大津市の解体

琵琶湖や彦根城などで有名な滋賀県。
住みやすい町として、人口も増加しつつあります。

そんな滋賀県の県庁所在地が「大津市」です。
そんな大津市で、建物の解体工事をお考えの方もいる事でしょう。

実は、解体費用の相場は、地域によって異なります。
大津市で解体工事を行う場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

そこで今回は、滋賀県大津市の解体費用について、詳しく解説したいと思います。
是非、参考にしてみてください。

大津市の解体費用の単価坪は?

滋賀県大津市で建物の解体工事を行う場合、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や費用例について、見ていきましょう。

大津市の解体費用の坪単価

大津市の解体費用の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 3.3万円
鉄骨造 2.8万円
RC造 5.2万円

上記は、大津市で建物の解体に掛かる費用の平均的な坪単価です。
実際の工事ではこの他に、人件費や設備費、廃棄物の処分代など、様々な費用が掛かります。

解体費用の相場が、構造によって異なるのは、解体に掛かる手間の違いです。
頑丈な造りの建物ほど、解体するのにも手間が掛かります。

ですから、一般的には木造に比べて鉄骨造やRC造の解体費用は高くなる傾向にあるのです。
ただし、鉄骨や鉄筋などの金属は、再利用できるため殆どの場合は業者が買い取ってくれます。

その買取り金額の相場が高い地域では、大津市のように鉄骨造が木造よりも安いという事もあるのです。
また、解体費用は様々な条件によって変動すると言う事も、覚えておきましょう。

大津市の解体工事の費用例

大津市で実際に行われた、解体工事の費用例をいくつかご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 30坪 105万円 7日間
鉄骨造2階建  29坪 67.8万円 10日間
鉄骨造平屋 14.5坪 37.8万円 7日間
木造2階建(狭小地) 57坪 263万円 18日間
木造平屋 13坪 80万円 6日間

上記は、多数ある事例のほんの一部です。
また、解体費用は建物の大きさや立地、依頼する業者など、様々な条件によって変動します。

ですから、このような費用例に関しては、おおよその参考程度にお役立て下さい。

大津市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

大津市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体工事は、それぞれの物件によって工事の内容も条件も異なります。
ですから、相場よりも高くなる事も、当然あるのです。

大津市で解体費用が高くなるのは、どにようなケースなのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

アスベストを含んだ建物

解体工事を行う理由は様々かと思いますが、中でも多いのが「建物の老朽化」でしょう。
そのような、古い建物の解体工事の際に気を付けたいのが、「アスベスト」の含有です。

アスベストを含む建物の解体工事は、専門業者が行わなければなりません。
その分、解体費用は高くなるのです。

アスベストとは、1990年代ごろに、建材に多く使用されていた天然の鉱物繊維の一種。
耐久性や柔軟性に優れていたため、非常に重宝されていました。

しかし、肺がんなどの健康被害を招く事が発覚。
現在では使用が禁止されています。

しかし、アスベストが規制される以前に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。
アスベストの繊維は細かく、空気中に飛散しやすい性質を持っています。

解体工事によって飛散したアスベストを吸入してしまうと、肺に刺さり、様々な病気の原因になるのです。
大津市にも、築年数を重ねた建物は数多くあるでしょう。

古い建物の解体工事を予定している方は、事前にしっかりと、アスベストの含有について調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

住宅密集地などの工事でよくあるケースが、道路が狭く重機や作業車が入れないというものです。
このような、狭小地での解体工事には、相場よりも多くの費用が掛かります。

本来なら機械で行う作業を人の手で行ったり、交通誘導員を設置するなど、非常に手間が掛かるからです。
また、隣家との距離が近ければ、騒音や粉塵対策のための設備の強化をしなくてはなりません。

このような理由から、狭小地での解体工事は、費用が高くなるのです。
大津市にも、狭い土地や入り組んだ場所に建つ建物はあるでしょう。

そのような物件の解体をお考えの方は、費用が高くなる可能性があるという事を、覚えておきましょう。

大津市で解体費用を抑えるためのポイント

大津市で解体費用を抑えるためのポイント

様々な要因によって変動する解体費用ですが、高くなるばかりではありません。
工夫次第では、安く抑える事も出来るのです。

ここからは、大津市で解体費用を抑えるためのポイントについて、詳しく解説してきましょう。

大津市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

大津市には、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。
このような制度を利用する事で、解体費用を大きく削減できるでしょう。

制度 内容
民間建築物アスベスト含有調査事業費補助 市内の規定の建築物のアスベスト含有調査に関して、費用の一部を補助
大津市定住促進リフォーム補助金 転入される世帯、または世帯同居をされる世帯の方を対象に、リフォーム工事に要する費用の一部を補助

これらの補助金制度は、無条件に受けられるものではありません。
自治体の定めた基準があり、それを満たす建物の解体の際に利用できるのです。

ですから、事前に申請をし、審査を受ける必要があります。
工事が始まってからでは申請できない制度もありますから、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事には、事前の準備から工事終了後の手続きにかけて、様々な項目があります。
その中には、実は自分で出来る事がいくつもあるのです。

解体費用を抑えるためには、業者に依頼する項目を減らす事がポイント。
自分で出来る事は、なるべく自分で行いましょう。

  • 不要品の処分
  • 解体業者選び
  • 建物滅失登記

解体工事の際に出る、多くの不要品。
そのままにしておいても、解体工事で出た廃棄物と一緒に処分してくれる業者も多くあります。

しかしその場合、産業廃棄物としての処分になるため、費用が割高になるのです。
そこで、大津市のごみの日や、粗大ごみの回収、リサイクルなどを利用すれば、費用はほとんど掛かりません。

また、解体業者を選ぶ際にも、費用を抑えるポイントがあります。
他社からの紹介ではなく、自分で探しましょう。

紹介の場合のほとんどは、中間マージン発生するからです。
このように、少しの手間を掛けるだけでの解体費用は節約できます。

解体後に行う「建物滅失登記」も、専門家に依頼をすれば費用が掛かります。
実は、書類を揃えて提出するだけの簡単な登記ですので、費用を抑えたい方は、自分でやってみましょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、「相見積り」を取るのがポイントです。
相見積りとは、一度に複数の業者から見積りを取る事。

業者同士を競わせる事によって、費用が安くなる可能性があるのです。
また、内容や対応を比較する事で、より優良な業者を見極める事にも繋がります。

とは言え、複数の業者に出向いて見積りを取るのは、簡単な事ではありません。
そこで、オススメしたいのが「一括見積サイト」です。

ネットで簡単に、相見積りを取る事が出来ます。
このようなサイトでは、業者をしっかりと審査した上で登録しています。

ですから、自分で業者を選ぶのが不安だと言う人にも、オススメなのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、大津市周辺の解体業者も登録しています。

見積りだけでも取れますので、気になる方は、ぜひ一度お試し下さい。

大津市と解体のまとめ

大津市と解体のまとめ

大津市の解体費用の相場は、坪単価2.8~5.2万円ほどです。
ただし、建物の立地条件や構造、依頼する業者によっても費用は変動します。

解体工事の予算は、相場よりも多めに用意しておきましょう。
大津市には、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。

事前の審査が必要ですが、受けられれば費用の大きな削減になるのです。
解体費用を安くするには、業者は自分で選びましょう。

しかし、事故や不法投棄などの事件を起こすような業者に依頼してしまっては、様々なトラブルの元となります。
見積りサイトなどを活用する事で、初めてでも簡単に業者選びが出来るでしょう。