練馬区の解体

様々な理由により、所有する建物の解体工事をする機会があります。
しかし「解体」と一口に言っても、完全な解体やリフォーム、新築への建て替えなど、様々なケースがあるでしょう。

どのくらいの費用が掛かるかについては、事前に把握しておきたいものですよね。
実は、解体費用の相場は、地域によって異なります。

中でも今回は、東京23区で最も西端に位置し、人口も多い「練馬区」にスポットを当ててみたいと思います。
練馬区周辺で解体工事をお考えの方は、参考にしてみて下さい。

練馬区の解体費用の単価坪は?

東京都練馬区の解体費用の相場は、どれくらいなのでしょうか。
これからご紹介する坪単価や実際の費用例などを参考に、試算してみて下さい。

練馬区の解体費用の坪単価

練馬区の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.6万円
鉄骨造 8.8万円
RC造 3.9万円

解体費用の相場は、建物の構造によって異なります。
それは、建物を構成している材料によって、解体するのに掛かる手間が違うからです。

鉄骨や鉄筋を使用した頑丈な建物は、木造建築に比べると解体するのが容易ではありません。
特殊な重機を使用したり、それを操縦する作業員や多くの工期を必要とするため、解体費用は高くなる傾向にあります。

また、上記は工事のトータル的な金額の相場では無く、建物の解体自体に掛かる費用の坪単価です。
解体工事にはこの他に、人件費や設備費、燃料代や廃棄物の処分代など「その他の費用」が掛かるという事を覚えておきましょう。

首都東京都という事もあり、全国的に見ても相場は高いと言える練馬区の解体費用。
事前にしっかりと把握して、準備をしておきましょう。

練馬区の解体工事の費用例

これまでに、練馬区で実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 25.6坪 82.9万円 11日間
木造2階建 47坪 150.2万円 15日間
鉄骨造2階建 54坪 422万円 26日間
RC造3階建 98坪 407万円 40日間
木造2階建 22坪 110万円 14日間

事例を参考にする事で、おおよその解体費用の目安が分かるでしょう。
ただし、解体工事と言っても、その条件は一様ではありません。

立地や大きさ、アスベストや地中埋設物の有無など、様々な条件によって費用は変動するのです。
ですから、同じような広さや構造の事例があっても、そっくりそれを参考にするのは少々危険と言えます。

上記は参考材料の一つとして、お役立て下さい。

練馬区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

練馬区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

様々な条件によって変動する解体費用。
相場よりも高くなってしまう事もあります。

「予算が足りない」という事にならない為にも、練馬区で解体費用が高くなるケースについて、把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

老朽化した古い建物の解体を予定している方は、注意が必要と言えます。
古い建物には「アスベスト」が含まれている可能性があるからです。

アスベストとは、1990年代ごろまで、建材に多く使用されていた天然鉱物の一種。
非常に細かい繊維が集まって出来ており、柔軟性や耐久性に優れていました。

一時は「奇跡の鉱物」とまで呼ばれていたアスベストですが、その繊維を吸い込む事で様々な健康被害を招く事が発覚。
段階的な規制を経て、現在は使用が禁止されています。

アスベストは空気中に飛散しやすいため、専門業者による適切な処分が義務付けられています。
ですから、アスベストを含んだ建物の解体には、多くの費用が掛かるのです。

練馬区にも古い建物は存在するでしょう。
特に1970~1990年代頃に建築された建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行う事が重要です。

狭小地での解体工事

練馬区は、東京23区の中で、世田谷区に次いで第2位の人口を誇っています。
ですから、非常に住宅が多く建つ地域と言えるでしょう。

そんな中で、狭小地に建つ建物もあるでしょう。
狭小地や入り組んだ場所での解体工事には、多くの費用が掛かる可能性があります。

重機が入れず使用できない場合には手作業で行ったり、現場が狭く作業効率が落ちれば工期も長く掛かります。
このように、多くの手間が掛かるため、狭小地での解体工事は相場よりも多くの費用が掛かる傾向にあるのです。

練馬区で解体費用を抑えるためのポイント

練馬区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は変動しますが、安くなる可能性も十分にあります。
練馬区で解体費用を抑えるためのポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

練馬区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

練馬区には、解体工事を行う際に利用できる補助金や助成金制度が設けられています。
下記はその一部ですが、参考にして下さい。

制度 内容
特定緊急輸送道路沿道建築物の助成 特定緊急輸送道路沿道で一定の高さの建築物の耐震診断・実施設計・耐震改修工事等の各段階において掛かる費用の一部を助成
住宅の耐震改修工事等の助成 昭和56年(1981年)5月以前に建築された、現在の耐震基準を満たさない住宅の耐震診断、実施設計、耐震改修工事、除却工事に要する費用の一部を助成
アスベストの調査費用および除去工事費用の助成制度 吹付け材の成分等の調査費用、およびアスベストを含有する吹付け材の除去工事費用を一部助成

このような制度を活用する事で、結果的に解体費用の削減になるのです。
これらの制度を受けるには、幾つかの条件があります。

その条件を満たす場合にのみ利用が可能ですので、希望する方は事前にしっかりと申請し、審査を受けましょう。
また、制度ごとに決められた予算もあります。

解体工事を行う事が決まったら、お住まいの地域を管轄する役所などに相談をしてみると良いでしょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事を完了すまでには、様々な工程を踏みます。
その中で、自分でも出来る事というのは、意外に多くあるのです。

業者に依頼する事は簡単ですが、当然その分費用が掛かります。
ですから、自分で出来る事は業者に依頼しないというだけで、解体費用の削減に繋がるのです。

まず、住宅内に残る家財道具などの不要品は、自分で処分しましょう。
業者に依頼する事も出来ますが、産業廃棄物として処分されるため、費用が割高になります。

粗大ごみとして練馬区に回収してもらえば、大きな家具などでも数百円~数千円程度で処分が出来るのです。
また、カーポートやウッドデッキなどは、DIYが得意な方であれば簡単に解体が出来るでしょう。

「建物滅失登記」などの各種届出も、自分で出来る簡単なものもあるのです。
このように、業者に依頼する項目を減らす事も、解体費用を安く抑えるポイントと言えます。

複数の業者から見積りを取ろう

解体工事を行うと決めたら、まずは業者探しですよね。
建て替えやリフォームなどでは、建設業者から紹介を受ける事もありますが、なるべく自分で探しましょう。

なぜなら、紹介を依頼した場合、中間マージンが発生するケースがほとんどだからです。
自分で業者を探して直接契約をすれば、費用は掛かりません。

その際に、初めから1社に絞るのではなく、複数の業者から見積りを取って比較しましょう。
業者同士を競わせる事によって、費用が安くなる可能性があるからです。

自分で業者を探す事のが不安だという人もいる事でしょう。
そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。
そのようなサイトでは、厳しい審査を通過した業者のみを登録していますから、安全性が高という点でもオススメ出来るのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、練馬区周辺の解体業者も多数登録しています。
気になる方はぜひ一度、試しに利用してみて下さいね。

練馬区と解体のまとめ

練馬区と解体のまとめ

東京都練馬区の解体費用の相場は、坪単価3.6~8.8万円程度です。
ただし、建物の構造や大きさ、立地条件などによって変動しますので、参考程度にお考え下さい。

また、古い建物にはアスベストが含まれている可能性があります。
築年数の古い家屋などの解体を予定している場合は、事前に調査を行いましょう。

練馬区で解体費用を抑えるには、補助金や助成金制度を利用する事をオススメします。
事前の申請が必要ですので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で業者を探す事も、費用を抑えるポイントです。
数社から見積りを取り比較をする事で、より安く優良な業者を選ぶ事が出来るでしょう。