神戸市の解体費用の費用の単価坪は?優良業者の選び方

建て替えや土地の売却など、建物の取り壊しを考えた時、気になるのが費用に関しての事でしょう。
しかし、解体費用の相場というのは、実は地域によって異なるのです。

中でも今回は、兵庫県の神戸市での解体費用の相場について、詳しく解説したいと思います。
坪単価や安く抑えるポイント、優良な業者の選び方にも触れますので、是非参考にしてみて下さい。

神戸市の解体費用の単価坪は?

神戸市の解体費用の相場について、詳しく見てみましょう。
また、実際の費用例についてもご紹介します。

神戸市の解体工事の費用の坪単価

神戸市で解体工事を行った場合の費用の相場を、坪単価でまとめてみました。

構造 坪単価
木造 3.2万円
鉄骨造 2.5万円
RC造 6.1万円

解体費用は、建物の構造によって異なります。
頑丈な造りの建物は、解体するのにも手間が掛かるからです。

特に、RC造(鉄筋コンクリート造)に関しては、鉄筋で組んだ枠組みをコンクリートで補強しています。
そのような複雑な構造の建物を解体するには、特殊な重機や技術が必要なのです。

また、解体工事では上記以外にも、設備費や人件費、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。
坪単価の他に、「その他の費用」が必要だという事も覚えておきましょう。

神戸市の解体工事の費用例

神戸市で行われた解体工事の、実際の費用例を少しご紹介しましょう。

所在地 構造 坪数 坪単価 工期
神戸市須磨区 軽量鉄骨造平屋 43坪 106.2万円 8日間
神戸市 木造2階建 10坪 55万円 4日間
神戸市中央区 木造+RC平屋 40坪 234万円 14日間
神戸市北区 木造モルタル2階建 48坪 156万円 11日間
神戸市 鉄骨3階建てアパート 96坪 582万円 33日間

上記は、数ある事例のほんの一部に過ぎません。
おおよその参考として、ご活用下さい。

解体費用は、建物の立地条件や工事を行う時期、何を持って終了とするのか等でも変動します。
ですから、費用は相場よりも多めに用意しておきましょう。

神戸市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

神戸市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な要因によって相場よりも安くなるケースと、高くなるケースがあります。
神戸市で解体工事を行う際に、費用が高くなるのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

解体費用が相場よりも高くなる要因の一つが、「アスベスト」の含有です。
アスベスト(石綿)とは、耐久性や耐熱性に優れ、かつては「奇跡の鉱物」と呼ばれていました。

大量に輸入され、建材や車の部品など、1990年代始め頃までは様々な物に使用されていたのです。
しかし、後に発ガン性などの健康被害を招く危険性がある事が発覚。

段階的な制限を経て、2006年頃に完全に使用が禁止されました。
しかし、それ以前に建てられた建物には、未だにアスベストが含有している可能性があるのです。

解体の際に飛散したアスベストを吸ってしまうと、肺に刺さり肺がん等の健康被害を招く危険性があります。
ですから、アスベストを含む建物に関しては、専門業者による適切な処理が法的に義務づけられています。

そのため、解体費用は相場よりも高くなるのです。
神戸市にも、古い建物は数多く存在しています。

特に、老朽化した空き家などには、アスベストが含まれている可能性があるのです。
作業員や近隣住民の健康にも関わる事ですから、費用が高くなってもしっかりと専門業者に処理をしてもらいましょう。

狭小地での解体工事

神戸市は、日本6大都市の一つとされ、全国的に見てもいわゆる「都会」と言われる地域です。
中には、隣の建物との距離が近い「狭小地」に建っているケースも多いでしょう。

狭小地での解体工事は、重機や作業車が必要な場所まで入る事が出来ない場合も多いものです。
そのような場合には、地道に手作業で行われます。

本来、重機や作業車を使用して行う作業を、人の手で行う訳ですから、当然手間が掛かります。
その分、多くの人員や工期が必要となり、費用が高くなるのです。

狭小地にお住まいの方は、解体費用が高くなるのかどうかを、見積りの際に確認しておきましょう。

神戸市で解体費用を抑えるためのポイント

神戸市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、なるべく安く抑えたいものです。
どのようなポイントを押さえれば、費用が削減出来るのかを、ご紹介しましょう。

神戸市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

神戸市では、解体工事の際に利用出来るいくつかの補助金制度を設けています。

制度 内容
密集市街地建物除却事業 神戸市解体費用補助制度として、地震時などに火災が広範囲に燃え広がる危険性防ぐため、老朽化した住宅の解体に対して費用の一部を補助
神戸市吹付けアスベスト除去等補助制度 市内にある民間の既存建築物に含まれるアスベストの含有調査、除去等工事に必要な費用の一部を補助
神戸市空き家再生等推進事業 地域活動や地域住民の交流拠点等の目的で活用する空き家の改修等を行う場合、民間事業者等に対して費用の一部を補助

このような補助金制度を活用すれば、解体費用を大きく削減できるでしょう。
しかし、補助金や助成金は、どんなケースでも受けられるという訳ではありません。

市が定めた基準を満たす建物が、補助の対象なのです。
それには、事前の審査やそれに伴う申請が必要ですから、事前に手続きをしなければなりません。

また、年度毎に予算が無くなり次第終了という制度もあります。
しっかりと確認をし、計画的に申請を行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

神戸市に限った事ではありませんが、解体費用を抑えるポイントとして覚えておきたいのが、自分で出来る事は自分でするという事です。
解体工事の際には、家の中の荷物を全て外に出さなくてはなりませんが、その際に出るのが不要品。

家具や家電、寝具など様々な不要品が出るでしょう。
これらの処分は、解体業者に依頼する事も可能です。

しかし、その場合には一般家庭から出た物であっても、産業廃棄物として処理されるため費用が高くなります。
ですから、不要品の処分は事前に自分で行いましょう。

また、リフォームや建て替え等の際には、建設業者が解体業者を紹介してくれるケースがあります。
しかし、それは仲介にあたりますから、中間マージンが発生する事が多いのです。

解体業者は自分で探し、直接契約する事で中間マージンを削減出来ます。
このように、業者に依頼しなくても自分で出来る事は、数多くあるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体業者を探す際のポイントは、複数の見積りを取る事です。
比較する事で相場が分かりますし、価格競争によって費用が安くなる可能性があります。

また、いわゆる悪徳業者を見極めるのにも役立つのです。
とは言え、いくつもの業者に見積りを依頼するのは、手間も時間も掛かります。

そんな時は、自宅でもネットで簡単に複数の業者から見積りが取れる「一括見積りサイト」がオススメです。
このようなサイトは、事前に業者を審査した上で登録をしていますから、優良な業者が多いのもメリット。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、神戸市近郊の解体業者も多数登録しています。
気になる方は、是非見積りを依頼してみて下さい。

神戸市と解体のまとめ

神戸市と解体のまとめ

神戸市の解体費用の坪単価の相場は、2.5~6.1万円ほどです。
また、解体工事ではこの他にも、人件費や設備費など様々な費用が掛かります。

解体費用を安く抑えるには、自分で出来る事は自分でしましょう。
事前に複数の業者から見積りを取る事や、補助金制度を利用する事も、費用を抑えるポイントです。

一括見積りサイト等を利用し、より優良な業者を選びましょう。