宮崎市の解体

老朽化や転勤、土地の売却など、お持ちの家を解体する機会はあるでしょう。
どれくらいの費用が掛かるのか、事前に把握しておきたいものですね。

しかし実は、解体費用の相場というのは地域によって異なるのです。
中でも今回は、九州は宮崎県の県庁所在地である「宮崎市」にスポットを当ててみたいと思います。

宮崎県宮崎市で、解体工事をお考えの方は、是非参考にしてみて下さい。

宮崎市の解体費用の単価坪は?

解体費用には、おおよその坪単価があります。
宮崎県宮崎市の解体費用の相場は、どれくらいなのでしょうか。

詳しく見て行きましょう。

宮崎市の解体費用の坪単価

宮崎市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。
構造ごとに相場が異なるので、参考にしてみて下さい。

構造 坪単価
木造 2.9万円
鉄骨造 3.9万円
RC造 4.6万円

木造に比べて、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物は、頑丈に出来ています。
その分、解体するのにも手間が掛かりますから、費用も高くなる傾向にあるのです。

一般的には、木造よりも鉄筋や鉄骨を使用した建物の解体費用の方が、高くなるでしょう。
ただし、金属は再利用できるため、業者が買取ってくれるケースも多いものです。

そのような様々な事柄が解体費用に影響しますので、一概に「いくら」と考えるのは避けましょう。
また、解体費用は上記の他に、人件費や燃料代、設備費などの様々な項目があります。

坪単価の相場だけでなく、「その他の費用」もしっかりと計算に入れておきましょう。

宮崎市の解体工事の費用例

宮崎市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例をいくつかご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 40坪 119万円 8日間
木造平屋 21坪 55万円 4日間
鉄骨造2階建 36坪 86.5万円 10日間
鉄骨造2階建 59坪 127万円 13日間
RC造3階建 79坪 590万円 21日間

上記は、数ある費用例のほんの一部です。
解体費用は様々な条件によって変動しますから、例え似た条件の事例であっても、掛かる費用に大きく差が出る事もあります。

ですので、事例はおおよその参考程度に、お役立て下さい。

宮崎市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

宮崎市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な事柄によって変動するものです。
しかし、予算よりも高くなる事は、極力避けたいものでしょう。

宮崎市で、解体費用が相場よりも高くなるのは、どんなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

建物の老朽化を理由に、解体を考える方は多い事でしょう。
解体しなければならないほど老朽化しているというのは、築年数が古いという事です。

そんな、古い建物の解体工事では、費用が高くなる事があります。
それは、「アスベスト」を含有している場合です。

アスベストは、天然の鉱物繊維の一種。
優れた耐久性や柔軟性とコストの安さから、以前は建材に多く使用されていました。

しかし、後に健康被害を招く事が発覚し、現在では使用が禁止されています。
ですが、建材に使用されていた頃に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。

アスベストは危険なため、専門業者による適切な処分が義務づけられています。
宮崎市で、古い建物の解体をお考えの方は、アスベスト含有の事前調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

家屋などの建物には、様々な立地条件があります。
中でも、狭い場所や入り組んだ土地に建つ建物の解体費用は、相場よりも高くなるでしょう。

道路の幅が足りず重機が入れない場合は、人力解体となります。
足場が組みにくい事も多く、作業の効率が下がる事も。

また、住宅密集地では周辺への配慮から、養生などの設備を強化しなければなりません。
このように、狭小地での解体工事には非常に手間が掛かるため、費用が高くなるのです。

県庁所在地である宮崎市には住宅街も多く、狭い土地に建つ家も多い事でしょう。
狭小地での解体工事をお考えの方は、多めに予算を組んでおきましょう。

宮崎市で解体費用を抑えるためのポイント

宮崎市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、出来れば安く抑えたいものですよね。
工夫次第では、相場よりも安くする事は可能です。

ここからは、宮崎市で解体費用を安くするポイントについて、詳しく解説しましょう。

宮崎市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

宮崎市には、解体工事の際に役立つ補助金や助成金制度が設けられています。

制度 内容
宮崎市青島地域空き家対策補助金 青島地域をモデル地区として、家賃補助、改修等補助、解体補助の制度を創設。若者世帯や移住・定住者等を支援し、地域の活性化を図る。
木造住宅などの耐震診断・改修費用の一部を補助 昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅の所有者が実施する耐震診断・耐震改修の費用の一部を補助
住宅改修補助事業(宮崎市高齢者等居宅介護住宅改修補助事業) 介護保険の要支援・要介護認定者で一定所得以下の世帯の場合に、介護保険住宅改修給付対象工事の超過費用及び給付対象外工事費用の一部を助成

このような、自治体の制度を利用する事は、解体費用を抑えるポイントです。
該当する方は、是非利用してみましょう。

ただし、補助金制度を受けるには、自治体が行う審査に通らなければなりません。
これらの制度には、それぞれ一定の基準が設けられているからです。

工事が始まる前に申請する必要がありますから、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用を抑えるポイントの一つが、「出来るだけ自分で行う」という事です。
解体工事の項目の中で、業者に依頼しなくとも自分で出来る事というのは、意外に多くあります。

まず、解体業者は紹介ではなく自分で探しましょう。
なぜなら、建設業者などからの紹介ですと、中間マージンが発生する事がほとんどだからです。

自分で探し、直接契約をすれば、費用は掛かりません。
また、家屋内に家財などの不要品が残っている場合があります。

これらの処分は、工事の際に業者に依頼する事も出来ますが、産業廃棄物になるため費用が割高になるのです。
宮崎市の粗大ごみの回収などを利用すれば、費用は数千円程度で収まるでしょう。

この他にも、自分で出来る事は沢山あります。
業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用は削減できるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

先ほども申し上げましたが、解体費用を抑えるには、業者選びは自分で行いましょう。
そして、事前に複数の業者から見積りを取る事が大きなポイントです。

業者同士を競わせる事によって、費用が安くなる可能性があります。

「自分で業者を探すだけでも分からない事が多いのに、複数の業者からなんて・・」
そんな方にオススメなのが、「一括見積サイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
このようなサイトでは、厳しい基準を設け、業者を審査しています。

いわゆる「悪徳業者」を避ける事が出来るのも、オススメしたい理由なのです。
複数の見積りを取って比較する事は、より希望に合った優良な業者を探す事にも繋がります。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、宮崎市周辺の解体業者も登録しています。
気になる方は、ぜひ一度、見積りを取ってみて下さい。

宮崎市と解体のまとめ

宮崎市と解体のまとめ

宮崎県宮崎市の解体費用の相場は、坪単価2.9~4.6万円程です。
ただし、あくまでも相場ですから、様々な条件によって変動します。

複数の業者から見積りを取り比較する事で、安く抑える事が出来るでしょう。
また、自分で出来る事は業者に依頼しないようにすれば、更に大きな費用の削減に繋がります。

一括見積りサイトなどを利用する事で、解体工事に詳しくない方でも、簡単且つ安全に業者選びが出来るでしょう。