解体工事とマニフェスト

解体工事を行う際に避けたいのが、トラブルです。
しかし、数ある解体業者の中から信頼の出来る業者を選ぶのは簡単な事ではありません。

普段から解体工事や専門業者に詳しい人は、そう多くはありませんよね。
そこで、素人でも解体業者の良し悪しを見極めるポイントとして覚えておきたいのが「マニフェスト」についてです。

解体工事の際に、業者間でやりとりされるマニフェスト票という書類。
これを事前に確認する事で、信頼出来る解体業者かどうかを見極める一つの材料となります。

そこで今回は、解体工事のマニフェストについて、詳しくお話しましょう。

解体工事のマニフェスト「産業廃棄物管理票 」とは?

解体工事の際にやりとりされる「マニフェスト票」とは「産業廃棄物管理票 」とも言い、廃棄物の処理の完了を確認する書類です。
解体業者は、工事で発生した廃棄物を処理業者に委託しますが、その際に最終処分まで滞りなく終えたかどうかを確認する義務があります。

そして、マニフェスト票を5年間保管しておかなければならないのです。
なぜここまで厳しいのかという事については、後程詳しく説明します。

解体工事のマニフェスト票の流れや役割

解体工事のマニフェスト票には、交付年月日や担当者、排出業者名、運搬業者名、処理業者名、廃棄物の種類や量などが細かく記載されています。
A票からE票まであり、全部で7枚綴りです。

・A票(保管票)
・B1票(運搬終了票)
・B2票
・C1票(保管票)
・C2票
・D票(処分終了票)
・E票(最終処分終了票)

では、マニフェスト票の流れを見ていきましょう。

解体工事におけるマニフェスト票の流れ

1:解体工事を行った業者は、産業廃棄物の処分を専門業者に依頼する際に、マニフェスト票を作成。
A票を控えとし、残りのB票~E票の6枚を運搬業者に渡します。

2:運搬業者は運搬が終了したら、B1票を控えとしB2票を解体業者へ送ります。
ここで、解体業者は依頼した廃棄物が無事に処分業者に運搬された事を確認するのです。

そして、運搬業者は残りの4枚のマニフェスト票を処分業者へ渡します。

3:処分業者は、中間処分が終了した時点でC票を運搬業者へ、D票を解体業者へ送ります。
ここで解体業者は、依頼した廃棄物の中間処分が終わった事を確認出来るのです。

4:最終処分が終わると、処分業者はE票(最終処分終了票)を解体業者へ送ります。
これで解体業者は、解体工事で発生した産業廃棄物が、適切に処分された事を確認するのです。

このように、マニフェスト票は、解体工事で発生した産業廃棄物を解体業者、運搬業者、処分業者が連携し滞りなく適切に処分されるために使用されるのです。

解体工事のマニフェストで良し悪しを確認しよう

解体工事のマニフェストで良し悪しを確認しよう

解体工事におけるマニフェスト票の役割については、理解して頂けたかと思います。
では次に、このマニフェスト票を確認する事で業者の良し悪しを量るポイントについてお話しましょう。

解体工事ではマニフェストのどこを確認すればいいの?

マニフェスト票で確認して頂きたいのは、E票「最終処分終了票」です。
これは、解体工事で出た産業廃棄物が、滞りなく最終処分まで終了した事を示しています。

マニフェスト票には5年間の保管義務がありますが、このE票をしっかりと確認している解体業者は優良である可能性が高いでしょう。

マニフェストを提出してくれない解体工事業者は悪徳?

マニフェストを提出してくれない解体工事業者は悪徳か

解体工事を依頼する前に確認しておきたいマニフェスト票ですが、お願いしても見せてくれない業者も存在します。
なぜ見せてくれないのか、疑問と不安が残りますよね。

そのような業者は、いわゆる「悪徳業者」なのでしょうか。

マニフェストを提出できない解体工事業者もある

マニフェスト票を、提出してくれない解体業者でも、やむを得ないケースがあります。
それは、解体工事を行う業者が、産業廃棄物の処分まで全て一括して行っている場合です。

その場合には、そもそもマニフェスト票が無いのです。
また、廃棄物を処分する施設を所有している解体業者に関しても、マニフェスト票はありません。

マニフェスト票を開示してくれないからと言って悪徳業者だと決めつける前に、なぜ見せてくれないのかを確認する事も必要でしょう。
ただし、自社で廃棄物の処分まで行っていると偽る悪徳業者もいない訳ではありません。

廃棄物の処分を行うには、そのための資格や許可が必要です。
心配であれば、その証明書などを見せてもらうと良いでしょう。

マニフェストを見せない解体工事業者は悪徳の可能性も

マニフェストを見せてくれない解体業者の中には、悪徳と呼ばれるような業者も存在します。
本来なら、解体工事で発生した廃棄物は専門業者に依頼しなければならないにも関わらず、費用を抑えるために不法投棄をする業者もいるのです。

依頼主には廃棄物を処理したと偽り、差額をポケットマネーにしてしまう悪質な業者もあると言います。
ちなみに、不法投棄は犯罪です。

解体業者だけでなく、依頼主も罰せられる可能性があるため注意が必要でしょう。

マニフェストを守っている解体工事業者を選ぼう

マニフェストを守っている解体工事業者を選ぼう

解体工事の業者を選ぶ時には、様々なトラブルを避けるためにもマニフェスト票をしっかりと管理している業者を選びましょう。
産業廃棄物の処理をきちんと行う事は、解体工事の基本とも言えます。

見積りの段階で確認をする事と、工事が終了した際にマニフェスト票の写しを発行してくれるのかを聞いてみると良いでしょう。
ここで曖昧な受け答えや、マニフェスト票は出せないというような事を言われた時には注意が必要です。

とは言え、業者の専門用語などを並べられれば、素人なら分からない部分も多くあるでしょう。
そこでオススメなのが、ネットの一括見積りサイトを利用する事です。

独自の審査基準を設け、優良サイトのみが登録していますから、短時間で信頼性の高い解体業者を見つける事が出来るでしょう。
また、複数の業者から見積りを取り競わせる事で、費用を抑えられる可能性も高いのです。

解体工事とマニフェストのまとめ

解体工事とマニフェストのまとめ

解体工事におけるマニフェスト票は、工事で発生した産業廃棄物を適切に処分するために使用されます。
解体業者・運搬業者・処分業者が連携してその都度確認を取り合う事で、産業廃棄物が滞りなく処分されるのです。

このマニフェスト票は解体業者が最終処分の終了を確認した後5年間の保管の義務があります。
マニフェストをしっかりと守って工事を行っている解体業者は、信頼性が高いのです。

しかし、数ある解体業者の中には、産業廃棄物の不法投棄などを行う悪徳な業者も存在します。
ですから、そのような業者に当たらないためにも 時前にマニフェスト票を見せてもらう事で、その業者の良し悪しを判断しましょう。