目黒区の解体

自由が丘など、閑静な住宅街の多い東京都目黒区。
スウィーツ好きの若者が集まる街でもあります。

そんな目黒区で、建物の解体をお考えの方もいる事でしょう。
しかし、解体費用の相場というのは、地域によって少しずつ異なるのです。

そこで今回は、東京都目黒区の解体費用について、詳しくご紹介しましょう。

目黒区の解体費用の単価坪は?

東京都目黒区で家屋などを解体したい場合、どれくらいの予算を見ておけば良いのでしょうか。
分かりやすく、坪単価や費用例をまとめてみましたので参考にして下さい。

目黒区の解体費用の坪単価

こちらが、目黒区の解体費用の坪単価です。
建物の造りによって異なります。

構造 坪単価
木造 4.3万円
鉄骨造 4.7万円
RC造 7.1万円

目黒区の解体費用の坪単価は、東京都の中でも若干安い方でしょう。
新宿区や渋谷区などに比べて、建物が密集してる場所が少ないのが理由ではないかと予想されます。

しかし、解体費用は様々な要因により変動しますから、一概に「いくら」とは言えません。
また、解体工事では上記の他に、燃料代や設備費、人件費など様々な費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

目黒区の解体工事の費用例

目黒区でこれまでに、実際に行われた解体工事の事例をいくつか見てみましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 44坪 192万円 10日間
鉄骨造3階建 38坪 178.5万円 12日間
鉄骨造2階建 40坪 177万円 15日間
木造平屋 18坪 73.3万円 6日間
木造2階建 15坪 77万円 6日間

解体費用には坪単価などの相場はあります。
しかし、こうして見るとそこから大きく外れている事例もありますね。

それは、実際の工事ではその物件ごとの様々な条件によって、相場が変動するからです。
ですから、上記は数多くある事例の一部として、参考までにお役立て下さい。

目黒区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

目黒区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

様々な条件によって変動する解体費用ですが、どのような場合に高くなるのでしょうか。
目黒区での解体工事で、費用が高くなるケースについて見ていきましょう。

アスベストを含んだ建物

1970~1990年代ごろまで、建材に多く使用されていたのが「アスベスト」です。
天然鉱物の一種であり、耐久性や柔軟性の高さから「奇跡の鉱物」とも呼ばれていました。

実は、このアスベストが含まれた建物の解体費用は、相場よりも高くなる傾向にあります。
非常に細いアスベストの繊維は空中に飛散しやすく、それを吸い込んでしまう事で肺がん等の様々な病気の原因となるのです。

解体工事においても非常に危険を伴うため、専門業者による適切な処分が義務づけられています。
健康被害を招く危険性がある事が発覚してから規制が行われ、現在では使用禁止となっているアスベスト。

しかし、規制前に建てられた建物には、未だに含まれている可能性があるのです。
目黒区にも、古い建物は数多く存在するでしょう。

築年数の古い建物を解体する際には、事前にアスベストの含有調査を行う事が重要です。

狭小地での解体工事

目黒区のような住宅街の多い地域には、狭小地に建つ建物もあるでしょう。
狭い場所や入り組んだ土地に建つ家屋などの解体は、非常に手間が掛かります。

必要な重機が入れず手作業になったり、作業がやりづらく工期が延びる事も考えられます。
また、交通誘導員を設置するケースも少なくありません。

このように、狭小地での解体工事には、相場よりも高い費用が掛かるのです。
解体する予定の建物が、住宅密集地に建っているという方は、解体費用を多めに用意しておくと安心でしょう。

目黒区で解体費用を抑えるためのポイント

目黒区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は高くなるばかりではありません。
少し手間を掛けたり、工夫をする事で、安く抑えられる可能性もあるのです。

目黒区での解体工事で、費用を抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

目黒区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

目黒区には、解体費用の削減に繋がる補助金や助成金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
耐震診断助成制度 区内の建物の耐震診断費用の一部を助成
除却工事助成制度 建て替えを前提とした、住宅の除却工事費用の一部を助成
住宅リフォーム資金助成 区内業者の施工によるリフォーム工事費用の一部を助成
目黒区アスベスト(石綿)調査助成制度 建築物のアスベストの含有等について専門の調査機関に分析調査を依頼する場合、費用の半額(限度額:戸建10万円、分譲集合住宅・事業用建築物20万円)を助成

目黒区の補助金制度は、充実していると言えます。
このような制度を利用する事で、結果的に解体費用の削減になるのです。

ただし、これらの制度を利用するには、事前に審査を受けなければなりません。
自治体の定める基準があり、それを満たす建物にのみ適用されるからです。

工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですから、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事では、建物の解体の他にも様々な工程があります。
その中には、実は自分で行う事が出来るものもあるのです。

例えば、家財などの不要品の処分は、業者に依頼すると割高になります。
しかし、目黒区に粗大ゴミとして回収してもらえば、費用は大幅に削減できるでしょう。

また「建物滅失登記」などの各種届け出についても、自分でも出来る簡単なものもあります。
専門家に依頼をせず自分で行う事で、費用の削減になるのです。

このように、業者に依頼する項目を減らす事も、解体費用を安く抑えるポイントと言えます。

複数の業者から見積りを取ろう

業者に依頼せず自分で行った方が良いのは、「業者選び」も当てはまります。
リフォームや建替え等の際に多いのが、ハウスメーカーなどの建設業者から解体業者を紹介されるケース。

この場合、紹介=仲介という事になり、中間マージンなどの手数料が発生するケースがほとんどなのです。
自分で探して直接契約をすれば、費用はほとんど掛かりません。

また、その際には事前に複数の業者から見積りを取り比較しましょう。
価格競争をさせる事で、費用が安くなる可能性があるのです。

そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」。
ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。

そのようなサイトでは、事前に審査を行った上で業者の登録をしています。
ですから、安全性の面でもオススメなのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、目黒区周辺の解体業者も登録しています。
気になる方は、是非一度、見積りを取ってみて下さいね。

目黒区と解体のまとめ

目黒区と解体のまとめ

東京都目黒区の解体費用の相場は、坪単価4.3~7.1万円ほどです。
建物の構造や立地、時期など様々な要因によって変動します。

目黒区で解体費用を安く抑えるには、補助金制度を利用しましょう。
また、自分で業者を探して直接契約をする事も、費用を抑えるポイントです。

見積りサイト等を利用する事で、素人の方でも安全、且つ簡単に業者選びが出来るでしょう。