渋谷区の解体

「若者の町」としての印象が根強い、東京都渋谷区。
109などのファッション関係の店舗や、表参道ヒルズなどのオシャレな商業ビルが立ち並び、非常に賑わう町です。

そんな渋谷区で、建物の解体をお考えの方もいる事でしょう。
解体費用の相場というのは、実は地域によって異なります。

そこで今回は、東京都渋谷区の解体費用について、詳しくご紹介しましょう。

渋谷区の解体費用の単価坪は?

東京都渋谷区で建物を解体する場合、どれくらいの費用が掛かるのでしょうか。
坪単価や、実際の費用例などを参考に、予算を組んでみて下さいね。

渋谷区の解体費用の坪単価

渋谷区の解体費用の相場を見てみましょう。
解体費用の坪単価は、建物の構造ごとに異なります。

構造 坪単価
木造 4.2万円
鉄骨造 6.3万円
RC造 9.1万円

頑丈な造りであればあるほど、解体するのにも手間が掛かるため、費用の相場も高くなります。
渋谷区は、建物が密集している場所が多い町です。

更に物価や人件費も高いため、解体費用の相場は全体的に高めだと言えます。
ただし、鉄骨や鉄筋を使用した建物の場合、金属の買取り価格によっても費用は変動します。

金属はリサイクル出来るため、業者が買い取ってくれるケースが多いのです。
また、上記以外にも解体工事では、設備費や人件費、廃棄物の処分代など様々な費用が掛かるという事を、覚えておきましょう。

渋谷区の解体工事の費用例

渋谷区でこれまでに、実際に行われた解体工事の費用例について、いつくかご紹介しましょう。

構造 坪数 費用 工期
木造2階建 24坪 75万円 7日間
木造平屋 12.3坪 88.3万円 6日間
木造2階建 31.8坪 225万円 10日間
内装解体 15坪 48.5万円 5日間
木造平屋 15坪 46万円 5日間

解体費用には坪単価などはありますが、実際に工事に掛かる金額は様々。
例え同じくらいの広さの建物であっても、大きさや立地条件、工事の内訳などはそれぞれ異なるからです。

ですから、費用例だけを見て解体費用を試算するのは少々危険でしょう。
上記は、おおよその参考程度にお考え下さい。

渋谷区で解体費用が高くなるのはどんなケース?

渋谷区で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な要因によって変動します。
渋谷区での解体費用が平均値よりも高くなるのは、どのようなケースなのでしょうか。

事前に把握しておく事で、様々なトラブルを防ぎましょう。

アスベストを含んだ建物

建物の大きさや構造とは関係なく、費用が高くなるのが「アスベスト」です。
アスベストとは、天然鉱物の一種ですが、築年数の古い建物に含まれている可能性があります。

アスベストは、目には見えない程の細かな繊維の固まりであり、空気中に飛散しやすいのが特徴です。
解体によって飛散したその繊維を吸い込むと、肺に刺さり様々な病気の原因となります。

アスベストは危険を伴うため、専門家による適切な処分が義務づけられており、解体費用は高くなるのです。
現在、アスベストの使用は完全に禁止されています。

しかし、健康被害が発覚するより前に建てられた建物には、未だにアスベストを含んでいる物もあるのです。
渋谷区にも、築年数の古い建物は数多く存在します。

古い建物は、解体する前にアスベストの含有調査を行いましょう。

狭小地での解体工事

同じような広さや構造なのに、解体費用が安い建物と高い建物の違いは何なのでしょうか。
考えられる大きな要因は「立地条件」です。

どのような場所に建っているかによって、工事に掛かる手間や工期が変動します。
特に、狭い場所に建つ建物の解体には、人件費や現場の設備費も多く掛かるため、費用が高くなるのです。

道路が狭く重機が入れない、交通誘導員を設置する必要があるなど、非常に手間が掛かります。
渋谷区は、狭小地に建つ建物が非常に多いでしょう。

そのような建物の解体をお考えの方は、相場よりも費用が高くなるかもしれないという事を、覚えておきましょう。

渋谷区で解体費用を抑えるためのポイント

渋谷区で解体費用を抑えるためのポイント

様々な要因により嵩んでしまう解体費用ですが、工夫次第では安く抑える事もできます。
渋谷区で解体工事を行う場合、どうしたら費用を抑えられるのでしょうが。

いくつかご紹介しましょう。

渋谷区に解体工事で利用できる補助金制度はある?

渋谷区は、解体費用の削減に繋がる、以下のような補助金・助成金制度を設けています。

制度 内容
渋谷区住宅簡易改修工事費助成 渋谷区が協定を結んだ区内施工業者による住宅の簡易改修工事を行う場合、工事費の一部を助成
木造住宅耐震改修助成 区の無料耐震診断を受けた結果、構造評点が1.0未満であった建築物の改修工事の費用の一部を助成
住宅設備改修給付 介護保険で要介護・要支援と認定された65歳以上の人の住宅の改修が必要と認められる場合に、その費用の一部を補助

上記は制度の一部ですが、このような国や自治体の設ける制度は、是非利用しましょう。
上限はあれ、大きな金額ですから、解体費用を大幅に削減する事が出来るでしょう。

ただし、これらの制度を受けるには、いくつかの条件を満たす必要があります。
それに伴い、事前に申請をし、審査を受けなければなりません。

工事が始まってからでは申請できないものや、年間の募集件数が決まっている制度もあります。
解体工事を行うと決まったら、なるべく早く手続きを行いましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体工事の内訳には、建物の解体の他にも、倉庫やカーポート、樹木の撤去や、産業廃棄物の処分など、様々なものがあります。
中には、自分で出来る項目もあるのです。

業者に依頼する項目を減らす事で、解体費用を抑える事が出来るでしょう。
例えば、家屋の場合には家財など多くの不要品が残っている事があります。

業者に依頼をすれば工事と共に処分をしてくれますが、その場合には残業廃棄物として処理されますから、費用は割高です。
渋谷区に粗大ゴミとして出せば、費用は大幅に削減できるでしょう。

また、カーポートやウッドデッキなどは、造りが単純な物であれば自分でも解体する事が出来ます。
中には、ブロック塀の解体をDIYで行う人もいるようです。

もちろん、ムリをする必要はありませんが、自分で出来そうな事があればやってみましょう。
費用の削減に繋がるかもしれません。

複数の業者から見積りを取ろう

建て替えやリフォーム等の場合によくあるのが、解体業者を紹介してもらうというものです。
同業者からの紹介なら安心かと思いますが、そこには中間マージンが発生する事が多いでしょう。

ですから、解体費用を抑えたいのなら業者選びは自分で行いましょう。
その際に、複数の業者から見積りを取って比較をするのがポイントです。

価格競争をさせる事で、費用が安くなるケースがあります。
そこで、オススメしたいのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
また、そのようなサイトでは、業者の登録に関して厳しい審査基準を設けています。

悪徳業者に当たるリスクを軽減できる点も、オススメのポイントなのです。
当サイトがオススメしている見積りサイトには、渋谷区の業者も多数登録していますので、気になる方は是非利用してみて下さいね。

渋谷区と解体のまとめ

渋谷区と解体のまとめ

東京都渋谷区の解体費用の相場は、全国的に見ても少し高い印象だと言えます。
平均坪単価は、4.2~9.1万円ほどです。

ただし、解体費用は様々な要因によって変動します。
高くなる要素について把握をし、トラブルを防ぎましょう。

安く抑えるには、自分で出来る事は業者に依頼しないという事。
解体業者を選ぶのも、自分で行いましょう。

事前に複数の業者から見積りを取って、比較するのがポイントです。
見積りサイトなどを利用すれば、解体工事に詳しくない方でも、簡単且つ安心して業者選びが出来るでしょう。