解体と見積もり

建て替えやリフォームなど、所有する家屋の解体をお考えの方もいるでしょう。
解体工事には多額の費用が掛かりますから、事前に予算を把握しておきたいものです。

そこで今回は、解体費用の見積りを自分で大まかに計算する方法について、詳しく解説したいと思います。
安く抑えるポイント等も、あわせてご紹介しましょう。

一般的な住宅の解体費用の相場は?

一般的な住宅の解体費用の相場は、どのくらいなのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

構造別解体費用の相場

解体費用の相場を、構造別でまとめてみました。

構造 坪単価
木造 3.1万円
鉄骨造 3.6万円
RC(鉄筋コンクリート)造 5.9万円
店舗 2.0~15万円
マンション・アパート 3.0~9.0万円

基本的には、木造の建物は比較的安く解体できるでしょう。
鉄筋や鉄骨などを使用した頑丈な建物は、解体するのにも手間が掛かります。

特殊な重機や多くの人員を必要とする分、費用も高くなるのです。
また、解体工事ではこの他に、人件費や重機の運搬費、設備費など様々な費用が掛かります。

ですから、予算は相場よりも多めに用意しておきましょう。

解体費用の相場は地域や立地条件で異なる

解体費用の相場は、地域や立地条件でも異なります。
その地域の物価や気候、解体業者の数などが関係しています。

また、隣家との距離が著しく近い場合や、作業車や重機が入れないほどの狭小地である場合も、通常よりも工事に手間が掛かるのです。
このように、様々な要因によって解体費用は変動します。

詳しい見積り金額を知りたい方は、実際に業者に現場を見てもらうと良いでしょう。

自分で解体費用を算出する方法

自分で解体費用を算出する方法

資金計画を立てるのに、自分で費用の見積りを算出したいものです。
解体費用の算出の仕方について、詳しく解説しましょう。

解体工事に掛かる費用の項目を知ろう

まずは、解体工事に掛かる費用の項目について押さえましょう。
先ほどもお話ししたように、解体工事には様々な費用が掛かります。

その項目は、以下の通りです。

項目 費用
人件費 1人15,000円前後
解体工事 坪単価20,000円~70,000円ほど
重機の運搬費 約40,000円~50,000円
燃料費 解体費用の5%~10%程度
設備費 1㎡あたり500円~1,000円
廃棄物の処分代 4トントラック1台分あたり約7万円~10万円
解体業者の利益 解体費用の2割程度

この他に、アスベストを含有している場合はその処理費用が掛かります。
また、立地によっては交通誘導員を置くため、その人件費も掛かるでしょう。

地中埋設物の発見など、工事が始まってから思わぬ事が起きた場合には、追加費用が掛かるケースもあります。
事前に業者とよく相談する事が、重要でしょう。

解体費用の見積書の内訳

実際に解体業者から出される解体費用の見積書には、以下のような内訳が書かれています。

・仮設工事 
・重機使用料
・内装解体
・屋根解体
・基礎解体
・廃棄物処分費
・樹木
・塀・門撤去
・車庫撤去
・交通誘導員
・仮設トイレ
・諸経費

依頼する業者や、工事の内容によっても異なりますので、あくまでも参考としてご活用下さい。
このように、見積書の内訳を知る事で、おおよその見積り金額を算出する事が出来るでしょう。

解体工事の見積りを安くするポイントは?

解体工事の見積りを安くするポイント

解体費用は、様々な条件によって変動します。
見積り金額や工事に掛かる費用を安くするには、どのようなポイントを押さえたら良いのでしょうか。

不要品の処分は業者に依頼しない

解体工事の際に出るのが、不要品です。
不要品の処分は、解体業者に依頼する事も出来ます。

しかし、その場合には産業廃棄物としての処分になるため、見積りの費用が高くなるのです。
ですから、見積りの費用を抑えるには、不要品の処分は自分で行いましょう。

例えば、生活用品の場合は地域のごみの日に出せば、ごみ袋代だけで済みます。
大きな家具などは、粗大ごみとして出したとしても、数百円~数千円で処分できるのです。

不要品の処分には、約1週間程度かかりますから、前もって計画的に行いましょう。

解体業者と直接契約をしよう

建て替えやリフォームなどの場合に多いのが、建設業者が解体業者を紹介してくれるというケースです。
しかし、それは仲介に当たりますから、中間マージンが発生する事が多くあります。

中間マージンは見積りに含まれている事が多く、なかなか意識はしづらいかもしれません。
ですが、その額は解体費用の10%以上とも言われているのです。

そこで、自分で業者を探して直接契約をすれば、中間マージンは掛かりません。
このように、少しの手間をかけるだけでも、見積りは安く抑えられるのです。

補助金制度を利用する

業者の見積りその物を安くする事以外に、国や自治体の制度を利用して費用を抑えるという方法もあります。
多くの地域では、解体工事に関わる補助金制度が設けられています。

特に多いのが、老朽化が進んだ古家の解体や、リフォームに関する制度です。
そのような制度を利用する事で、解体費用は大きく削減できるでしょう。

しかし、補助金制度は、全ての地域に設けられている訳ではありません。
また、制度を受けるには自治体の定める様々な条件があり、事前に審査を受ける必要もあるのです。

まずは、お住まいの地域にそのような制度があるかを確認しましょう。
工事が始まってからでは申請できない制度もありますから、事前にしっかりと手続きを行う必要があります。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用の見積りを安く抑えたいのなら、複数の業者から見積りを取りましょう。
業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があります。

また、見積りの内容を比較する事で、より優良な業者を見極める事にも繋がるのです。
面倒だなと感じる方や、時間のない方などは、ネットで見積りが取れる「一括見積りサイト」を活用しましょう。

お家に居ながら、無料で複数の見積りを取る事が出来ます。
また、このようなサイトでは、業者をしっかりと審査した上で登録していますから、いわゆる「悪徳業者」を避ける事が出来るのも、オススメのポイントです。

解体と見積りのまとめ

解体と見積りのまとめ

解体費用の見積りを自分で計算するには、構造ごとの相場を把握しましょう。
そして、その他に掛かる費用の項目を知る事が重要です。

その上で、費用を安く抑えるための工夫をしましょう。
事前に複数の会社から見積りを取る事で、より優良な業者を選ぶ事が出来ます。

見積りサイトなどを活用すれば、自分でも信頼できる解体業者を見つける事が出来るでしょう。