松山市の解体

瀬戸内海と宇和海の2つの海に面し、穏やかな気候と美味しい海の幸に恵まれた愛媛県。
中でも、県庁所在地である松山市は、住みよい街として知られています。

そんな松山市で、家屋などの解体工事をお考えの方もいるのではないでしょうか。
そこで、気になるのが解体費用です。

しかし実は、解体費用は地域によって異なります。
今回は、愛媛県松山市の解体費用について、詳しく解説しましょう。

松山市の解体費用の単価坪は?

松山市で解体工事を行った場合、どれ位の費用が掛かるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

松山市の解体費用の坪単価

松山市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.1万円
鉄骨造 3.6万円
RC造 5.5万円

上記のように、解体費用の相場は建物の構造によって異なります。
鉄骨や鉄筋を使用した建物は頑丈な分、解体するのにも手間が掛かります。

ですからその分、費用も高くなるのです。
ただし、鉄骨などの金属は、再利用できるため、業者が買い取ってくれる事が多いもの。

金属の買取り金額の相場によっては、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の解体費用が安くなる事もあります。
鉄骨造や鉄筋コンクリート造の建物の解体をお考えの方は、見積りの際に業者に確認しておくと良いでしょう。

また、解体工事ではこの他にも、人件費や設備費、産業廃棄物の処分代など、様々な費用が掛かります。
その他の費用については、業者の立ち会いのもとに行われる「現場見積り」の際に確認するのが確実でしょう。

松山市の解体工事の費用例

松山市でこれまでに実際に行われた、解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 60坪 132万円 6日間
木造平屋 16坪 54万円 3日間
鉄骨造2階建 104坪 308万円 28日間
木造2階建 50坪 122.5万円 7日間
RC造3階建 39坪 377万円 30日間

解体費用は、物件の持つ様々な条件によって変動します。
相場こそありますが、実際には同じ構造や広さであっても、解体費用まで似通う訳ではないのです。

ですから、上記は数ある事例の一部として、参考程度にお役立てください。

松山市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

松山市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

様々な条件によって変動する解体費用。
松山市で解体工事を行う際、相場よりも高くなるのはどんなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

解体費用が高くなる可能性の一つとして「築年数」が挙げられます。
古い建物には「アスベスト」が含まれている可能性があるからです。

基本的に、アスベストを含む建物の解体費用は、高くなる傾向にあります。
アスベストを含む建物の場合、繊維の飛散を防ぐために専門業者が解体を行わなければなりません。

アスベストとは、1970~1990年代頃に、建材などに使用されていた天然の鉱物繊維の一種。
「奇跡の鉱物」と呼ばれ重宝されていましたが、後に健康被害を招く事が発覚し、現在では使用が禁止されています。

しかし、規制される前に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。
解体によって飛散したアスベストを吸引した場合、肺がんなど様々な病気を引き起こす可能性があります。

段階的なアスベスト規制の中でも、含有量が1%を超える吹き付け作業の禁止がされたのが1995年。
少なくとも、それ以前に建てられた家屋の解体をお考えの方は、注意が必要でしょう。

松山市にも、古い建物は数多く存在します。
事前にアスベストの含有について、しっかりと調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

「立地条件」も、解体費用を高くする大きな要因の一つです。
住宅街などの密集地(狭小地)での解体費用は、相場よりも高くなる可能性があります。

それは、解体するのに非常に手間が掛かるからです。
道路が狭い場合には、重機が入れず手作業になる事は、珍しくありません。

多くの人員や工期を要するため、費用が高くなるのです。
交通誘導員を置くケースもあるでしょう。

また、住宅密集地では隣家との距離が近いため、騒音や粉塵対策を強化します。
養生などの設備にも力を入れますから、その分費用が掛かるのです。

松山市には住宅街も多く、狭小地に建つ建物も少なくないでしょう。
そのような立地条件の建物の解体をお考えの方は、多めに予算を組んでおくと安心です。

松山市で解体費用を抑えるためのポイント

松山市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、なるべく安く抑えたいものです。
松山市で解体費用を抑える方法はないのでしょうか。

松山市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

松山市には、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。

制度 内容
松山市木造住宅耐震改修等補助事業 市内の木造住宅の耐震改修費用の一部を補助
松山市住まいるリフォーム補助金 住宅のリフォーム費用の一部を補助
移住者住宅改修支援事業 空き家を活用して移住する場合に、住宅改修費の一部を補助
松山市民間建築物アスベスト含有調査補助事業 民間建築物の吹付けアスベスト等が施工されているおそれのある建築物について、含有調査費用の一部を補助

松山市の補助金制度は、とても充実していますね。
耐震や、アスベストに関しての補助金があるのは、市民の安全を守ろうという自治体の配慮が感じられます。

これらの制度を利用する事で、解体費用の削減になるでしょう。
ただし、補助金制度は、誰でも無条件に受けられるというものではありません。

自治体の定めた基準があり、それを満たす場合にのみ、制度を利用する事が出来るのです。
事前に申請をし、審査を受ける必要があります。

工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですので、前もってしっかりと手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事の工程の中で、業者に依頼しなくとも自分で出来る事というのは意外に多くあります。
そういった事を自分で行うだけでも、解体費用を抑える事が出来ます。

  • 不要品の処分
  • 解体業者探し
  • 建物滅失登記

家屋内に残った家財などの不要品は、解体の際に業者に処分をしてもらう事も可能です。
しかしその場合、産業廃棄物として見なされるため、費用が割高になってしまいます。

松山市のごみの回収や、不要品の買取などを利用すれば、費用はほとんど掛かりません。
また、リフォームなどの際に多いのが、建設業者が解体業者を紹介してくれるケースです。

紹介なら安心ではありますが、多くの場合に中間マージンが発生しています。
自分で探して直接契約をすれば、費用は掛かりません。

解体後の建物滅失登記も、専門家に依頼をすると費用が掛かります。
しかし、これも実は、書類を揃えて提出するだけの簡単な登記なのです。

このように、業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用の削減に繋がります。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるポイントは、業者を選ぶところにもあります。
事前に業者の候補を見つけておくのは良い事ですが、始めから1社に絞る事はオススメ出来ません。

複数の業者から見積りを取って、比較をしましょう。
業者同士を競わせる事によって、費用が安くなる可能性があるからです。

また、見積り内容を比較する事は、より自分に合った業者を選ぶポイントと言えます。
しかし、解体工事を行う機会は、そう頻繁に訪れるものではありません。

「悪徳」と呼ばれる業者も存在しますから、自分で探すのが不安だという方もいるでしょう。
そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」。

ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
条件を入力すると、それに合った業者をピックアップしてくれますから、慣れていなくても希望に叶う業者を探す事が出来るのです。

また、このようなサイトでは、業者の登録の際に厳しい基準で審査をしています。
ですから、悪徳業者を避ける事が出来るのも、オススメしたいポイントなのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、松山市周辺の解体業者の登録もあります。
気になった方は是非一度、見積りを取ってみてください。

松山市と解体のまとめ

松山市と解体のまとめ

松山市の解体費用の相場は、坪単価3.1~5.5万円程度です。
それぞれの物件の構造や大きさ、立地などの条件によって変動します。

解体費用の予算を組む際には、相場よりも多めに用意をしておきましょう。
解体費用を抑えるには、自分で出来る事は自分で行いましょう。

業者は紹介ではなく、直接契約をする事で、中間マージンの削減になります。
見積りサイトなどを活用すれば、初めてでも安全、且つ簡単に業者選びが出来ます。

松山市は補助金制度も充実していますから、該当する場合はぜひ利用して、解体費用を安く抑えましょう。