がる事で、費用が安くなる可能性があります。

そこで、オススメしたいのが一括見積りサイトです。
ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。

そのようなサイトでは、事前に一定の基準で審査を行った上で業者を登録していますから、安全性が高いのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、小牧市周辺の解体業者も多数登録しています。

気になる方はぜひ一度、見積りだけでもお試しください。

小牧市と解体のまとめ

小牧市と解体のまとめ

愛知県小牧市の解体費用の相場は、坪単価2.5~3.5万円ほどです。
ただし、建物の構造や立地条件、依頼する業者など、様々な要因によって変動するという事を覚えておきましょう。

解体費用を削減するためには、自分で出来る事を探すというのがポイントです。
業者選びも自分で行い、中間マージンを削減しましょう。

見積りサイトなどを活用する事で、素人の方でも簡単かつ安全に、優良業者を選ぶ事が出来るのです。