解体工事と手順

家を解体する機会というのは、人生でそう何度も訪れるものではありませんよね。
ですから、初めての解体工事では、どのような手順で何をしたら良いのか分からない事がほとんどでしょう。

そこで今回は、解体工事を行う際の、業者選びから工場終了後までの手順について、詳しく解説したいと思います。

解体工事業者はどんな手順で探すの?

解体工事をしようと思った時に、まず始めなければならないのが業者探しです。
しかし、何からすれば良いのか分からない人もいる事でしょう。

解体業者探しの手順について、まとめてみました。

解体工事の業者を探そう

まず始めの手順として、候補となる解体業者を探さなければなりません。
知り合い等のつてがある場合はそのまま見積りの依頼をしても良いでしょう。

全く1から探すという場合は、電話帳やインターネット等でお近くの解体業者を探してみて下さい。
最近では、ネットで簡単に解体工事の見積りが取れる「一括見積りサイト」もあります。

簡単に複数の業者から見積りが取れるというものです。
このようなサイトでは、登録の段階で審査を行っており、業者をふるいにかけています。

ですから、いわゆる「悪徳業者」にあたるリスクが少なくオススメなのです。

見積りを出してもらう

気になる解体工事業者の目星がついたら、次の手順として見積りを出してもらいましょう。
ここで、始めから1社に決めず複数の業者から見積りを取るのがポイントです。

内容や費用を比較する事で、より自分に合った業者や、優良な業者が分かります。
また、業者同士を競わせる事で、見積り金額が安くなる事もあるのです。

現場に立ち会い見積りを出してもらう

見積りの金額に納得出来る解体工事業者があったら、次の手順として実際に現場に立ち会ってもらい詳細な見積りを出してもらいましょう。
このような立ち会いでの見積りも、複数の業者に依頼する事が可能です。

工事の内容や費用など、気になっている事や要望があればこの時に相談するようにしましょう。

解体工事業者を決定する

工事の内容や費用など、自分の条件に合った解体工事業者が見つかったら、いよいよ業者の決定をします。
ここで注意しなければならないのは、決して「安いから」という理由だけで決めない事です。

数ある解体業者の中には、見積りの費用を抑えるために、不法投棄などを行う悪徳業者も存在します。
また、当初の見積りが安くても、後から何だかんだと追加請求をされる場合もあるのです。

工事の内容と見積り金額のバランス、業者の対応など全てをトータルして納得出来る業者に依頼をしましょう。

ここまでが、解体業者を選ぶまでの手順となります。

解体工事の準備の手順は?

解体工事の準備の手順

無事に解体工事の業者が決まり、工事の開始日が決まったらホッとしますよね。
しかし、まだまだ準備しなければならない事があるのです。

工事の開始までにしなければならない準備の手順を見ていきましょう。

近隣へ挨拶に行こう

まず最初の準備の手順として、近隣へ挨拶に行く事をオススメします。
解体工事では大きな建物を壊す訳ですから、騒音や粉塵など、ご近所へ多くの迷惑をかけてしまいます。

ですから、事前にお宅へ伺いしっかりと挨拶をしましょう。
聞かれても分からない事があると、何度も伺わなければならないので迷惑になるでしょう。

工事の詳細についての説明も出来るように、事前の挨拶は解体業者と一緒に伺う事をオススメします。
また、挨拶にはちょっとした手土産を持っていくのが一般的でしょう。

特に決まってはいませんが、石鹸やタオル等の消耗品を持っていく人が多いようです。
解体工事を行うにあたり、近隣からの苦情やトラブルを避けるためにも、事前の挨拶は丁寧に行う事が大切と言えます。

ライフラインの停止をしよう

解体工事の準備の手順として、忘れてはならないのが電気やガス、電話やインターネット等のライフラインの停止手続きです。
電気は建物のある地域を管轄している電力会社に、ガスはガス会社に、電話やインターネットはNTT等に連絡を入れましょう。

連絡してすぐに対応してくれるとは限りません。
最低でも1週間~10日前までには手続きを始める事が重要です。

また、ライフラインの中でも水道は止めてはいけません。
解体工事では、発生したチリやホコリが飛散しないように、水を撒きながら行います。

これを「散水」と言いますが、この散水で水を使わなければならないため、水道は事前に止めてはならないのです。

不用品の処分は解体工事が始まる前に!

解体工事前の準備の手順として、不用品の処分が挙げられます。
解体間近まで住んでいたのであれば、家具や家電はもちろん、寝具や書物、食品など様々な不用品があるでしょう。

それらを処分しなければ、解体工事に取りかかれません。
不用品の処分は、解体業者に依頼する事も出来ます。

しかし、業者はそれらを産業廃棄物として更に専門業者に依頼する事がほとんど。
処分費用が高くなる可能性があるのです。

木製や金属製の家具などは、解体で出た廃棄物と一緒に処分する事で安く済む場合もあります。
しかし、地域のゴミの日や粗大ゴミに出せるものは、数百円~数千円程度で処分出来るのです。

ですから、自分で処分出来る物は、なるべく事前にしておきましょう。

解体工事が終わった後の手順

画像の説明

解体工事が無事に終わった後も、まだやらなければならない事があります。
その手順を見ていきましょう。

「建物滅失登記」をしよう

解体工事後の手順として、行っておいた方が良いのが「建物滅失登記」です。
これは、建物が無くなった事を申請するもの。

建物を取り壊してから、1か月以内に行う事が定められています。
申請先は、お住いの地域を管轄する法務局です。

手数料などは基本的にかかりません。
「登記」と聞くと、めんどうに感じる人も多い事でしょう。

しかし放っておいた場合、10万円以下の罰金が課せられるとされています。
また、やらずにあまりの時間が経ってしまうと、土地家屋調査士に依頼しなければならなくなり、余分な費用がかかる事もあるのです。

解体工事の後、すぐに行えば自分で簡単に出来る申請ですから、早めに済ませてしまいましょう。

解体工事が終わった後も近隣挨拶を!

解体工事の前には、手順として近隣への挨拶が欠かせません。
しかし、無事に終わった後にも、その報告とご理解をいただいた事へのお礼を込めて挨拶に伺うと良いでしょう。

そこまではしないという人もいますが、その後のご近所付き合いを良いものにするためにも、しっかりとしておく事をオススメします。

解体工事と手順のまとめ

解体工事と手順のまとめ

解体工事を行う際には、業者選びから解体前、解体後にかけてしなければならない事が山ほどあります。
工事を問題なくスムーズに行うためにも、しっかりと手順を踏んで行う事が大切でしょう。

また、近隣への配慮も忘れてはなりません。
その後のご近所付き合いを良好にするためにも、挨拶はもちろん業者選びも重要なポイントなのです。