長野市と解体

老朽化や建て替え、間取りの変更など、家屋の解体工事をする機会があるかと思います。
解体工事には多額の費用が掛かりますから、資金計画は事前にしっかりとしたいものです。

しかし、解体費用の相場というのは、地域によって異なります。
中でも今回は、長野県の県庁所在地である長野市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。

長野市近郊で解体工事をお考えの方は、是非参考にして下さい。

長野市の解体費用の単価坪は?

長野市で解体工事を行う場合の費用について、ご紹介しましょう。

長野市の解体工事の費用の坪単価

長野市の解体費用の相場を、坪単価でまとめてみました。

構造 坪単価
木造 3.2万円
鉄骨造 5.3万円
RC造 5.7万円

解体費用の相場は、上記のように建物の構造によって異なります。
鉄骨やコンクリートを使用した頑丈な建物は、木造よりも解体するのに手間が掛かるためです。

また、解体工事ではこの他にも、設備費や燃料代、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。
ですから、解体費用は「坪単価×坪数」の他に、その他の費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

長野市の解体工事の費用例

長野市で実際に行われた、解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

所在地 構造 坪数 費用 工期
長野市 木造2階建 49.7坪 139万円 8日間
長野市 木造2階建 40坪 128.3万円 8日間
長野市 鉄骨造2階建 29.8坪 142万円 13日間
長野市 RC造平屋 29.4坪 114.2万円 6日間
長野市 木造平屋 25坪 70万円 5日間

上記は、これまで行われた費用例のほんの一部に過ぎません。
解体工事には相場はありますが、立地条件や時期、依頼する業者の技術など、様々な事柄によって変動します。

ですから、費用例はおおよその参考としてご活用下さい。

長野市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

長野市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な要因によって相場よりも高くなる事があります。
長野市で解体費用が高くなってしまうのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

解体する建物にアスベストが含まれている場合、解体費用は相場よりも高くなります。
アスベストとは、天然の鉱物繊維の一種。

耐久性や耐熱性に優れ、コストも安いため「奇跡の鉱物」とも呼ばれ、1990年代まで建材などに広く使用されていました。
しかしその後、肺がん等の健康被害を招く危険性がある事が発覚。

段階的な制限の後、2006年頃に使用や輸入が禁止となりました。
現在は使用されていないアスベストですが、2006年以前に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があります。

解体の際に飛散したアスベストを吸い込んでしまうと、繊維が肺に刺さり蓄積される恐れがあるのです。
ですから、アスベストの処理については、専門業者が行わなければならないと法的に定められています。

そのため、解体費用は高くなるのです。
長野市にも、築年数の古い建物は数多く存在します。

解体予定の建物が、築20年以上の物の場合には、アスベストの有無について事前調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用が相場よりも高くなる要因の一つが、狭小地に建っているケースです。
住宅密集地などでは、家屋1軒あたりの敷地面積が狭い事も多く、隣家との距離が非常に近い場合があります。

そのような場合、重機や作業車が近くまで入れない事があるのです。
そうしたケースでは、本来なら機械で行う作業を、地味に手作業で行います。

手間も工期も掛かるため、通常よりも費用が高くなる傾向にあるのです。
長野市にも、住宅密集地に建つ建物は数多くあります。

解体をお考えの建物が狭小地に建っているという方は、費用に関して事前に業者に確認をしておきましょう。

長野市で解体費用を抑えるためのポイント

長野市で解体費用を抑えるためのポイント

様々な要因によって、高くも安くもなる解体費用。
どうせなら、なるべく安く抑えたいものですよね。

長野市での解体工事で、費用を安く抑えるポイントについてご紹介しましょう。

長野市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

長野市には、解体工事の際に利用できる補助金制度をいくつか設けています。

制度 内容
老朽危険空き家の解体工事補助金 「老朽危険空き家」と認定された建物の解体工事費用の一部を補助
アスベスト飛散防止対策事業補助金 アスベストの含有調査及び、除去費用の一部を補助
長野市ブロック塀等除却事業補助金 危険なブロック塀等の倒壊による被害を未然に防止する目的。所有者が行うブロック塀等の除却事業に要する費用の一部を補助

これらの制度を利用する事で、解体費用を大幅に削減できるでしょう。
ただし、補助金制度を受けるには、事前に審査を受けなければなりません。

自治体の定める基準を満たす建物だけが、受ける事が出来るのです。
工事が始まってしまってからでは受けられない制度もありますから、事前にしっかりと手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

当然の事ですが、業者に依頼する項目が多ければ、それだけ解体費用は高くなります。
ですから、費用を抑えたいのなら、自分で出来る事は自分で行いましょう。

例えば、解体工事の際に出る不要品の処分は、有料で業者に依頼する事も出来ます。
しかし、長野市のゴミの日やリサイクル等を利用して、自分で処分をすれば、数百円~数千円ほどの費用で済むのです。

また、リフォームや建て替え等の場合、建設業者が解体業者を紹介してくれる事があります。
この場合にも、仲介手数料が掛かる事がほとんどなのです。

そこで、自分で業者を探す事で、仲介手数料の削減に繋がります。
このように、ほんの少し手間をかけ、出来る事を自分で行う事により、費用を安く抑える事が出来るのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、複数の業者から見積りを取る事がポイントです。
業者同士を競わせる事により、費用が安くなるでしょう。

見積り金額や内容を比較する事で、より優良な業者を選ぶ事にも繋がります。
とは言え、複数の業者に足を運ぶ事が難しいという方もいるでしょう。

そこで、オススメなのが「一括見積りサイト」です。
インターネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。

このようなサイトでは、業者の登録の際に厳しい審査を行っています。
ですから、いわゆる悪徳業者を避けられるという点も、オススメのポイントなのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、長野市近郊の解体業者も多数登録しています。
気になる方は是非一度、見積りを取ってみて下さい。

長野市と解体のまとめ

長野市と解体のまとめ

長野県長野市での解体費用の相場は、坪単価3.2~5.7万円ほどです。
ただし、建物の構造や立地条件、その他様々な事柄によって変動します。

また、解体費用はこの他に、人件費や設備費、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。
解体費用を安く抑えるには、複数の業者から見積りを取り価格競争をさせましょう。

業者に依頼する項目を減らす事も、費用が安くなるポイントです。
長野市には、解体工事の際に利用できる補助金制度もありますから、該当する場合には是非活用してみましょう!