瀬戸市の解体

日本の3大都市として知られる名古屋市のある愛知県。
その北部に位置する「瀬戸市」は、瀬戸物祭りなど陶器が有名な町です。

そんな瀬戸市で、家屋などの解体をお考えの方もいる事でしょう。
気になるのが費用ですが、実は解体費用の相場は、地域ごとに少しずつ差があるのです。

そこで今回は、愛知県瀬戸市の解体費用について、詳しくお伝えしようと思います。

瀬戸市の解体費用の単価坪は?

愛知県瀬戸市で建物の解体に掛かる費用は、どれくらいなのでしょうか。
坪単価や実際の費用例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

瀬戸市の解体費用の坪単価

瀬戸市の解体費用の坪単価を見てみましょう。
建物の解体に掛かる費用は、構造ごとに異なります。

構造 坪単価
木造 3.2万円
鉄骨造 1.8万円
RC造 4.4万円

鉄骨や鉄筋などを使用した建物は、頑丈に出来ています。
その分、解体するのにも手間が掛かるため、費用は高くなる傾向にあります。

しかし、瀬戸市の解体費用の坪単価を見てみると、木造よりも鉄骨造の方が安いのが分かるでしょう。
これは恐らく、再利用できる鉄骨の買取り費用の相場が高い事が理由であると考えられます。

また、解体工事では上記の他に、人件費や燃料費、産業廃棄物の処分代や設備費など、様々な費用が掛かります。

瀬戸市の解体工事の費用例

これまでに実際に、瀬戸物で行われた解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造平屋 25坪 66.3万円 5日間
木造2階建 25坪 156万円 7日間
鉄骨造2階建 38坪 136万円 10日間
木造2階建 38坪 90万円 7日間
鉄骨造倉庫 140坪 255万円 26日間

   
解体費用には坪単価などの相場がありますが、実際には様々な要因によって変動します。
建物の解体の他に何をするのか、また廃棄物の量やアスベストの有無など、物件によって様々だからです。

ですから、上記はおおよその参考程度にお役立て下さい。

瀬戸市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

瀬戸市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は様々な条件によって変動しますが、高くなる場合については事前に把握しておきたいものです。
瀬戸市で解体費用が相場よりも高くなるのは、どのようなケースなのでしょうか。

アスベストを含んだ建物

老朽化した建物の解体をお考えの方は、費用が高くなる可能性があります。
それは、建材にアスベストが使用されている場合です。

アスベストは「奇跡の鉱物」として1990年代頃まで建材や車の部品等に多く使用されていた、天然鉱物の一種。
後に、その繊維の吸入による健康被害が発覚し、現在は使用禁止となっています。

しかし、アスベストの使用が一般的であった時代に建てられた建築物には、未だに含まれている可能性があるのです。
アスベストを含む建物の解体は危険を伴います。

そのため、専門業者による適切な処分が必要ですので費用が高くなるのです。
瀬戸市にも、築年数を重ねた建物は数多く存在するでしょう。

老朽化に伴う解体工事をお考えの方は、事前にアスベストの有無についての調査をしておきましょう。

狭小地での解体工事

建物には、様々な立地条件があります。
どのような土地に建っているかと言うのは、解体費用を大きく左右する要因の一つです。

中でも「狭小地」に建つ建物の解体工事では、費用が高くなる事が予測されます。
重機が入れず人力解体になれば、その分工期が延びます。

交通誘導員を設置すれば、当然そこに人件費も掛かるのです。
住宅街では近隣への配慮がより必要になりますから、養生などの設置の強化もしなければなりません。

このように、狭小地で解体するのには非常に手間が掛かるため、費用が高くなるのです。
瀬戸市には、住宅密集地も多くあります。

狭小地での解体をお考えの方は、費用を多目に用意しておきましょう。

瀬戸市で解体費用を抑えるためのポイント

瀬戸市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、なるべく安く済ませたいものですよね。
いくつかのポイントを押さえる事で、瀬戸市での解体工事の費用の削減が出来ます。

詳しく解説しましょう。

瀬戸市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

瀬戸市には、解体費用の削減に繋がる助成金や補助金制度があります。
そういった、国や自治体の制度を利用する事は、解体費用を抑えるポイントの一つです。

制度 内容
老朽空き家等解体補助事業 中心市街地における老朽空き家等の解体にかかる費用に対し、補助金を交付
木造住宅除却工事費補助事業 市の無料耐震診断の結果、危険とされた木造住宅の除却に関する費用の一部を補助
木造住宅耐震改修費等補助事業 市の無料耐震診断の結果、危険とされた木造住宅の改修に関する費用の一部を補助
中心市街地商店街空き店舗対策事業費補助金 中心市街地商店街で新たに開業する方の店舗改修費や家賃を補助

瀬戸市では、この他にも様々な補助金制度を設けています。
気になる方は、瀬戸市役所などに問い合わせてみましょう。

ただし、これらの補助金を受け取るには、事前に審査を受ける必要があります。
それぞれの制度に、瀬戸市の定める基準があるからです。

解体工事が始まってからでは申請できない制度がほとんどですので、余裕を持って手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事を行う中で、自分でも出来る事が幾つかあります。
少しの手間は掛かりますが、そのような事を自分で行えば、解体費用はその分安くなるのです。

例えば、家屋内に家財などの不要品が残っている場合があります。
業者に処分を依頼する事も出来ますが、廃棄物の処分代が高くなるのです。

瀬戸市の粗大ゴミの回収などを利用すれば、費用は安く済むでしょう。
また、解体後1ヶ月以内に行わなければならないのが「建物滅失登記」です。

専門家に依頼する人が多いようですが、実は自分でも簡単に出来るもの。
費用は5万円前後が相場ですが、自分で行う事でその分の削減が出来ます。

このように、少しの手間を掛け業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用の削減になるのです。

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、業者選びも自分で行いましょう。
建設業者経由での紹介や、解体を含めたリフォームなどのトータルプランでは、中間マージンが発生する事が多いからです。

また、業者探しのポイントは、複数の業者から見積りを取り比較をする事。
価格競争に繋がり、比較が安くなる可能性があるのです。

自分でも簡単に複数の業者の見積りを取るには「一括見積りサイト」を利用すると良いでしょう。
ネットに要望を入力すると、それに合う業者をいくつかピックアップしてくれます。

そのようなサイトでは、業者を事前に審査してから登録していますので、悪徳業者に当たるリスクも減らせるのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、瀬戸市周辺の業者も登録しています。

気になる方はぜひ一度、見積りを取ってみて下さい。

瀬戸市と解体のまとめ

瀬戸市と解体のまとめ

瀬戸市の解体費用の相場は、坪単価1.8~4.4万円ほどです。
しかし、物件ごとの様々な条件によって変動しますから、あくまでも参考程度にお考え下さい。

解体費用を安くするには、自分で出来る事は自分で行いましょう。
業者選びも自分でする事で、解体費用を抑える事が出来ます。

一括見積りサイト等を利用すれば、素人の方でも安心して業者探しが出来るでしょう。
また、瀬戸市には様々な補助金制度も設けられています。

事前の申請が必要ですので、気になる方は余裕をもって手続きを行いましょう。