大阪市の解体費用の費用の単価坪・優良な業者の選び方

家の建て替えやリフォーム、店舗の解体等をお考えの方もいるでしょう。
そこで、必要となるのが解体工事です。

費用はどれくらい掛かるのか、業者はどのように選んだら良いのかなど、分からない事も多いものですよね。
しかし、解体費用の相場は、実は地域によって異なります。

中でも今回は、大阪府にある大阪市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。

大阪市の解体費用の単価坪は?

大阪市の解体費用は、どれくらいなのでしょうか。
坪単価で見てみましょう。

大阪市の解体費用の坪単価

大阪市の解体費用の坪単価は、以下の通りです。

構造 坪単価
木造 3.0万円
鉄骨造 3.3万円
RC造 6.2万円

上記は、建物の解体に関する費用の相場であり、工事の総額ではありません。
解体工事ではこの他に、人件費や設備費、重機の燃料代など様々な費用が掛かります。

ですから、上記の相場は参考程度に考えて頂けたらと思います。
ご覧頂くと分かるように、解体費用の相場は建物の構造によって異なります。

頑丈な造りの建物ほど、解体するのにも手間が掛かるからです。
特に、RC造の建物の解体工事をお考えの方は、相場よりも多めに費用を用意しておく事をオススメします。

大阪市の解体工事の費用例

大阪市で実際に行われた解体工事の費用例をいくつかご紹介しましょう。

所在地 構造 坪数 費用 工期
大阪市生野区 木造2階建 38坪 113万円 8日間
大阪市平野区 木造平屋 18坪 66万円 6日間
大阪市 鉄骨造6階建てビル 122坪 820.8万円 38日間
大阪市西成区 木造3階建 31坪 156.3万円 13日間
大阪市大正区 木造2階建 46坪 133万円 9日間
大阪市鶴見区 RC3階建てビル 93坪 566万円 28日間

       

上記は数ある事例のほんの一部です。
解体工事は、立地条件や時期、依頼する業者など様々な要因によって変動するという事を、覚えておきましょう。

大阪市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

大阪市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用には相場はありますが、実際に掛かる費用は立地条件などによって変動します。
解体費用が高くなるケースとは、どんな場合なのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

大阪市だけではありませんが、解体費用を高くする大きな要因の一つが「アスベスト」です。
アスベスト(石綿)とは、耐熱性や耐久性などに優れ、一時は「奇跡の鉱物」とも呼ばれていました。

大量に輸入され、1990年代始め頃まで建材や車の部品など様々な物に使われていたのですが、発ガン性がある事が発覚。
現在は使用禁止になっています。

しかし、完全に禁止となった2006年以前に建てられた建物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。
解体した際に飛散したアスベストを吸ってしまうと、肺がんなどの健康被害を引き起こすリスクがあります。

そのため、アスベストの処理については、専門業者が行わなければならないと法律で定められているのです。
ですから、アスベストを含む建物の解体費用は、高くなる傾向にあります。

アスベストは、適切に処理しなければ作業員や近隣住民の健康を害する恐れのあるもの。
費用が高くなったとしても、必ず専門業者に依頼し適切に処分してもらいましょう。

狭小地での解体工事

解体業者が高くなる立地条件の一つが「狭小地」です。
大阪市の中心部などにも見られますが、隣の建物との距離が近い狭小地では、工事の際に作業車や重機が中まで入れない事があります。

そのような場合、本来なら重機や作業車で行う作業を手作業で行わなければならないため、手間が掛かるのです。
多くの人員や工期が必要になりますから、その分費用は高くなるでしょう。

「うちって狭小地かな?」と思う方は、業者の立ち会いのもとに行われる「業者見積り」の際に確認してみるのが確実です。

大阪市で解体費用を抑えるためのポイント

大阪市で解体費用を抑えるためのポイント

大阪市で解体費用を抑えるポイントや、優良業者の選び方について解説しましょう。

大阪市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

大阪市には、解体工事に関わる補助金・助成金制度がいくつか設けられています。

制度 内容
建替建設費補助制度 古いアパートや長屋などをマンションやアパートに建替える場合の設計費、解体費、共同施設整備費の一部を補助
狭あい道路沿い老朽住宅の除却促進制度 密集住宅市街地内において、幅員4m未満の道路に面した敷地内に建築された住宅を解体する場合、解体費用の一部を補助
大阪市民間建築物吹付けアスベスト除去等補助制度 民間の既存建築物に使用された、飛散性の高い「露出した吹付けアスベスト」の除去工事の際に、費用の一部を助成

また、大阪市では建替えの際の専門家派遣による相談や、従前居住者への家賃補助制度などもあります。
補助金制度を活用する事で、解体費用を大きく削減できるでしょう。

ただし、これらの制度は、いつでもどのようなケースでも受けられるという訳ではありません。
大阪市が定めた基準を満たす建物である事が条件なのです。

まずは事前に申請をし、審査を受ける必要があります。
解体工事が始まってからでは受けられない制度がほとんどですから、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

大阪市に限った事ではありませんが、解体費用を抑えるポイントの一つが、自分で出来る事は業者に依頼せず自分でやるという事です。
例えば、解体の前に出る不要品。

特に、長年空き家であった場合は多くの不用品が出るでしょう。
実は、家具などの不用品の処分は、解体業者に依頼する事も出来ます。

しかしその場合、家庭で出た不用品であっても産業廃棄物として処分されるため、費用が高くなるのです。
自分で処分をする場合、地域のごみの日やリサイクル、不用品買い取り業者などを利用する事が出来ます。

大きな家具や布団などは、粗大ごみシールを購入しなければなりませんが、数百円~数千円で済みます。
このように、事前に不用品を処分しておけば、その分の費用を削減出来るのです。

また、費用の削減には、業者選びも重要なポイントと言えます。
建て替えやリフォームの場合、ハウスメーカーなどが解体業者を紹介してくれる事があります。

しかし、その多くは仲介に当たりますから、中間マージンが発生する事もあるのです。
そこで、紹介を依頼せず自分で業者を探して直接契約する事で、中間マージンの削減になります。

このように、自分で出来る事は自分で行い、解体費用を削減しましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、始めから1社に決めるのではなく、複数の業者から見積りを取る事がポイントです!
価格競争に繋がる事で、費用が安くなる可能性があります。

また、近年問題となっているのが、廃棄物の適切な処分や必要な届出などを怠る悪徳業者です。
このような業者を選ばないためにも、いくつかの見積りを取って比較する事が重要と言えます。

とは言え、見積りを取るのに費やす手間や時間がないという人もいるでしょう。
そんな方には、自宅でも簡単に複数の見積りを取る事が出来る「一括見積りサイト」がオススメです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、大阪市近郊の実績のある解体業者が多数登録しています。
より優良な業者を選ぶためにも、ぜひ活用してみて下さい。

大阪市と解体のまとめ

大阪市と解体のまとめ

大阪府大阪市の解体費用の相場は、坪単価3.0~6.2万円ほどでしょう。
建物の構造や立地条件、工事を行う時期などによっても変動します。

解体費用を抑えるためには、自分で出来る事は業者に依頼せず、自分で行いましょう。
市の補助金制度の対象である場合は、活用する事をオススメします。

また、優良な業者を選ぶには、複数の見積りを取って比較する事がポイントです。
大阪市には、実績のある解体業者が多数存在しますから、まずは気になる業者に見積りを依頼してみましょう!