倉庫と解体

長年使用して老朽化してしまった倉庫を、新しい物に替えたいと思う時がありますよね。
また、空き家などに置きっぱなしになっている倉庫は、虫や動物の住処になる事もありますから解体してしまった方が良いでしょう。

しかし、倉庫の解体はどのようにしたら良いのでしょうか。
費用の相場についても気になるところです。

そこで今回は、倉庫の解体方法やそれに伴う費用について、詳しく解説したいと思います。

倉庫の解体方法は?

まず、いらなくなった倉庫を解体する方法についてです。
倉庫の解体は、自分で行う方法と、専門業者に依頼する方法があります。

それぞれについて、詳しく解説しましょう。

倉庫を自分で解体する方法

小さな物置であれば、自分で解体する事も可能でしょう。
費用も抑えられますし、もともとDIYが好きな人なら、自分で解体する事自体を楽しめるかもしれませんね。

倉庫を自分で解体するには、ボルトを外しながら部品をバラしていくという方法になるでしょう。
ホームセンターなどで売られている小ぶりな倉庫は、ほとんどが簡単な作りになっています。

実際の流れを見ていきましょう。

倉庫を自分で解体する際の流れ

倉庫を自分で解体する際は、以下のような流れで行う事になるでしょう。

1:ボルトを外しながら部品をバラす
2:基礎の撤去
3:廃棄物の処分

先ほどもお話したように、倉庫を自分で解体するにはまず、ボルトを外しながら慎重に部品をバラして行きましょう。
小さな倉庫や物置と言っても、人よりも大きな部品です。

怪我をしないように、細心の注意を払って行いましょう。
倉庫本体の解体が済んだら、次は基礎の撤去です。

基礎と言っても、ブロックなどの上に置いてあるだけの場合が多いかと思います。
しかし、中にはコンクリートでしっかりと基礎を打っている場合もあります。

そのケースでは、基礎をハンマーなどで壊す必要があるでしょう。
そして、本体も基礎の解体も終わったら、廃棄物の処分です。

鉄やスチールなどの金属性の部品は、リサイクル出来るため買い取り業者が買い取ってくれる事があります。
値が付かなかった場合でも、無料で引き取りをしてくれる業者もあるようです。

廃棄物の処理業者に関しては、役所などに相談をすると紹介してもらえる事があります。
事前に確認しておくと良いでしょう。

倉庫を自分で解体するにはリスクもある

倉庫の解体を自分ですれば費用もほとんどかかりませんし、工期も短く済みます。
しかしその分、リスクや面倒な部分もあるという事を覚えておかなければなりません。

  • けがなどの危険
  • 近隣への配慮が必要

小さな倉庫とは言え、高いところでの作業は転落の危険を伴います。
また、工具や倉庫の部品で怪我をする可能性もあるでしょう。

そして、気をつけなければならないのが近隣への配慮です。
解体作業に伴い大きな音やホコリなど、ご近所に迷惑をかけてしまう事もあるでしょう。

配慮を怠った場合、近隣トラブルの原因にもなり兼ねません。
倉庫の解体を行う時には、作業の時間帯を考えたり、事前にご近所へ挨拶に行くなどの配慮が必要でしょう。

倉庫の解体を業者に依頼する場合の工事の流れ

倉庫の解体工事は、業者に依頼する事も出来ます。
その際の一般的な流れについて、見ていきましょう。

1:養生を設置
2:屋根の撤去
3:内装の撤去
4:必要に応じて重機での解体

倉庫の規模や、律条件にもよりますが、業者は近隣への配慮として養生シートを設置します。
これによって、騒音や粉塵対策になるのです。

養生の設置が終わったら、屋根から撤去していきます。
そして内装、基礎となります。

大きな倉庫の解体や、基礎がしっかりと打たれていた場合には、重機を使用するようです。

倉庫の解体費用の相場は?

倉庫の解体費用の相場

気になる倉庫の解体費用の相場は、どのくらいなのでしょうか。
これは解体方法や、依頼する業者によっても差がありますから、一概にいくらとは言えません。

しかし、一般的な相場で言えば、坪7,000円~15,000円くらいのようです。
倉庫の大きさや材質、立地条件や基礎が打たれているかどうかでも費用は変わってきます。

また、この相場に加えて、重機の運搬費用などの諸費用がもろもろかかってくるでしょう。

倉庫の解体費用を抑える方法

小さな倉庫とは言え、解体費用はなるべく抑えたいものですよね。
もしも倉庫がまだ再利用出来るような状態なら、不用品買い取り業者やリサイクルショップで引き取ってもらえる事があります。

また、倉庫の買い替えを考えている場合は、新たに倉庫を購入するショップで引き取ってもらえるケースもあるのです。
そして、先程も少しお話しましたが、金属の部品は再利用出来るため、業者が買い取ってくれる事も多い物。

このよう点を踏まえて、倉庫の解体をどうするのか、じっくりと考えましょう。

倉庫の解体は業者に依頼するのがオススメ

倉庫の解体は業者に依頼するのがオススメ

倉庫の解体は、自分で行う事も出来ますが、やはり安心なのは専門業者に依頼する事です。
先ほどお話したように、自分で行うには危険や近隣トラブルなどのリスクを伴います。

また業者なら、「解体後にカーポートを設置したい」「家の増築をしたい」などの今後の相談にも乗ってくれるでしょう。
しかし、数ある解体業者の中には、いわゆる「悪徳」と言われるものも存在します。

信頼出来る業者を選ぶには、事前に数社からの見積りを取るのがポイントです。
複数の見積りを見比べる事で、より自分に合った優良な業者を見つける事が出来ます。

忙しい方でも、ネットの一括見積りサイトなどを利用すれば、簡単に複数の業者の見積りが取れます。
そのようなサイトでは、登録の際に業者をしっかりと審査していますから、悪徳業者に当たる確率が低いのもオススメのポイントです。

倉庫の解体のまとめ

倉庫の解体のまとめ

倉庫の解体は、自分で行う方法と専門業者に依頼する方法があります。
自分で行えば費用は抑えられますが、危険や近隣への配慮など、リスクを伴います。

ですから、安心なのは業者に依頼をする事でしょう。
倉庫の解体費用の相場は、坪7,000円~15,000円ほど。

しかし、大きさや材質、条件によっても費用は異なるため一概には言えません。
無駄な費用を請求されないためにも、信頼出来る解体業者を選ぶ事が大切です。

事前に数社の見積りを取り内容を見比べる事で、優良な業者を選ぶ事が出来るでしょう。