国立市の解体

東京都のほぼ真ん中に位置する国立市。
JR「国立駅」「矢川駅」「谷保駅」と3つの駅があり、都心へのアクセスがとても便利。

住みやすく人気の街です。
そんな国立市で、家屋の建て替えやリフォームなどをお考えの方もいる事でしょう。

そこで、気になるのが解体費用です。
実は、解体費用の相場は地域によって異なります。

今回は、東京都国立市の解体費用の相場について、詳しく解説しましょう。

国立市の解体費用の単価坪は?

東京都国立市で解体工事を行った場合の費用相場は、どれくらいなのでしょうか。
坪単価や実際の費用例を見てみましょう。

国立市の解体費用の坪単価

こちらが、東京都国立市の解体費用の相場です。
建物の構造によって、坪単価は異なります。

構造 坪単価
木造 3.0万円
鉄骨造 3.9万円
RC造 5.4万円

木造建築に比べ、鉄骨や鉄筋を使用した建物は頑丈ですから、取り壊すのも簡単ではありません。
特殊な重機や多くの人員を必要とするため、費用は高くなる傾向にあります。

ですから、一般的には、木造→鉄骨造→RC(鉄筋コンクリート)造という順に解体費用は高くなります。
ただし、金属は再利用できるため業者が買い取りをしてくれるケースが多いもの。

その金額によって費用も変動するという事を覚えておきましょう。

国立市の解体工事の費用例

国立市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 42坪 133万円 9日間
木造2階建 40坪 176万円 9日間
鉄骨造2階建 42.5坪 207万円 14日間
木造2階建 28坪 112.3万円 7日間
鉄骨造2階建 16.5坪 75万円 5日間

解体費用には坪単価などの相場はありますが、実際にはその通りにいくものばかりではありません。
たとえ同じ広さや構造であっても、解体費用に差が出る事も珍しくないです。

それは、解体費用が様々な要因によって変動するためです。
立地条件や依頼する業者、アスベストや地中埋設物の有無によっても変動します。

ですので、上記のような事例に関しては、おおよその参考程度にお考え下さい。

国立市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

国立市で解体費用が高くなるのはどんなケース

解体費用は、様々な要因によって変動します。
しかし、予算を大きくオーバーする様な事は、避けたいものですよね。

ここからは、国立市で解体費用が高くなるケースについて、解説しましょう。

アスベストを含んだ建物

建物の老朽化を理由に、解体工事を行うケースは多いものです。
古い建物には、アスベストが含まれている可能性があります。

アスベストを含有する建物の解体費用は、通常よりも高くなるでしょう。
アスベストとは、1990年代ごろまで建材として活躍していた、天然鉱物です。

使いやすさやコストパフォーマンスの良さから「奇跡の鉱物」と呼ばれ重宝されていました。
しかし、その細かな繊維は空気と共に吸い込む事で肺にまで到達。

様々な病気を引き起こす事が発覚したのです。
それを受けアスベストは規制され、現在では完全に使用が禁止されています。

しかし、それ以前に建てられて建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。
アスベストの処理は危険を伴うため、費用が多く掛かります。

国立市で、古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

建物がどの様な場所に建っているかという事も、解体費用には大きく関わります。
広い土地に建つ建物の解体はスムーズに作業が進みやすく、工期も短くて済むため安く出来る事が多いもの。

しかし、狭い土地や入り組んだ場所での解体工事では手間が掛かるため、費用は割高になるのです。
作業者や重機が入れず使えない場合も多く、手作業で進める事になります。

多くの人件費や現場の維持費が掛かるため、費用がかさむのです。
国立市には住宅街も多く存在します。

狭小住宅の解体をお考えの方は、予算を多めに組んでおきましょう。

国立市で解体費用を抑えるためのポイント

国立市で解体費用を抑えるためのポイント

様々な条件によって変動する解体費用ですが、高くなる一方という訳ではありません。
ここからは、国立市で解体費用を抑えるためのポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

国立市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

国立市には、解体費用の削減に繋がる様々な制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

国立市住宅省エネルギー化補助制度

市内の住宅に断熱工事、断熱窓の設置、高反射率塗料の塗装を行う方に対して、その工事費用の一部を補助

国立市木造住宅耐震診断・改修助成制度

昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅の耐震診断、耐震改修工事に掛かる費用の一部を補助

このような制度を利用する事も、解体費用を抑えるポイントの一つです。
国立市にはこの他にも、多くの補助金制度が設けられていますので、気になる方は役所などに問い合わせてみましょう。

ただし、これらの制度は誰でも無条件に利用できるものではありません。

それぞれに定められた条件があり、それを満たす物が対象なのです。

それには、事前に審査を受ける必要があります。
工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事と一口に言っても、部分解体や完全な更地にしてしまうケースなど、様々です。
完了までには、多くの工程を踏みます。

その全てを業者に任せる事も可能ですが、費用を抑えるには工夫が必要です。
実は、自分で出来る事というのも、意外に多くあります。

例えば、建物内に残る不要品の処分は、業者に依頼をすると産業廃棄物となるため費用は割高になります。
大きな家具なども、粗大ゴミとして国立市に回収をしてもらえば、費用はほとんど掛かりません。

また、小さな倉庫や柵、デッキ程度であれば、自分で解体できるという人も少なくないでしょう。
登記などの届け出に関しても、自分で出来る簡単なものもあるのです。

このように、業者に依頼する項目を減らす事は、解体費用を削減する事に繋がるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用の削減のためには、業者選びも自分で行う事をオススメします。
ハウスメーカーなどから紹介を受ける機会もあるかと思いますが、ほとんどの場合に中間マージンが発生するからです。

自分で探して直接契約をすれば、費用は掛かりません。
中間マージンは解体費用の約10%とも言われていますので、大きな節約になるでしょう。

業者選びのポイントは、複数の業者から見積りを取って比較をする事です。
価格競争になる事で、費用が安くなる可能性があります。

素人の方にもオススメなのが、一括見積サイトです。
ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。

このようなサイトでは、業者を登録する前に厳しく審査にかけています。
ですので、悪徳業者などにあたるリスクを軽減できるのです。

当サイトがオススメする見積りサイトには、国立市周辺の解体業者も登録しています。
気になる方は、ぜひ見積りを取ってみて下さいね。

国立市と解体のまとめ

国立市と解体のまとめ

東京都国立市の解体費用の相場は、坪単価3.0~5.4万円ほどです。
建物の構造や立地条件など、様々な要因によって変動しますので、参考程度に留めておいて下さい。

解体費用を安く抑えるには、業者に依頼する項目を減らすために自分で出来る事を探しましょう。
業者とも直接契約をする事で、中間マージンの削減に繋がります。

見積りサイトなどを活用すれば、解体工事に詳しくない方でも、簡単かつ安全に業者選びが出来るでしょう。