奈良市の解体

持ち家や所有する店舗の築年数が経ち、そろそろリフォームや建て替えをとお考えの方もいる事でしょう。
そこで、気になるのが解体費用ですよね。

決して安いものではありませんから、事前に把握しておく必要があります。
しかし、解体費用の相場は、実は地域によって異なるのです。

中でも今回は、奈良県の県庁所在地である奈良市の解体費用について、詳しくお伝えしたいと思います。
奈良市周辺で解体工事をお考えの方は、是非参考にしてみて下さい。

奈良市の解体費用の単価坪は?

奈良県奈良市で解体工事を行う場合、一体どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や費用例を見て行きましょう。

奈良市の解体費用の坪単価

奈良市の解体費用の坪単価を、簡単にまとめてみました。

構造 費用
木造 3.5万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 5.4万円

解体費用の相場というのは、ご覧のとおり建物の構造によって異なります。
なぜなら、頑丈な造りの建物ほど、解体するのにも手間が掛かるからです。

ですから、一般的には木造よりも鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物の解体費用は高くなります。
しかし、奈良市の解体費用の坪単価は、鉄骨造が木造よりも安くなっています。

鉄骨や鉄筋などの金属は、リサイクル出来るため業者が買取ってくれるケースが多いもの。
ですので、鉄骨の買取り金額の相場が高い地域である事が考えられます。

また、解体工事ではこの他に、人件費や燃料費、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。
そのため、解体費用は相場よりも多めに用意しておきましょう。

奈良市の解体工事の費用例

奈良市で実際に行われた、解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造平屋 5坪 23.7万円 2日間
木造2階建 89坪 185万円 10日間
鉄骨造2階建 33坪 91万円 11日間
木造2階建 32坪 80.4万円 7日間
鉄骨造平屋 34坪 95.6万円 9日間

 

上記は、数多くある事例のほんの一部です。
解体費用に相場があるとは言え、実際にはそれぞれの条件によって変動します。

また、工事に掛かる期間に関しても、木造だから短いとは一概には言えません。
ですから、事例はおおよその参考程度にお役立て下さい。

奈良市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

奈良市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体工事に掛かる費用は、様々な条件によって変動します。
相場よりも高くなってしまう場合も少なくありません。

奈良市で解体費用が高くなるのは、どんなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

解体工事を行う理由として、建物の老朽化が挙げられます。
古い建物の解体工事で気を付けたいのが、「アスベスト」です。

アスベストとは、1990年代頃に建材に多く使用されていた、天然の鉱物繊維。
使い勝手やコストパフォーマンスの良さから「奇跡の鉱物」と呼ばれ、重宝されていました。

しかし、アスベストには肺がん等の健康被害を招くリスクがある事が発覚。
その後、段階的な規制を経て、現在では使用が禁止されています。

アスベストは細かな繊維から出来ており、空気中に飛散しやすいのが特徴です。
解体によって飛散したアスベストを吸入した場合、肺に刺さり様々な病気の原因となります。

ですから、アスベストを含む建物の解体工事は専門業者が行わなければならず、費用が高くなるのです。
アスベストが使用されていた時代に建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があります。

奈良市で古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有について、調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を大きく左右する要因の一つが「立地条件」です。
狭い土地や変わった地形の土地、入り組んだ場所に建てられたものもあるでしょう。

そのような、狭小地の解体工事では、費用が高くなる可能性があるのです。
それは、工事の「しにくさ」が関わっています。

重機が入れず、本来機械で行う作業を人の手で行えば、その分人件費が掛かります。
隣家との距離が近ければ、騒音や粉塵対策の強化をしなければなりません。

また、場合によっては交通誘導員を設置しなければならないケースもあります。
奈良市で狭小地に建つ家屋などの解体を予定している方は、相場よりも費用が掛かるかもしれないという事を覚えておきましょう。

奈良市で解体費用を抑えるためのポイント

奈良市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、出来るだけ安く抑えたいものですよね。
少しの手間や工夫次第で、安くする事も可能です。

奈良市で、解体費用を抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

奈良市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

奈良市には、解体工事の際に利用できる、補助金制度が設けられています。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
奈良市空き家・町家バンク活用住宅支援補助金 奈良市空き家・町家バンクに登録されている住宅の購入や改修に要する経費の一部を補助
奈良市老朽危険空家等除却費用補助金 奈良市が老朽危険空家等と判断した空家等の除却工事費用の一部を補助

奈良市は、空き家に関する補助金制度が充実しています。
これらの制度を利用する事で、解体費用の削減に繋がるのです。

ただし、補助金や助成金制度は、誰でも受けられるものではありません。
自治体が定めた基準があり、それを満たす建物の解体の際に利用できるのです。

それには、事前に審査を受ける必要があります。
工事が始まってからでは申請できない制度や、年間で予算が決まっている制度がほとんどです。

該当しそうな方は、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事の一連の項目の中で、自分でも出来るものがあります。
業者に依頼をすれば簡単ですが、当選その分費用が掛かります。

ですから、自分で出来る事は業者に依頼しないというのが、解体費用を抑えるポイントの一つなのです。
例えば、家屋内に残っている不要品の処分は、解体と共に業者に依頼をする事が出来ます。

しかしその場合、一般家庭から出た物であっても産業廃棄物と見なされるため、費用が割高になるのです。
奈良市の地域のゴミの回収を利用する事で、廃棄物の処分代の節約になります。

また、解体業者探しも自分で行いましょう。
建設業者などからの紹介の場合、中間マージンが発生するからです。

解体工事の終了後に行う「建物滅失登記」も、専門家に依頼をすれば費用が掛かります。
しかし、これも実は自分で簡単に出来る登記なのです。

このように、少しの工夫や手間を掛ける事で、解体費用は節約する事が出来るでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたいのなら、複数の業者から見積りを取りましょう。
それを「相見積り」と言いますが、価格競争に繋がるため、費用が安くなる可能性があるのです。

また、業者同士を比較する事で、より条件に合った業者を見つける事にも繋がります。
簡単に相見積りを取るのにオススメなのが、「一括見積りサイト」です。

自宅に居ながらにして、ネットで複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
また、このようなサイトに登録している業者は、サイトが定めた厳しい基準をクリアしている会社ばかり。

初めての業者選びで不安な方でも、安心して優良な業者を見つける事が出来るのです。
当サイトがオススメする見積りサイトには、奈良市周辺の解体業者の登録も複数あります。

気になる方は、是非一度、見積りを取ってみて下さい。

奈良市と解体のまとめ

奈良市と解体のまとめ

奈良市の解体費用の相場は、坪単価2.8~5.4万円ほどです。
建物の造りや大きさ、立地条件など様々な事柄によって変動しますので、参考程度にお役立て下さい。

奈良市には、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。
そのような制度を利用する事で、解体費用の大きな節約になるでしょう。

解体費用を安く抑えるためには、業者は自分で選ぶ事がポイントです。
複数の業者から相見積りを取り、金額・内容共に比較をしましょう。

見積りサイトを利用する事で、解体工事業に詳しくなくとも、安全に業者選びが出来るでしょう。