鉄骨造の解体費用

鉄骨造の建物は、耐震性や耐火性に優れ、頑丈なのが一番の特徴と言えるでしょう。
ビルや倉庫などはもちろん、一般的な住宅にも鉄骨造のものはあります。

しかしいざ解体となると、この頑丈さがデメリットとなる事も多く、費用も高くなると言われていふのです。
そこで今回は、鉄骨造の建物の解体費用について詳しく解説したいと思います。

鉄骨造の解体費用は木造よりも高い

鉄骨造の建物は、頑丈なつくりをしています。
そのため、木造建築などと比べ解体費用は高くなるのです。

詳しく見ていきましょう。

鉄骨造の解体費用の相場は?

鉄骨造の建物の解体費用相場は、以下の通りです。

鉄骨造住宅の解体費用相場 坪数別相場
10坪台 4.3万円
20坪台 2.9万円
30坪台 3.1万円
40坪台 3.2万円
50坪台 3.8万円
60坪台 3.2万円
70坪以上 4.0万円

解体費用の相場というのは、時期や条件、解体業者によっても大きく差があります。
ですから、これはあくまでも目安として考えて頂けたらと思います。

鉄骨造の解体費用はなぜ高い?

解体費用の高い鉄骨造の建物。
具体的には、なぜ高くなるのでしょうか。

重機を使う

鉄骨造の建物は、木造建築などに比べてとにかく頑丈です。
そのため、重機を使用する事が多くなるでしょう。

重機の運搬費や燃料代、それを操縦する作業員の人件費など、その分費用もかかるのです。

工期が長い

頑丈な鉄骨造の建物を解体する際には、重機の使用などにより大きな騒音を伴います。
手作業で出来る事も木造建築などと比べて少ないため、作業出来る時間帯が限られて来るのです。

朝や夜を避け、日中に絞って作業を行うため、工期が長くなってしまいます。
それにより、工事全体の費用が高くなる傾向にあるのです。

鉄骨造の解体費用はアスベストの有無によっても変わる

鉄骨造の解体費用はアスベストの有無によっても変わる

鉄骨造の建物を解体するにあたって、気をつけたいのが「アスベスト」です。
建物の材料にアスベストが使用されているかどうかによって、費用も業者選びも変わってきます。

アスベストが使われている可能性のある鉄骨造とは?

アスベスト(石綿)とは、熱や摩擦、酸やアルカリに強く変形しにくい事から、1970年~1990年頃まで建材等に使用されていました。
しかし、発ガン性がある事が発覚し、2006年には使用を禁止されています。

ですから、1970年~1990年頃、また2006年以前に造られた建物には、アスベストが使われている可能性があるでしょう。
もしもそのまま解体してしまうと、粉塵と共に近隣にアスベストが舞い、健康被害を引き起こす恐れがあります。

アスベストが含まれた建物は、解体費用が高くなるのはもちろん、専門業者による除去工事が必要なのです。
解体予定の建物にアスベストが含まれているかどうか、事前にしっかりと確認をしましょう。

アスベストがある鉄骨造なのに解体費用が安過ぎるのは要注意

解体予定の鉄骨造の建物にアスベストが含まれている場合でも、格安の見積もり価格を提示してくる業者もあるでしょう。
しかし、安いという事だけで決めるのは少々危険です。

アスベストを除去するには、粉塵が飛散しないように様々な手間がかけられます。
また、1つ1つ手作業で行いますから、人件費も工期もかかるのです。

しかし、中にはアスベストの処理が雑であったり、そもそも何もしない業者もあると言われています。
特に、アスベストレベル3では届け出等も特に必要がないため、黙ってやっていても分かりづらいのです。

アスベストを含む鉄骨造の相場を知るためにも、見積もりは複数の業者から取る事をオススメします。

鉄骨造の解体費用を抑えるポイントは?

鉄骨造の解体費用を抑えるポイント

鉄骨造の解体費用を抑えるポイントは、事前に複数の業者から見積もりを摂る事です。
鉄骨造の解体費用は、様々な条件や業者により異なります。

中には、数十万円の差が出る事もあるのです。
ですから、いくつかの見積もりを取り、内容も含め納得の出来る業者に依頼をしましょう。

鉄骨造の解体費用のまとめ

鉄骨造の解体費用のまとめ

鉄骨造の建物は、頑丈な造りゆえに解体費用も木造などより高くなります。
また、アスベストを含むかどうかによっても異なるでしょう。

アスベストに関しては、取り扱いに注意しなければ健康被害を招く恐れもあります。
専門業者による除去が必要ですから、しっかりとした業者を選ぶ事が重要です。

事前に複数の業者から見積もりを取り、内容も含めて検討する事で、費用も抑えられるでしょう。