大田区の解体

所有する建物の解体を考えた時、把握しておきたいのが費用でしょう。
しかし、解体費用の相場は、実は地域によって異なるのです。

羽田空港があり、多くの人が行き交う東京都大田区。
公園や図書館、高級住宅街も多くある町です。

今回は、そんな東京都の大田区の解体費用について、解説したいと思います。

大田区の解体費用の単価坪は?

東京都大田区で、解体工事を行う場合には、どれくらいの予算が必要なのでしょうか。
坪単価や実際の事例をご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。

大田区の解体費用の坪単価

大田区で解体工事を行った場合の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 4.2万円
鉄骨造 6.1万円
RC造 8.8万円

解体費用は、建物の構造ごとに異なります。
頑丈な造りの建物ほど、解体にも時間や手間が掛かるため、その分費用が高くなるのです。

また、大田区の解体費用の相場は、全国平均から比較しても非常に高いと言えます。
物価が高いという土地柄もあるかと思いますが、住宅密集地が多いのも要因の一つでしょう。

上記は、建物の解体のみに掛かる費用の坪単価です。
解体工事では、この他にも様々な項目があり、それぞれに費用が掛かるという事を覚えておきましょう。

大田区の解体工事の費用例

大田区でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例をいくつかご覧ください。

構造 坪数 費用 工期
木造3階建 35坪 213万円 15日間
木造2階建 21.8坪 77.3万円 7日間
鉄骨造2階建 36坪 188万円 16日間
木造平屋 10坪 66.3万円 8日間
鉄骨造2階建 56坪 356万円 18日間

解体費用は、建物が大きければ高いという単純な物ではありません。
様々な条件や工事の内容、依頼する業者によっても変動します。

ですから、費用例などを見ても、坪単価から大きくズレているものもあります。
事例は、予算を組む上で是非参考にして頂きたいものですが、同じような条件であっても、必ず金額が近くなる訳では無いので注意をしましょう。

大田区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

大田区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

相場があるとはいえ、様々な要因によって変動する解体費用。
大田区で解体費用が高くなるのは、どんなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

近年、社会問題となっている「アスベスト」。
その繊維を吸い込む事で、様々な健康被害を招くとして、現在は使用が禁止されています。

しかし、1990年代ごろまでは、「奇跡の鉱物」として建材に多く使用されていました。
危険性がある事が発覚し、段階的に規制がされましたが、完全に禁止になる以前に建てられた建築物には、今でもアスベストが含まれている可能性があるのです。

アスベストの解体は危険なため、専門業者が行います。
そのため、通常よりも費用が高くなるのです。

大田区にも、古い建物は数多く存在します。
築年数の古い建物の解体をお考えの方は、事前にアスベストの調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

解体費用には、建物が建っている条件も大きく関係します。
大田区は人口が多く、住宅街も沢山ある地域です。

実は、住宅密集地や狭小地での解体工事にも、多くの費用が掛かる事があります。
重機が入れず手作業となったり、交通誘導員を置くなど、非常に手間が掛かるからです。

解体工事の前には、業者の立ち会いの下に「現場見積り」と言うものが行われます。
狭小地に建つ建物の解体をお考えの方は、その際に費用について、業者にしっかりと確認をしておきましょう。

大田区で解体費用を抑えるためのポイント

大田区で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、高くなる一方ではありません。
工夫次第では、安く抑える事も出来るのです。

ここからは、解体費用を安く抑えるためのポイントについて、詳しくお伝えしましょう。

大田区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

大田区には、解体工事の際に利用できる補助金や助成金制度があります。
その一部をご紹介しましょう。

制度 内容
老朽建築物除却助成 老朽木造建築物を除却する場合、要する費用の一部を助成
住宅リフォーム助成事業 大田区では区内中小事業者の施工によるリフォーム費用の一部を助成
アスベスト分析費用の助成 アスベストを含んでいる疑いのある吹付け建材を、区が定めた専門の調査機関で分析調査した建築物に対し、建築物1棟につき1回限り助成

このように、大田区には様々な補助金制度が設けられています。
これらの制度を利用する事で、結果的に解体費用の削減に繋がるでしょう。

しかし、一つ注意点を挙げると、補助金や助成金は誰でも無条件に受け取れるものではありません。
それぞれに、自治体の定める基準があり、それを満たす場合にのみ、受ける事が出来るのです。

事前に申請し、審査を受けなければなりませんので、解体工事をお考えの方は、前もって手続きを行って下さい。
また、工事が始まってからでは申請出来ない制度もありますので、注意しましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

建物の取り壊しは、解体業者にしか出来ない作業ももちろん多いもの。
しかし、それ以外の部分では、実は自分で出来る事も多いのです。

例えば、建物に残っている家具や家電などの不要品の処分は、業者に依頼する事も出来ますが、費用は割高になります。
大田区のゴミの日や不要品の回収を利用すれば、費用はほとんど掛かりません。

また、カーポートやウッドデッキ等の簡単な解体であれば、自分で出来る人もいるでしょう。
「建物滅失登記」等の届出関係も、専門家に依頼せずとも自分でも簡単に出来るものもあります。

このように、業者に依頼する項目を減らす事も、解体費用を抑えるポイントなのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えたいのなら、業者探しも自分で行いましょう。
他社からの紹介や、解体を含めたリフォーム等のトータルプランの場合、中間マージンが発生するからです。

自分で探して直接契約をする事で、中間マージンの削減になります。
中間マージンは、工事費用の約10%とも言われていますから、大きな削減になるでしょう。

自分で業者を探すのが大変・不安だという方には、「一括見積りサイト」がオススメ。
ネットで簡単に、複数の業者の見積りを取る事が出来るのです。

また、そのようなサイトでは、業者を登録する際に厳しくチェックをしています。
ですので、悪徳業者に当たるリスクを軽減できるのも、オススメのポイントなのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、大田区周辺の解体業者も多数登録しています。
気になる方は、ぜひ見積りを取ってみて下さいね。

大田区と解体のまとめ

大田区と解体のまとめ

大田区の解体費用の相場は、坪単価4.2~8.8万円ほどです。
ただし、建物の構造や立地、依頼する業者など様々な要因によって変動します。

解体費用を安く抑えるためには、業者に依頼する項目を減らしましょう。
解体業者も自分で探す事で、中間マージンの削減になります。

一括見積りサイトなどを利用すれば、初めてでも安心して業者探しが出来るでしょう。
大田区には、解体費用の削減に繋がる補助金や助成金制度が設けられています。

そのような制度を利用する事も、費用を抑えるポイントなのです。