世田谷区の解体

東京23区の中でも、最も人口が多いのが世田谷区です。
住みやすい町として名高い、住宅の非常に多い地域。

そんな世田谷区で、建物の取り壊しやリフォームをお考えの方もいる事でしょう。
そこで、気になるのが解体費用ですね。

しかし、解体費用の相場は、地域によって異なるのです。
今回は、東京都世田谷区の解体費用の相場について、詳しく解説しましょう。

世田谷区の解体費用の単価坪は?

東京都世田谷区で住宅などを解体する場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
単価坪や事例などを、是非参考にして下さい。

世田谷区の解体費用の坪単価

解体費用の相場は、建物の構造によって異なります。
世田谷区で建物の解体に掛かる平均の坪単価は、以下のとおりです。

構造 坪単価
木造 4.6万円
鉄骨造 3.1万円
RC造 8.7万円

都心である事はもちろん、住宅密集地の多い世田谷区は、解体費用の相場も高めと言えます。
特に、頑丈な造りRC(鉄筋コンクリート)造の建物は、解体するのにも手間が掛かるため、費用は一段と高くなる傾向にあります。

また、上記は解体工事費の総額ではなく、建物の解体のみに掛かる費用の相場です。
この他に、人件費や設備費など、様々な「その他の費用」が掛かるという事を覚えておきましょう。

世田谷区の解体工事の費用例

世田谷区でこれまでに、実際に行われた解体工事の事例をいくつかご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 38坪 116万円 7日間
鉄骨造2階建 20.6坪 41万円 8日間
プレハブ2階建 13坪 37万円 2日間
木造2階建 55坪 184万円 9日間
木造平屋 22.7坪 88万円 5日間

解体費用は、工事の内容や依頼する業者、立地など様々な要因によって変動します。
ですから、例え同じような条件の費用例があっても、工事に掛かる金額に差が出る事も珍しくないのです。

上記は、数ある事例の一部として、参考程度にお考え下さい。

世田谷区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

世田谷区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は様々な要因によって上下します。
世田谷区での解体工事で、費用が相場よりも高くなってしまうのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

解体の相場とは別に、費用を高くする要因の一つが「アスベスト」です。
アスベストを含んだ建物の解体費用は、高くなるとお考え下さい。

アスベストは、1990年代ごろまで建材に多く使用されていた、天然の鉱物繊維です。
非常に細かなその繊維は、空気中に飛散しやすく、吸い込む事で肺がん等の様々な病気を引き起こします。

現在は使用が禁止になっていますが、その事実が発覚する以前に建てられた建物には、未だにアスベストが含まれている物が多く残っているのです。
危険を伴うアスベストの解体は、専門業者が行わなくてはなりません。

その分、費用は高くなるのです。
世田谷区は以前から住宅の多い地域ですから、築年数の古い建物も多数存在するでしょう。

古い建物を解体予定の方は、事前にアスベストの含有に関して調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

世田谷区は、非常に住宅地の多い町です。
中には、狭い土地いっぱいに建てられた建物もあるでしょう。

そのような、狭小地での解体工事には、相場よりも多くの費用が掛かる可能性があります。
なぜなら、狭い場所での解体作業には、多くの手間が掛かるからです。

道路の幅が足りず重機が入れないケースや、足場が悪く作業効率が悪いなど、工期が長引く事が多いもの。
人件費や現場の維持費が嵩み、費用が高くなるのです。

解体予定の建物が、狭小地に建っているという方は、多くの費用が掛かる可能性がある事を、覚えておきましょう。

世田谷区で解体費用を抑えるためのポイント

世田谷区で解体費用を抑えるためのポイント

ここからは、費用を安く抑えるポイントについて、見ていきましょう。
解体費用は、少しの手間や工夫次第で、削減する事も可能です。

事前にポイントを押さえ、より安く建物を取り壊しましょう。

世田谷区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

世田谷区は、解体費用の節約に役立つ様々な制度が設けられています。
補助金や、助成金制度について、いくつかご紹介しましょう。

制度 内容
木密地域不燃化10年プロジェクト 不燃化特区の区域内の建築物であって、一定の要件を満たす建物の解体費用の一部を補助
木造住宅への首都直下地震化支援事業 木造住宅の無料耐震診断、および補強設計、耐震改修工、簡易改修工事に要する費用の一部を助成

世田谷区は、都が行う「木密地域不燃化10年プロジェクト」の対象地域です。
10年間の重点的・集中的な取組みにより、首都直下型地震などの災害での被害を最小限に防ぐ事を目的としています。

ですので、耐震に関する補助金制度が充実しているのです。
住宅密集地では、地震の際に火事などの二次災害に繋がりやすいので、このような制度があるのは安心ですね。

この他にも、補助金制度はいくつか設けられていますので、該当する方は、是非利用してみて下さい。
ただし、これらの制度は、自治体の定める基準を満たした建物の解体時にのみ利用が可能です。

事前に審査を受ける必要がありますので、前もって手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

カーポートやウッドデッキの解体、庭の植物の撤去など、建物以外にも解体工事の項目は様々にあります。
しかし、これらの中で、業者に依頼しなくとも自分で出来る事は少なくありません。

家財などの不要品の処分は、解体が出来ない人でも行えるでしょう。
世田谷区に、粗大ごみとして回収をしてもらえば、費用はほとんど掛かりません。

また、中にはブロック塀を自分で解体していしまう人もいるようです。
そこまでしなくても良いのですが、つまり業者に依頼する項目を減らす事が、解体費用を安く抑えるポイントの一つと言えます。

得意分野は人によって違います。
自分で出来る事が何かあれば、トライしてみるのも良いでしょう。

複数の業者から見積りを取ろう

解体業者を自分で探す事も、費用を安くするポイントです。
他者からの紹介などを受ける事がありますが、その場合のほとんどに、中間マージンが発生しています。

自分で探して直接契約をする事で、その分の費用の削減になるのです。
また、初めから1社に絞るのではなく、複数の業者から見積りを取って比較しましょう。

価格競争に繋がり、費用が安くなる可能性があります。
しかし、解体工事に詳しくない方にとっては、業者探しは未知の世界ですよね。

そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。
ネットに要望を入力すると、オススメの業者を見繕ってくれます。

そのようなサイトでは、事前に厳しい審査を受け、それをクリアした業者だけが登録されていますので、安全性も高いのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、世田谷区周辺の業者も多く紹介されています。

気になる方は、是非覗いてみて下さいね。

世田谷区と解体のまとめ

世田谷区と解体のまとめ

世田谷区の解体費用の相場は、坪単価3.1~8.7万円程です。
ただし、様々な条件によって変動しますので、参考程度にお考えください。

解体費用を抑えるには、自分で出来る事は、業者に依頼しないという事がポイントです。
業者選びも自分で行う事で、中間マージンを節約できます。

その際には、複数の業者から見積りを取って比較をしましょう。
また、世田谷区は解体助成金制度が充実しています。

そのような、自治体の制度を活用する事でも、解体費用は安く抑えられるのです。