中野区の解体

昔ながらの商店街や、交通の利便性の良さから「若者の集まる街」と言うイメージが強い東京都中野区。
最近では、駅前の再開発によって、ファミリー層にも人気が増しているようです。

古い建物が多いのが特徴ですが、リフォームやリノベーションをして住むにはもってこいの場所と言えるでしょう。
ですから、そんな中野区で建物の解体や除却をお考えの方もいるかと思います。

そこで、気になるのが費用ですが、実は解体工事に掛かる費用の相場は、地域によって異なるのです。
今回は、東京都中野区の解体費用について、詳しく解説しましょう。

中野区の解体費用の単価坪は?

東京都中野区で解体工事を行うには、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
単価坪や実際の費用例を見ていきいましょう。

中野区の解体費用の坪単価

中野区の解体費用の坪単価をまとめてみました。

構造 坪単価
木造 3.9万円
鉄骨造 4.8万円
RC造 6.9万円

ご覧の通り、解体費用の相場は、建物の構造によって異なります。
それは、構造や使用している建材などによって、解体に掛かる手間が違うからです。

当然、鉄骨などの金属を使用した建物は、木造よりも取り壊すのに手間が掛かります。
重機の出番も多く、それを操縦する作業員や、工期も多く必要になるため、費用は高くなるのです。

ただし、上記は建物の解体に掛かる費用の相場であって、工事の総額ではありません。
解体工事にはこの他に、産業廃棄物の処分代や燃料費、設備費など様々な費用が掛かるのです。

そのため、坪単価だけでは工事全体の費用の試算は難しいでしょう。
上記はおおよその参考として、この後にご紹介する実際の費用例などと併せて参考にして下さい。

中野区の解体工事の費用例

それでは次に、中野区で実際に行われた解体工事の費用例を見てみましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 45坪 136万円 11日間
木造2階建アパート 35坪 122.3万円 12日間
住宅内装解体 37坪 80万円 5日間
RC造3階建 66坪 780万円 36日間
木造2階建 37.9坪 156万円 11日間

解体費用の相場についてご紹介しましたが、実際には上記のように、様々なケースがあります。
解体費用を左右する要因は、建物の構造以外にも、立地条件や工事を行う範囲、依頼する業者など数多くあるのです。

実際に掛かる費用について詳しく知りたい方は、業者の立ち会いで行われる「現場見積り」をしてもらいましょう。

中野区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

中野区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

ここまでお話したように、解体費用は様々な要因によって変動します。
相場より高くなってしまう事も、珍しくありません。

中野区で解体費用が高くなるケースについて事前に把握し、予想外の事態を避けましょう。

アスベストを含んだ建物

中野区は、東京都の中でも比較的古い建物が多い地域だと言えます。
古い建物を取り壊す際に気を付けたいのが「アスベスト」です。

アスベストの繊維には、吸い込む事で健康被害を招く危険性があるため、専門業者による適切な処理が義務付けられています。
ですから、アスベストを含む建物を解体する場合、費用が高くなると考えて良いでしょう。

熱や摩擦に強い上、加工しやすいアスベストは、「奇跡の鉱物」と呼ばれ1970年~1990年代頃まで建材に多く使用されていました。
人体への影響が発覚し、現在では使用が禁止されていますが、それ以前に建築された建物には、未だに多くのアスベストが含まれている可能性があるのです。

築年数の古い建物の解体をお考えの方は、事前にしっかりとアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を高くしまう原因には、立地も大きく関わっています。
例えば、住宅街などに多いのが「狭小住宅」です。

狭小地や変形地に建つ建物の解体費用は、相場よりも高くなる傾向にあります。
出入口や隣接する道路が狭く廃棄物を運ぶ車両が入れない場合、運搬コストが高くなります。

また、重機に関しては使用できない場合、地道に手作業で行う事になるのです。
場合によっては、交通誘導員を置く事もあり、当然その分も費用が掛かります。

このように、狭小地や変形地での解体工事には非常に手間が掛かるため、人件費や工期がかさみ費用が高くなるのです。
中野区にも、狭小住宅は数多く存在するでしょう。

そのような条件の建物を解体する際には、相場よりも費用が高くなる可能性について、把握しておきましょう。

中野区で解体費用を抑えるためのポイント

中野区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、出来る限り安く抑えたいものですよね。
ここからは、中野区で解体費用を抑えるためのポイントについて、いくつかご紹介したいと思います。

中野区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

中野区には、解体費用の削減に繋がる補助金や助成金制度が設けられています。

制度 内容
木密地域不燃化 10年プロジェクト 不燃化特区とされた対象地域において、一定の要件を満たす老朽住宅の建て替えや除却等を行う場合に補助金を交付
建築物の耐震対策支援制度 昭和56年5月31日以前に建築された木造建築物、特定緊急輸送道路の沿道にある非木造建築物の耐震診断、建替え、耐震改修、除却等に要する費用の一部を補助
老朽建築物の解体除却費の補助 老朽建築物の解体除却を行う方にその費用の一部を補助

これらはほんの一部ですが、このような制度を利用する事で、解体費用を安く抑える事が出来るのです。
中野区の弥生町三丁目周辺地区や大和町地区などは、東京都の取り組む「木密地域不燃化10年プロジェクト」に指定されています。

大きな地震や自然災害に備え、これらの地域では特に多くの助成金制度が受けられます。
ただし、このような制度は、誰でも無条件に利用できるものではありません。

事前に申請を行い、定められた基準を満たす場合にのみ受ける事が出来るのです。
年間の予算が決まっている制度も多いので、使用したい方は前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事を行う際、多くの人はすべてを業者に任せてしまうでしょう。
しかし、解体費用を抑えるためにはそれはオススメ出来ません。

解体工事と言っても、常に重機を操縦し特殊な事をしている訳ではないのです。
完了までの多くの工程の中には、自分で出来る事も多くあります。

簡単なものと言えば、不要品の処分です。
家財などの不要品は、業者に処分を依頼した場合、産業廃棄物と一緒にされるため費用が高くなります。

中野区に粗大ごみとして出せば、費用は大きく削減できます。
また、建物滅失登記などの届出に関しても、専門家に依頼しなくても出来る簡単な物もあるのです。

このように業者に依頼する項目を減らす事も、解体費用の大きな削減に繋がるでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体工事において、業者選びは非常に重要なポイントです。
解体費用を抑えるためには、業者探しも自分で行う事をオススメします。

紹介などの場合に発生する「中間マージン」を削減できるからです。
また、複数の業者から見積りを取って比較する事で、価格競争をさせましょう。

見積り金額が安くなる可能性があります。
しかし近年、必要な事前周知などを怠ったり、大きな事故を起こすなど、解体工事業界のイメージは下がりつつあるでしょう。

自分で業者を探すというのは、ハードルが高いと感じる方もいるかと思います。
そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
このようなサイトでは、登録の前に厳しく業者を審査していますから、安全性が高いのもオススメ出来る理由です。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、中野区周辺の解体業者の登録も多数あります。
気になる方は、見積りだけでも一度利用してみて下さいね。

中野区と解体のまとめ

中野区と解体のまとめ

東京都中野区の解体費用の相場は、坪単価3.9~6.9万円ほどです。
構造や大きさ、様々な条件によっても変動しますので、坪単価だけで試算するのはオススメ出来ません。

解体費用が高くなる要因は、アスベストなど普段意識していないものから、狭小地などの立地条件まで様々です。
事前に把握し、見積りの段階で業者にしっかりと相談する事が、想定外の事態を防ぐ最大の備えでしょう。

また、解体業者は自分で探す事で中間マージンの削減が出来ます。
事前に数社から見積りを取って比較する事で、より自分に合った優良な業者を見つける事が出来るでしょう。