西尾市の解体

愛知県の中央部、三河湾に面した場所にあるのが「西尾市」です。
抹茶の産地として有名な他、「三河の小京都」とも言われ、古い町並みが残っています。

豊かな自然がある一方で、名古屋へのアクセスも良く、住みやすい町と言えるでしょう。
そんな西尾市で、建物の解体工事をお考えの方もいるかと思います。

そこで今回は、愛知県西尾市の解体費用の相場について、詳しく解説しましょう。
解体費用は地域によって相場が異なりますから、事前に把握しておく事がポイントです。

西尾市の解体費用の単価坪は?

愛知県西尾市で建物の解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や実際の費用例をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

西尾市の解体費用の坪単価

西尾市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 2.5万円
鉄骨造 3.0万円
RC造 3.5万円

建物の構造によって相場が異なるのは、解体に掛かる手間が違うからです。
鉄骨や鉄筋を使用した頑丈な建物は、木造などに比べ複雑な造りをしています。

特殊な重機を駆使したり、様々な工程を踏みながら解体していくため、時間も人手も多く必要とします。
ですから、一般的には木造よりも、鉄骨造やRC(鉄筋コンクリート)造の建物の方が解体費用は高くなるのです。

また、上記は建物の解体のみに掛かる費用の相場であって、工事の総額ではありません。
解体工事にはその他にも、人件費や設備費、産業廃棄物の処分代など様々な費用が掛かります。

西尾市の解体工事の費用例

西尾市でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例を少しご紹介します。

構造 坪数 費用 日数
木造2階建 35坪 76.5万円 7日間
木造平屋 50坪 203万円 10日間
木造2階建 42.5坪 98万円 8日間
鉄骨造平屋 8.5坪 30.3万円 6日間
鉄骨造2階建 31.5坪 79.1万円 9日間

解体費用には先ほどお伝えした坪単価のように、相場というものがあります。
しかし、実際にはそのとおりになるケースばかりではありません。

なぜなら、解体費用の相場は、様々な要因によって変動するからです。
立地条件や建物の大きさ、廃棄物が再利用できるかなどの条件は、物件ごとに異なります。

ですから、例え同じ構造や広さであったとしても、解体費用に大きく差が出る事は珍しくないのです。
上記のような事例に関しては、おおよその参考程度にお役立て下さい。

西尾市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

西尾市で解体費用が高くなるのはどんなケース

解体費用は変動するという事が分かって頂けたと思いますが、そうは言っても予算を大きく上回るのは避けたいものです。
そこで、西尾市で解体費用が高くなるケースについて、事前に把握しておきましょう。

アスベストを含んだ建物

西尾市は、住宅街の多いのどかな地域です。
何代も前からそこに住んでいるという人も少なくないでしょう。

そうなると、建物はいずれ老朽化し、解体しなければなりません。
古い建物には、アスベストが含まれている可能性があるため、解体費用が高くなる事があります。

アスベストは、今でこそ問題となっており使用も禁止されていますが、以前は「奇跡の鉱物」とも呼ばれていました。
多くの建材に使用され、家作りを支えてきたのです。

全盛期とも言える1970~1990年代までに建てられた建築物には、未だにアスベストが含まれている可能性があります。
アスベストの処分は危険を伴うため、専門業者が行わなければならないのです。

その分、費用は高くなるでしょう。
古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用を語る上で、立地条件は重要なポイントと言えます。
立地条件によって、解体に掛かる手間が変わってくるのです。

西尾市には住宅密集地も多いため、狭小地に建つ建物も珍しくないでしょう。
狭い場所での解体作業には手間や時間が掛かるため、通常よりも費用は割高になります。

重機や作業車が入れず機能しない時には、地道に手作業で行います。
その分工期が伸び、人件費や設備費、現場の維持費などがかさむのです。

ですから、狭小住宅や変形地での解体工事をお考えの方は、多めに予算を組んでおくと安心でしょう。

西尾市で解体費用を抑えるためのポイント

西尾市で解体費用を抑えるためのポイント

様々な条件に左右される解体費用ですが、高くなるばかりではありません。
工夫や手間を掛ける事で、安く抑えられる可能性もあるのです。

ここからは、西尾市で解体費用を安く抑えるポイントについて、いくつかご紹介しましょう。

西尾市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

西尾市には、解体費用の削減に繋がる様々な補助金や助成金制度が設けられています。
このような制度を活用する事は、解体費用を抑えるポイントの一つです。

木造住宅の耐震改修・除却の補助

旧基準木造住宅の耐震改修工事等を実施する方に対して、耐震改修費、段階的耐震改修費、耐震シェルター整備費、小規模改修費及び住宅除却費の補助

西尾市木造住宅取壊し費補助

耐震性が無い木造住宅の取壊し費の補助

ブロック塀等の撤去費の補助

倒壊の恐れのある危険なブロック塀等の撤去を行う場合に10万円を限度に補助

西尾市では、市民の安全を守るため、耐震に関する補助金制度が充実していますね。
この他にも、様々な制度を設けていますから、気になる方は市役所などに問い合わせてみましょう。

ただし、これらの制度は誰でも無条件に利用できるものではありません。
それぞれに定められた基準があり、それを満たすと判断されて初めて受ける事が出来るのです。

それには、審査を受ける必要があります。
工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事と言っても、単に建物を壊すだけでは終わりません。
完了までには、様々な工程を踏む必要があります。

その一つ一つに、費用が掛かると言っても良いでしょう。
ですから、業者に依頼する項目を減らす事が、解体費用を抑えるポイントなのです。

実は、業者に頼まなくとも自分で出来る事というのは沢山あります。
例えば、小さな倉庫やウッドデッキ程度の解体なら、DIYが得意な人にとっては簡単でしょう。

また、家財などの不要品は、地域のゴミの日を利用したり、粗大ゴミとして西尾市に回収してもらうのがポイント。
業者に処分を頼んだ場合、産業廃棄物と見なされ費用が割高になるのです。

力が無くても出来るのが、届出でしょう。
建物滅失登記などの申請の中には、書類を提出するだけの簡単なものもあります。

解体費用を抑えたいとお考えの方は、自分で出来る事は無いか、探してみましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を安く抑えたいのなら、業者選びも自分で行いましょう。
リフォームや建て替え等の際に、建設業者経由で紹介される事がありますが、そこには中間マージンが発生するケースがほとんどです。

中間マージンは、解体費用の約10%とも言われています。
自分で業者と直接契約をするだけで、それだけの費用の削減になるのです。

また、その際には1社に決めてかかるのではなく、複数の業者から見積りを取り比較をしましょう。
価格競争に繋がる事で、費用が安くなる可能性があります。

そこで、オススメしたいのが一括見積りサイトです。
ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来ます。

そのようなサイトでは、事前の厳しい審査をクリアした優良な業者のみを登録させていますので、安全性が高いという点でもオススメなのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、西尾市周辺の解体業者も登録しています。

見積りだけでも取れますので、ぜひ一度、利用してみて下さいね。

西尾市と解体のまとめ

西尾市と解体のまとめ

愛知県西尾市の解体費用の相場は、坪単価2.5~3.5万円ほどです。
ただし、様々な条件によって変動する事や、加えてその他の費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

解体費用を抑えるためには、業者選びは自分で行う事です。
業者と直接契約をする事で、中間マージンの削減になります。

見積りサイトを利用すれば、素人の方でも安全かつ簡単に、優良業者を選ぶ事が出来るでしょう。