京都市と解体

老朽化や土地の活用など、建物の取り壊しをお考えの方もいる事でしょう。
そこで、事前に把握しておきたいのが解体費用です。

しかし、解体費用の相場というのは、実は地域によって異なります。
中でも今回は、金閣寺や清水寺などで知られる、京都府京都市での解体費用について詳しくご紹介しましょう。

京都市で解体工事をお考えの方は、是非参考にして下さい。

京都市の解体費用の単価坪は?

京都市で解体工事を行った場合の費用の坪単価は、いくらくらいなのでしょうか。
坪単価や実際の事例について、ご紹介します。

京都市の解体費用の坪単価

京都市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.4万円
鉄骨造 3.9万円
RC造 6.2万円

解体費用の坪単価は、建物の構造によって異なります。
頑丈な造りの建物ほど、解体するのにも手間が掛かるからです。

鉄骨造やRC造(鉄骨コンクリート造)などの建物の解体をお考えの方は、木造に比べて費用が高くなるという事を覚えておきましょう。
また、解体工事では上記以外にも、人件費や廃棄物の処分代、設備費などの様々な費用が掛かります。

その他の費用は物件によって異なるので、見積りの際に業者に確認し、検討しましょう。

京都市の解体工事の費用例

京都市でこれまでに行われた、解体工事の費用例を少しご紹介します。

所在地 構造 坪数 費用 工期
京都市伏見区 木造2階建 24.5坪 95万円 8日間
京都市右京区 鉄骨造5階建てビル 62坪 540.8万円 35日間
京都市 木造平屋 11.3坪 93万円 6日間
京都市 RC造2階建 63.7坪 372万円 22日間
京都市西京区 木造2階建 41坪 173.8万円 9日間

上記は、数ある事例のほんの一部です。
解体費用は、立地条件や依頼する業者のやり方、工事を行う時期などによっても変動します。

そのため、例え構造や広さが同じであっても、費用まで同じになるという訳ではありません。
ですから、おおよその参考程度にご活用下さい。

京都市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

京都市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

先ほどもお話したように、解体費用は様々な条件によって変動します。
相場よりも高くなってしまうのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

これは京都市に限った事ではありませんが、解体費用が高くなる要因の一つが「アスベスト」です。
一度は耳にした事がある方も多いのではないでしょうか。

アスベスト(石綿)とは、1990年代始め頃まで建材などに多く使用されていた、天然の鉱物繊維です。
耐久性や耐熱性に優れ、酸やアルカリにも強いため「奇跡の鉱物」とも言われていました。

しかし、発ガン性がある事が発覚。
段階的な規制を経て、現在は使用が禁止されています。

解体中に飛散したアスベストを吸った場合、肺がん等の健康被害を招く可能性があります。
ですから、アスベストを含む建物は、専門業者による適切な処理を行わなければならないと法的に定められているのです。

そのため、解体費用は相場よりも高くなるでしょう。
アスベストの使用が完全に禁止された2006年以前に建てられた建物は、アスベストを含んでいる可能性があります。

近隣住民や作業員の健康にも関わる事ですから、例え費用が高くなっても専門業者に依頼をしましょう。

狭小地での解体工事

解体費用の相場には、立地条件も大きく関わっています。
中でも、狭小地での解体工事は、必要な重機や作業車が近くまで入れない事があるのです。

その場合、地道に手作業で行われるため、その分手間が掛かります。
多くの人員や工期を必要としますから、費用も高くなるのです。

京都府市にも、住宅が密集している地域はありますから、狭小地での解体工事も珍しくはないでしょう。
解体予定の建物が狭小地に建っているという方は、見積りの際に確認しておくと安心です。

京都市で解体費用を抑えるためのポイント

京都市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、なるべく安く抑えたいものです。
だからと言って、あまりにも安い見積りを提示してくる業者は、不法行為を行っている可能性もあるためオススメ出来ません。

そこで、安全に解体費用を節約するポイントをご紹介しましょう。

京都市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

安全に解体費用を抑えるポイントの一つが、補助金制度の利用です。
京都市には、以下のような補助金・助成金制度が設けられています。

制度 内容
京都市空き家活用・流通支援等補助金 1年以上、居住者や利用者がなく、賃貸用又は売却用でない空き家を、活用・流通などする場合、改修工事や家財の撤去に掛かる費用の一部を補助
京都市吹付けアスベスト除去等助成事業 吹付けアスベストが使用されている建物の解体において、処分費用の一部を助成

これらの制度を利用する事で、解体費用の節約になるでしょう。
しかし、補助金を受けられるのは、自治体の定めた基準を満たしている建物だけです。

それには、事前に申請をして、審査を受ける必要があります。
工事が始まってからでは申請出来ない制度もありますから、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事の際に大量に出るのが、不要品です。
特に、空き家の場合は使えなくなった家具や家電等も多いかもしれませんね。

これら不要品の処分は、実は解体業者に依頼をする事も出来ます。
ただし、業者に依頼した場合、不要品は産業廃棄物として処理されるため、費用が高くなるのです。

ですから、不要品は京都市のゴミの日やリサイクル等を利用して、自分で処理を行いましょう。
また、解体業者を探すのにも、建設業者などに紹介してもらった場合には中間マージンが発生します。

自分で業者を探し、直接契約する事で、中間マージン分の費用の削減になります。
このように、自分で出来る事は業者に依頼しない事で、解体費用を安くする事が出来るのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたいのなら、複数の業者に見積りを依頼しましょう。
見積りを比較する事で相場も分かりますし、より優良な業者を選ぶ事にも繋がります。

また、業者同士を競わせる事によって、費用が安くなる可能性があるのです。
しかし、複数の業者から見積りを取るのは時間や手間が掛かります。

そこでオススメなのが、一括見積りサイトです。
自宅に居ながら、ネットで簡単に複数の業者から見積りが取れます。

また、そのようなサイトでは、業者の登録の時点でしっかりと審査を行っています。
ですから、いわゆる「悪徳業者」に当たるリスクを軽減出来るのも、オススメのポイントです。

近年、解体工事業界では必要な工程や届出を怠るような、いわゆる「悪徳業者」が問題となっています。
そのような業者を選ばないためにも、見積もりの段階でしっかりと見極める事が重要なのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、京都市近郊の解体業者も数多く登録しています。
是非、参考にしてみて下さい。

京都市と解体のまとめ

京都市と解体のまとめ

京都市で解体工事を行う際の費用の相場は、坪単価3.4~6.2万円ほどです。
ただし、建物の構造や立地条件、依頼する業者によって変動します。

解体費用を抑えるには、自分で出来る事は自分でするという事がポイント。
複数の業者に見積りを依頼し、競わせるのも効果的でしょう。

また、京都市には解体工事の際に利用出来る、補助金制度も設けられています。
条件を満たす建物の解体をお考えの方は、是非活用しましょう。