千葉市の解体費用

どんなに頑丈な家屋でも、いつかは老朽化し解体しなければなりません。
また、リフォームやリノベーションをする機会もある事でしょう。

しかし、実は解体費用の相場は、地域によって異なるのです。
中でも今回は、幕張メッセなどでも有名な、千葉県千葉市での解体工事について、詳しく解説したいと思います。

お住まいの地域の解体費用の相場を把握して、資金計画を立てましょう。

千葉市の解体費用の単価坪は?

千葉市の解体費用の相場について、詳しくまとめてみました。
実際の費用例も併せて、参考にしてみて下さい。

千葉市の解体工事の費用の坪単価

千葉市で解体工事を行った場合の費用の相場を、坪単価でまとめてみました。

構造 坪単価
木造 3.5万円
鉄骨造 4.1万円
RC造 5.3万円

ご覧頂くと分かるように、解体費用の坪単価は、建物の構造によって異なります。
頑丈な造りの建物ほど、特種な重機や多くの作業員を動員しなければ解体が出来ません。

ですから、その分費用も高くなるのです。
また、上記は解体工事のトータルの坪単価ではありません。

解体工事ではこの他に、設備費や燃料代などの様々な費用が掛かるのです。
解体費用は、坪単価×坪数の他に、その他の費用も用意しておきましょう。

千葉市の解体工事の費用例

千葉市でこれまで実際に行われた、解体工事の費用例を少しご紹介しましょう。

所在地 構造 坪数 費用 工期
千葉市 木造平屋 96.3坪 142.2万円 10日間
千葉市若葉区 木造2階建 33坪 132.6万円 10日間
千葉市 RC造3階建 68.4坪 573.8万円 31日間
千葉市花見川区 木造2階建 45坪 167.9万円 12日間
千葉市 軽量鉄骨造2階建 32坪 153万円 8日間

  

解体費用は、その物件の立地条件や工事を行う時期、依頼する業者によっても変動します。
上記は、数ある事例のほんの一部ですが、おおよその参考程度にご活用下さい。

千葉市で解体費用が高くなるのはどんなケース?

千葉市で解体費用が高くなるのはどんなケースか

解体費用は、様々な要因によって相場より高くも安くもなり得ます。
千葉市で解体費用が高くなるのは、どんなケースなのでしょうか。

その原因についていくつかご紹介しましょう。

アスベストを含んだ建物

解体費用が高くなる要因の一つが、「アスベスト」の含有です。
その丈夫さと柔軟さから「奇跡の鉱物」と呼ばれ、1990年代始め頃まで建材などに多く使用されてきました。

しかしその後、発ガン性など人体に影響がある事が発覚し、現在は使用が禁止になっています。
アスベストの使用が完全に禁止となったのは、2006年頃。

つまり、それ以前に建築された建物には、未だにアスベストが含まれている可能性があるのです。
解体中に飛散したアスベストを吸ってしまうと、肺がんなどの原因となります。

ですから、アスベストを含む建物の解体は、専門業者が行わなければならないため、費用が高くなるのです。
千葉市にも、アスベストを含んでいる建物は数多くあるでしょう。

しかし、人の命にも関わる事ですから、費用が掛かってもアスベストの処分はしっかりと行う事が重要です。

狭小地での解体工事

住宅密集地などでは、1軒あたりの敷地面積が狭く、土地いっぱいに建っている家屋は珍しくありません。
千葉市も、東京のベッドタウンと言われる事もありますから、そのような物件も多い事でしょう。

しかし、隣家との距離が狭い場合、必要な重機や作業車が入れない事があります。
本来なら機械で行う作業を、地道に手作業で行う訳ですから、大変手間が掛かります。

また、隣家への配慮として養生シートなどの設備もしっかりとしなくてはなりません。
このような理由により、狭小地での解体工事は、費用が高くなる可能性があるのです。

千葉市で解体費用を抑えるためのポイント

千葉市で解体費用を抑えるためのポイント

解体費用は、なるべくなら安く抑えたいものです。
千葉市で解体費用を抑えるには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

千葉市に解体工事で利用できる補助金制度はある?

千葉市には、解体工事の際に利用できる補助金制度が設けられています。

制度 内容
既存建築物吹付けアスベスト対策助成制度 建築物に吹付けアスベスト材が施工されているかどうかの調査費用及び、除去等にかかる費用の一部を補助
耐震診断・改修助成制度 昭和56年5月31日以前の耐震基準によって建築された木造住宅・分譲マンションの耐震診断を行う際の費用の一部を助成。
その結果、耐震基準を満たしていない住宅の耐震改修費用の一部を助成。

このような補助金制度や助成金制度を利用するだけで、費用の大きな削減となります。
ただし、これらの制度を受けられるのは、千葉市が定めた基準を満たしている建物だけです。

事前の審査が必要ですから、前もって申請をしておきましょう。

自分で出来る事は業者に依頼しない

解体費用を抑えるには、自分でできる事はなるべく業者に依頼をしないという事がポイントです。

  • 不要品の処分
  • 解体業者探し

例えば、解体予定の建物から出た不要品の処分は、業者に依頼をする事も出来ます。
しかし、それらは産業廃棄物として処分されるため、費用が高くなるのです。

そこで、千葉市のゴミの日やリサイクル業者などを利用すれば、数百円~数千円で不要品の処分が出来ます。
また、解体業者選びは紹介などの場合、仲介手数料が発生するケースがあります。

自分で探して直接契約する事で、費用の削減になるのです。
このように、業者に依頼をすると費用が高くなるものも、自分で行えば安く抑える事が出来ます。

できる事から少しずつ実践してみましょう!

複数の業者から見積りを取ろう

解体費用を抑えるには、複数の業者から見積りを取りましょう。
業者同士を競わせる事で、費用が安くなる可能性があります。

また、内容を比較する事で、より自分に合った優良な会社を見極める事にも繋がります。
とは言え、自分で解体業者を探すのは不安だという方もいますよね。

近年、解体工事業界では、必要な届出を怠る悪徳業者や、事故などが問題となっています。
そこで、オススメなのが「一括見積りサイト」です。

ネットで簡単に、複数の業者から見積りを取る事が出来ます。
このようなサイトでは、業者を登録の段階でしっかりと審査していますから、いわゆる悪徳業者にあたるリスクは低いのです。

当サイトがオススメしている見積りサイトには、千葉市近郊の解体業者も多数登録しています。
ぜひ一度、見積りを取ってみて下さいね。

千葉市と解体のまとめ

千葉市と解体のまとめ

千葉県千葉市の解体費用の相場は、坪単価3.5~5.3万円ほどです。
ただし、建物の構造や立地条件などによって変動します。

解体費用を抑えるには、自分で出来る事は業者に依頼をしないという事がポイントです。
複数の業者から見積りを取り、価格競争させる事も良いでしょう。

千葉市には、要件を満たす建物の解体の際に利用出来る、補助金制度が設けられています。
まずはお住まいの地域を管轄する役所などに問い合わせ、申請をしてみましょう。